海外留学プログラムの紹介
立命館・カリフォルニア大学デービス校
「アメリカの言語・文化・社会」プログラム

  1. ホーム
  2. 海外留学プログラムの紹介
  3. 全学募集プログラム
  4. モチベーション向上型
  5. 立命館・カリフォルニア大学デービス校「アメリカの言語・文化・社会」プログラム

プログラムの特徴

  • 春期出発
  • 夏期出発

カリフォルニア大学デービス校(Continuing and Professional Education)の提供するIntensive English Program(IEP)を2セッション(計20週間)受講します。アメリカの文化・社会に関するさまざまなトピックを取り上げながら、英語力の向上を図ります。将来的に英語圏の大学で正規開講科目を受講できるレベルを目指します。IEPは個々の語学レベルに合ったクラス編成が行われます。また、所定の要件を満たせば、一部の講義に替えて、本学が指定する講義を受講することもできます。

派遣先機関・都市の概要

カリフォルニア大学デービス校(アメリカ合衆国・カリフォルニア)
カリフォルニア大学デービス校(UCD)はカリフォルニア大学(州立)の10のキャンパスのひとつで、1905年に設置されました。学生数はおよそ30,000名で農学部、理学部など4つのカレッジと、ビジネススクール等5つの専門職大学院を擁する大学です。キャンパスは非常に広大でゆとりがあり、多くが通勤・キャンパス内移動に自転車を使っています。キャンパスの所在地であるデービス市は州都サクラメント市の約25キロ西にあり、バス・電車を使えば2時間程度でサンフランシスコに行くことができます。

こんな人におススメ!

長期の留学で英語力を大幅に向上させ、将来的に正規開講科目を受講できるレベルにまで引き上げたい人。加えて、アメリカの文化・社会に興味があり、ホームステイを希望する人。

プログラム実施時期
  • 1セメスター(9月下旬~3月下旬の約6ヶ月間)
  • 1セメスター(3月下旬~9月上旬の約6ヶ月間)
滞在形態 ホームステイ
募集人数 / 応募資格
  • 30名(予定) /
    学部1~3回生(薬学部1~5回生)※1
    (国際関係学部・政策科学部9月入学者:応募時点で1~3回生、ただし3月卒業の可能性のある場合を除く)
  • 30名(予定) /
    学部1~3回生(薬学部1~5回生)※1。 ただし9月卒業の可能性がある場合を除く。
    (国際関係学部・政策科学部9月入学者:応募時点で1~3回生)
TOEFL ITP®テスト450(TOEFL iBT®テスト45)点以上、またはTOEIC®L&Rテスト(IPテストでも可)500点以上、またはIELTS4.5以上。VELCまたはCASECで応募する場合は、スコアレポート記載の「TOEIC® テスト予測(目安)スコア」が500点以上あること
要項配布 / 募集時期
  • 3月下旬 / 5月上旬
  • 9月下旬 / 10月中旬
開講期間・単位
  • 秋学期開講科目:8~16単位程度 ※2
  • 春学期開講科目:8~16単位程度 ※2
プログラム期間中の学籍
  • 2019年度春学期:在学 2019年度秋学期:留学
  • 2020年度春学期:留学 2020年度秋学期:在学
費用
  • 2018年度(春)実績 約180万円
  • 2018年度(夏)実績 約178万円
奨学金
  • 海外留学チャレンジ奨学金2019年度実績30万円
  • 海外留学チャレンジ奨学金2020年度予定30万円
帰国報告書
  • ※1 詳しくは募集要項をご確認ください。
  • ※2 単位数は、学部によって異なります。