研究科長のつぶやき 立命館大学大学院言語教育情報研究科ホームページ佐々木冠のホームページコロナに負けない役立つウェブサイト

研究科長のつぶやき

 ここは、立命館大学大学院言語教育情報研究科の研究科長(佐々木冠)が不定期で情報発信する場所です。研究に関するエッセイを掲載するとともに、大学院での教育・研究に関わる情報共有の場としても活用していくつもりです。新型コロナウィルス禍にあっても研究を継続する方法についても紹介していく予定です。
 最新の記事はそのまま示し、古い記事はタイトルだけ残して折りたたんで示すことにします。記事の見出し(日付で始まります)をクリックするとその記事の文章を読むことができます

2020/05/04設置2023/01/01更新


2023/01/01[情報共有]謹賀新年2023

明けましておめでとうございます。
 コロナ禍がなかなか治らず、大変ですが、いかがお過ごしでしょうか。佐々木が研究科長でいる期間も残すところあとわずか(のはず)。久々の「研究科長のつぶやき」の更新です。
 正月早々味気ないかもしれませんが、ファイルの受け渡しで文字化けを避けるためにPDFファイルにフォントを埋め込む方法について書きます。以下の情報が皆さんの役に立てば幸いです。

PDFファイルにフォントを埋め込む方法

 Windows版のMS-Wordでフォントを埋め込んだPDFファイルを作成する方法については、マイクロソフトの公式サイトのほか、様々なところで書かれていますので、そちらをご参照ください。

 以下に示すのは、MacOS版のMS-Wordの文書をPDF化する際にフォントを埋め込む方法です。画像が小さく感じる時は画像をクリックしてください。拡大します。

 MS-Wordのファイルを開いたら、左肩の「Word」をクリックして「環境設定…」を選択してください。

 次に、「環境設定」の「出力および共有」にある「保存」をクリックしてください。

 「フォントの埋め込み」にある「ファイルにフォントを埋め込む」を選択してください。その後で、左肩の赤いボタンを押してウィンドウを閉じて下さい。

 次に「ファイル」をクリックして「プリント」をクリックします。

 「プリント」のウィンドウの中の「PDF」をクリックします。

 あとはファイル名をつけて保存すれば、フォントを埋め込んだPDFファイルの完成です。

 フォントの埋め込みを確認するには、Acrobat ReaderなどでPDFファイルを開いたのち、「ファイル」の「プロパティ」を選択してください。

 「フォント」のタブをクリックして下の画像のようになっていれば成功です。


バックナンバー
2020/05/04からのアクセス数
アクセスカウンター