教育・研究内容

在学生・修了生の声

在学生の声

在学生の声

ゴ コウさん

(2019年4月入学)

WU Hao

は中国からの留学生で、現在修士課程2年生です。以前から日本文化と日本語に深い興味を持っており、中国の大学で日本語を専攻していました。しかし、勉強すればするほど、日本語に関してわからないことが多くなりました。このような学び方では不十分だという思いを抱えたまま大学を卒業しましたが、やはり日本語をより深く研究し、自分の疑問を解決していきたいと思い、大学院への進学を決めました。
出身大学の先生方や先輩方からよく本研究科の話を聞いていました。本研究科は国際的な人材を育成する力があると評価されており、様々な地域からの留学生と接する機会が多いことも魅力です。国籍や年齢、職業など多様な背景を持つ人々が、言語教育という共通点のもとで、活発に議論するオープンな雰囲気が感じられます。実際に「研究基礎論」の授業では先生方の指導のほか、クラスメイトからもディスカッションを通じて様々なアドバイスを得ることができ、日々刺激を受けています。
言語情報コミュニケーションコースでは、言語学、言語情報科学、社会言語学の観点から、様々な言語や方言を対象として、言語現象を研究することができます。また、理論の学習に加え、日本語ボランティア活動など実習活動の機会にも多く恵まれています。私は約1年間、府立高校での日本語ボランティア活動に参加し、留学生の日本語サポーターを担当しました。このような活動を通して、授業で学んだ知識を教育現場での実践で生かすことができ、自分が毎日成長していることを強く感じています。これからも本コースで学んだ知識や経験を日本語教育の現場で生かしていきたいと考えています。
私は和製漢語に対する深い関心を持っており、現在は中国人日本語学習者における和製漢語の意味習得について研究しています。修了された立派な先輩方のように、私も本研究科で先生方の指導のもと研究を進め、成長していきたいと考えています。言語教育を学びたいと考える方は、ぜひ本研究科への進学を検討してみてください。

修了生の声

修了生の声01

大矢 訓史さん

英語教育学プログラム
2014年度修了
立命館守山中学校・高等学校 専任教諭

OYA Satoshi

は学部卒業後、一度教壇に立ちました。しかし、言語習得理論や教授法について何も知らなかった私は危機感を覚え、大学院へ進学することを決意しました。研究テーマは文法に関するものでしたが、情意面にも興味があったため、テーマを決めるにあたり悩みました。しかし、その過程で得た知識は、現在の私の教育活動に大きく生かされています。熱心な教授陣、そして幅広く学ぶことができる環境、どちらか一方でも欠けてしまうと充実した学びは達成されません。そういう意味では、本研究科は私にとって理想的な学習環境であったと言えます。

修了生の声02

山下 美朋さん

英語教育学プログラム
2011年度修了
立命館大学
生命科学部准教授

YAMASHITA Miho

語教育情報研究科のTESOLの授業で、英文ライティングの方法とコーパスについて学んだことがきっかけとなり、その後オーストラリアの大学院に進学、帰国後もライティング指導を中心に研究を続けてきました。
2018年に提出した博士論文では、日本人大学生の英文の論理的側面をコーパス言語学的手法で分析しました。私の研究生活の原点はすべて言語教育情報研究科での学びにあったと言っても過言ではありません。素晴らしい先生方から学んだ言語教育における最新の知識と教育への姿勢は、現在、大学で教える立場になった今でも生かされています。今後も本研究科で多くの方に勉強する楽しさを知ってほしいと願っています。

修了生の声03

原澤 尚輝さん

日本語教育学プログラム
2015年度修了
近畿大学
日本語非常勤講師

HARAZAWA Naoki

部生時代に副専攻として日本語教育を勉強していましたが、もっと本格的に日本語教育を学びたいと思い言語教育情報研究科に入りました。言語研には様々なバックグラウンドをもつ同期や先輩方、そして先生方がいらっしゃり、毎日がとても刺激的でした。結果、日本語教育だけでなく物事を客観的に見る力や論理的に考える力を身につけることができ、言語研での2年間は私の財産となりました。修了後はUAEのアブダビにある高校で日本語を教えていますが、今でも仕事で悩んだ時は言語研の同期や先生と連絡を取り、相談に乗ってもらっています。

修了生の声04

陳 文婷さん

日本語教育学プログラム 2016年度修了
日本語教師
深圳市恵学教育网络明有限公司
(2017.9-2019.1)
深圳市光明高級中学
(2019.2-)

CHEN Wenting

業後、中国に帰って、オンライン教育に関する仕事をして2年半が経ちました。異なる学習目的を持つ学生たちに日本語を教えることは私にとって勉強でもあり、挑戦でもあります。日本語教師として、まだ未熟者ですが、学生たちと関わりながら一緒に成長していくことから、そのやりがいを感じています。言語研で勉強した二年間、日本語教師として不可欠な専門知識を獲得し、また日本語教育実習を通して実践スキルを鍛えました。これからは高校で日本語を教えることになり、言語研で学んだ知識を多様な日本語教育現場で生かしていきたいと思います。

修了生の声05

木村 修平さん

言語情報コミュニケーションコース 2005年度修了
立命館大学
生命科学部准教授

KIMURA Shuhei

は現在、立命館大学生命科学部などで展開している「プロジェクト発信型英語プログラム」の運営に関わっています。英語とICTを知的生産のインフラと位置づけるこのプログラムでは、言語研で学んだことが十二分に活用できており、同じく言語研卒の同僚らとともにやり甲斐のある日々を送っています。英語とICTの両方を学べる言語研に進学したからこそ今の私があります。自分次第で多くの刺激とチャンスと人脈を手に入れられる場所ですので、後輩院生にはぜひアクティブかつ貪欲に、研究科のリソースを利用してもらいたいです。