Topicsトピックス

「チャレンジ、ふくしま塾。」、被災地でのフィールドワークを実施しました

2022年8月24日(水)から26日(金)まで、「チャレンジ、ふくしま塾。」フィールドワークを実施しました。学部1回生から大学院生まで、所属学部も様々な学生23名が参加しました。

2022.09.07

産業社会学部・永野聡准教授「科学技術分野の文部科学大臣表彰・科学技術賞」受賞!(ゆりあげ港朝市の復興に関する研究)

2022年4月8日(金)、科学技術分野の文部科学大臣表彰の科学技術賞・理解増進部門において、産業社会学部・永野聡准教授らの研究グループが「ゆりあげ港朝市の復興を通じた東日本大震災に関する理解増進」の業績で共同受賞されました。

2022.07.10

福島県双葉町伊澤史朗町長をお迎えし、「チャレンジ、ふくしま塾。」の学習会が開催されました!

2022年7月9日(土)に、「チャレンジ、ふくしま塾。」の学習会が開催されました。福島県双葉町から伊澤史朗町長をお招きし、本学に籍を置く塾生とともに、東京大学と福島大学の学生を含めた約30名が参加しました。

2022.07.09

福島県双葉町長がご来学

7月8日(金)、伊澤史朗双葉町長が立命館朱雀キャンパスに来学、仲谷善雄総長と懇談されました。

2022.07.08

大船渡市で「盛町灯ろう七夕まつり」が3年ぶりに開催されます!

大船渡市盛町で毎年8月上旬に実施される「盛町灯ろう七夕まつり」が今年、3年ぶりに開催されることになりました!一旦中止したまつりの再開やコロナウイルス感染対策など難しい面もありますが、これまでの地域とのつながりを活かし、学生が地域の伝統行事の担い手としてまつりを盛りあげていきます。

2022.06.23

2022年度「チャレンジ、ふくしま塾。」の塾生が決まりました!

「チャレンジ、ふくしま塾。」は、ふくしまのこれまでとこれからに関心を寄せる学生たちが、福島や震災からの復興に関わる教員や専門家から学び、発信活動に取り組むプログラムです。2022年度の塾生が決まりました!

2022.06.15

災害ボランティアリーダー養成プログラム 「ささえる訓練(災害ボランティア現場の活動体験)」が開催されました

2022年5月28日(土)大阪いばらきキャンパス分林記念館において、「ささえる訓練(災害ボランティア現場の活動体験)」(サービスラーニングセンター主催)が開催されました。学部1回生から大学院生まで幅広く、20名が参加しました。

2022.05.31

立命館大学の学生が大船渡「碁石海岸観光まつり」に参加しました

岩手県大船渡市と立命館大学は2012年4月から連携協力に関する協定を結んでいます。その大船渡市で開催される「碁石海岸観光まつり」は、三陸海岸の代表的な景勝地である碁石海岸のすばらしさと、海のまち大船渡ならではの「食」の魅力を広くPRするとともに、復興に向かう市民の活力を発信するイベントです。この観光まつりに立命館大学生17名が参加しました!

2022.05.09

3.11追悼企画「いのちのつどい」シンポジウムを開催しました

2022年3月11日開催・3.11追悼企画「いのちのつどい」シンポジウムの開催レポートです。当日は新型コロナ感染拡大防止のためzoomミーティングにて開催し、最大で188名の聴衆の皆さんにご参加いただきました。

2022.03.11

東北を知って学んで食すオンラインの旅「0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~ 」3.11から10年―東北を応援する新しいカタチを模索する

立命館災害復興支援室、設置10年。東北6県の農家・漁師の姿を伝え続ける「東北食べる通信」とのコラボレーション企画。自宅に届く東北自慢の食材とともに、生産者とつながるオンライン旅を全6回開催します。食を通じて、東日本大震災から10年を迎える「東北の今」に触れてみませんか?

2021.05.20

3.11から10年目を見据えた復興支援のこれから ―「3.11追悼いのちのつどい」 災害からの復興や災害に備えることについて、わたしたちにできることを考える

去る2020年2月11日(火・祝)、立命館災害復興支援室が主催し「3.11追悼企画 いのちのつどい」を開催しました。今回は「3.11震災から10年目を見据えた復興支援の在り方について」をテーマに、3.11以降に様々な形で復興支援に携わってきた本学教員によるシンポジウム・パネルディスカッションと、当日の参加者全員による「災害からの復興と私たちにできることを考える」と題したワークショップを開催しました。

2020.03.11

チャレンジ・ふくしま塾。×Sustainable Week実行委員会 震災を乗り越えた先に見える景色 持続可能社会の実現に向けた提言 ~継続性と新しい気づき~

東日本大震災から8年の歳月が過ぎようとしています。災害復興支援室では、2011年12月から数多くの復興支援活動を継続的に行ってきました。これまでの活動経験などを踏まえ、災害復興支援室の久保田崇副室長をコーディネーターに、「チャレンジ・ふくしま塾。」に参加した田中巴実さん(生命科学部3回生)、Sustainable Week実行委員会の上田隼也さん(生命科学部5回生)、西野日菜さん(理工学部2回生)に、福島をはじめとした被災地のこれから、未来の都市像について語ってもらいました。

2019.03.08