入試・学費

推薦図書

コース・プログラムごとの推薦図書をリストアップしました。言語教育情報研究科に入学を希望する方は、受験準備の際に参考にしてください。
推薦図書は各コース・プログラムの専門を反映しています。ただし、この研究科では複数のコース・プログラムにまたがる境界領域の研究をすることも可能です。自分の希望するコース・プログラムの推薦図書だけでなく、他のコース・プログラムの推薦図書もチェックするようにしてください。

言語教育学コース

英語教育学プログラム

  • Akmajian, Adrian et al. 2012. Linguistics: An Introduction to Language and Communication. Sixth edition. MIT Press. (言語学の入門書。英文も平易で読み易い)
  • Deutscher, Guy. 2011. Through the Language Glass. Arrow Books.
  • Folse, Keith. 2016. Keys to Teaching Grammar to English Language Learners: A Practical Handbook. University of Michigan Press ELT.
  • Hancock, Mark. 2012. English Pronunciation in Use. Intermediate - Second Edition. Cambridge University Press. (2nd Edition, CD付)
  • Hewings, Martin. 2017. English Pronunciation in Use. Advanced. Cambridge University Press. (Downloadable Audio)
  • Lewis, Michael and Jimmie Hill. 1985. Practical Techniques: For Language Teaching. Heinle ELT
  • Lightbrown, Patsy and Nina Spada. 2013. How Languages are Learned. Oxford University Press.
  • McCawley, James D. 1998. The Syntactic Phenomena of English. University of Chicago Press.
  • Meara, Paul and Imma Miralpeix. 2010. Tools for Research Vocabulary Second Language Acquisition. Multilingual Matters.
  • Ortega, Lourdes. 2014. Understanding second language acquisition. Routledge.
  • Quirk, Randolph et al. 1985. A Comprehensive Grammar of the English Language. Pearson Japan.(20世紀英文法書の最高峰)
  • Richards, Jack and Theodore S. Rodgers. 2014. Approaches and Methods in Language Teaching. Cambridge University Press.
  • 植木理恵. 2012.『植木理恵の行動心理学入門』宝島社.
  • 太田朗・梶田優(編)『新英文法選書』シリーズ(自分が関心を持ったものを可能な限り多く読むとよい)
  • 風間喜代三・松村一登・町田健・上野 善道. 2004.『言語学』(第2版)東京大学出版会.
  • 佐藤郡衛・片岡裕子. 2008.『アメリカで育つ日本の子どもたち: バイリンガルの光と影』明石書店.
  • 白井恭弘. 2008.『外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か』岩波書店.
  • ジャッケンドフ、レイ. 2004.『心のパターン―言語の認知科学入門―』岩波書店. (原著:Jackendoff, Ray. 1995. Patterns in the Mind: Language and Human Nature. Basic Books)
  • 鈴木孝夫. 1996.『教養としての言語学』岩波書店.
  • バトラー後藤裕子. 2005.『日本の小学校英語を考える: アジアの視点からの検証と提言』三省堂.
  • バトラー後藤裕子. 2003.『多言語社会の言語文化教育―英語を第二言語とする子どもへのアメリカ人教師たちの取り組み』くろしお出版.
  • 福地肇. 1995.『英語らしい表現と英文法―意味のゆがみをともなう統語構造』研究社.
  • 見上晃・西堀ゆり・中野美智子(編)2011.『英語教育におけるメデイア利用 CALLからNBLTまで』大修館書店.
  • 宮原哲. 1992 『入門コミュニケーション論』松柏社.

日本語教育学プログラム

  • Hasegawa, Yoko. 2015. Japanese: A linguistic Introduction. Cambridge University Press.
  • 青木直子・土岐哲・尾崎明人(編). 2001.『日本語教育学を学ぶ人のために』世界思想社.
  • 庵功雄. 2016.『やさしい日本語――多文化共生社会へ』岩波書店.
  • 風間喜代三・松村一登・町田健・上野 善道. 2004.『言語学』(第2版)東京大学出版会.
  • 川口義一・横溝紳一郎. 2005.『成長する教師のための日本語教育ガイドブック』上・下. ひつじ書房.
  • 衣畑智秀(編).2019.『基礎日本語学』ひつじ書房
  • 窪薗晴夫. 2002.『新語はこうして作られる』岩波書店.
  • 迫田久美子. 2002.『日本語教育に生かす第二言語習得研究』アルク.
  • 白井恭弘. 2008.『外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か』岩波書店.
  • 鈴木孝夫. 1996.『教養としての言語学』岩波書店.
  • スペンサー=オーティー, ヘレン(編). 浅羽亮一監修. 2004.『異文化理解の語用論』研究社.
  • 田窪行則著.2010.『日本語の構造』くろしお出版
  • 角田太作. 2009.『世界の言語と日本語:言語類型論から見た日本語』(改訂版)くろしお出版.
  • 西村義樹・野矢茂樹. 2013.『言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学』中央公論新社.
  • 野田尚史. 1991.『はじめての人の日本語文法』くろしお出版.
  • 橋内武. 2013.『ディスコース―談話の織りなす世界―』くろしお出版.
  • 姫野伴子・小森和子・柳澤絵美. 2015.『日本語教育学入門』研究社.
  • 細川英雄(編). 2011.『言語教育とアイデンティティ―ことばの教育実践とその可能性―』春風社.
  • 益岡隆志硫・田窪行則著.1992.『基礎日本語文法改訂版』くろしお出版
  • 宮地裕(編). 2010.『日本語と日本語教育のための 日本語学入門』明治書院.
  • 宮原哲. 1992 『入門コミュニケーション論』松柏社

言語情報コミュニケーションコース

言語情報コミュニケーションコース

  • Akmajian, Adrian et al. 2012. Linguistics: An Introduction to Language and Communication. Sixth edition. MIT Press. (言語学の入門書。英文も平易で読み易い)
  • Deutscher, Guy. 2011. Through the Language Glass. Arrow Books.
  • Hancock, Mark. 2012. English Pronunciation in Use. Intermediate - Second Edition. Cambridge University Press. (2nd Edition, CD付)
  • Hasegawa, Yoko. 2015. Japanese: A linguistic Introduction. Cambridge University Press.
  • Hewings, Martin. 2017. English Pronunciation in Use. Advanced. Cambridge University Press. (Downloadable Audio)
  • Huddleston, Rodney and Geoffrey K. Pullum. 2002. The Cambridge Grammar of the English Language. Cambridge University Press.(Quirk et al.の次に読むべき、やや理論的な英文法書)
  • McCawley, James D. 1998. The Syntactic Phenomena of English. University of Chicago Press.
  • Quirk, Randolph et al. 1985. A Comprehensive Grammar of the English Language. Pearson Japan.(20世紀英文法書の最高峰)
  • 東 照二. 2009.『社会言語学入門<改訂版>』研究社.
  • 庵功雄. 2016.『やさしい日本語――多文化共生社会へ』岩波書店.
  • 井上史雄・木部暢子(編). 2016.『はじめて学ぶ方言学:ことばの多様性をとらえる28章』ミネルヴァ書房
  • 太田朗・梶田優(編)『新英文法選書』シリーズ(自分が関心を持ったものを可能な限り多く読むとよい)
  • 風間喜代三・松村一登・町田健・上野 善道. 2004.『言語学』(第2版)東京大学出版会.
  • 金水敏. 2003.『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』岩波書店.
  • 窪薗晴夫. 2002.『新語はこうして作られる』岩波書店
  • ジャッケンドフ、レイ. 2004.『心のパターン―言語の認知科学入門―』岩波書店. (原著:Jackendoff, Ray. 1995. Patterns in the Mind: Language and Human Nature. Basic Books)
  • 鈴木孝夫. 1996.『教養としての言語学』岩波書店.
  • スペンサー=オーティー, ヘレン(編). 浅羽亮一監修. 2004.『異文化理解の語用論』研究社
  • 角田太作. 2009.『世界の言語と日本語:言語類型論から見た日本語』(改訂版)くろしお出版.
  • 野田尚史. 1991.『はじめての人の日本語文法』くろしお出版
  • 橋内武. 2013.『ディスコース―談話の織りなす世界―』くろしお出版.
  • 福地肇. 1995.『英語らしい表現と英文法―意味のゆがみをともなう統語構造』研究社.
  • 宮地裕(編). 2010.『日本語と日本語教育のための 日本語学入門』明治書院.
  • 宮原哲. 1992 『入門コミュニケーション論』松柏社.