海外留学プログラムの紹介
立命館・アルバータ大学
「北米の言語・文化・社会」プログラム

  1. ホーム
  2. 海外留学プログラムの紹介
  3. 全学募集プログラム
  4. モチベーション向上型
  5. 立命館・アルバータ大学「北米の言語・文化・社会」プログラム

プログラムの特徴

  • 夏期出発

本プログラムでは、留学の前半はアルバータ大学のVSCP(Visiting Students Certificate Program)EAP(English for Academic Purposes)の各コースにて、北米の文化、社会に関するさまざまなトピックを学びながらアカデミックな英語力の向上を目指します。そして留学後半には前半で培った英語力をベースにアルバータ大学の正規開講科目を履修(または聴講)します。
英語を集中的に学ぶことができるうえ、正規の授業も受けることができるため、最初から正規の授業についていく自信がないという人や、短期間に集中的に英語を勉強し、かつ現地の学生と一緒に正規の授業を履修したい人にオススメのプログラムです。

派遣先機関・都市の概要

アルバータ大学(カナダ・エドモントン)
1908年に設立された、18学部、約38,000万人の学生を擁する州立総合大学。カナダ国内の大学ランキングでは第4位(THE–QS World University Rankings 2018)。世界約143カ国から約8,000 名の学生を受け入れており、国際化にも積極的に取り組んでいます。メインキャンパスはアルバータ州エドモントンのダウンタウン近くに位置しており、非常に美しく広いキャンパスを擁する大学です。厳しい冬にも耐えられる都市設計となっており、一年中快適に過ごすことができます。

こんな人におススメ!

短期間に集中的に英語を勉強し英語力を向上させ、現地学生とともに正規選択科目(専門科目)の受講にチャレンジしたい人。加えて、カナダの文化・社会に興味がある人。


プログラム実施時期 1学年間(8月中旬〜4月下旬の約8ヶ月間)
滞在形態
募集人数 / 応募資格 15名 / 全学部学生(情報理工学部1~3回生は除く)/TOEFL ITP®テスト500点以上、または TOEFL iBT®テスト61点以上、またはIELTS5.0以上、またはTOEIC ® L & Rテスト(IPテストでも可)630点以上、またはVELC TEST®テストはスコアシート記載のTOEIC®予測スコアが630点以上であること。/ GPA 3.0以上
要項配布 / 募集時期 10月上旬 / 10月下旬
開講期間・単位 本学開講科目(単位授与科目):8 単位 ※1
派遣先大学開講科目(単位認定科目):アルバータ大学正規開講科目の受講状況に応じて単位認定
プログラム期間中の学籍 2020年度秋学期:留学 2021年度春学期:留学
費用(2017年度参考) 130万~160万円程度(現地での履修パターン、正規科目の受講数などによって異なります ※2
※別途寮費が70万円程度必要です。
奨学金 海外留学チャレンジ奨学金2020年度 60万円(予定)
初期報告書 2019年度参加生
2018年度参加生
2017年度参加生
2016年度参加生
2015年度参加生
2014年度参加生
中期報告書 2018年度参加生
2017年度参加生
2016年度参加生
2015年度参加生
2014年度参加生
帰国報告書 2018年度参加生
2017年度参加生
2016年度参加生
2015年度参加生
2014年度参加生
  • ※1 留学の適用期間最終学期にて単位授与・認定を行います。単位数は、学部によって異なります。
  • ※2 費用にはプログラム費、航空運賃、ビザ申請手数料等を含みます。