Report&Voiceレポート・参加者の声

福島漫記(ふくしまスタディツアー・チャレンジ、ふくしま塾。参加Report)

2022年度の福島県主催「ふくしまスタディツアー」(8/22~8/24)と災害復興支援室「チャレンジ、ふくしま塾。」(8/24~8/26)に参加したJIA Binさんの手記です。福島の魅力が伝わる写真(撮影:JIAさん)も必見です!

2022.09.16

東北食べるツアー 生産者と語ろう in 仙台 開催

 7月15日・16日、宮城県仙台市で、「東北食べるツアー 生産者と語ろう in 仙台」を開催しました。
 学生15人と仙台市青陵中等教育学校の生徒3人が、仙台市で農業を営む農家や食流通企業を訪れたほか、宮城名物「笹かまぼこ」を製造・販売する株式会社ささ圭と永野聡・立命館大学産業社会学部准教授によるワークショップ、そして立命館大学が冠協賛した「立命館大学デー」に参加しました。学生たちはリアルな東北の姿、復興の歩み、人々の思いに触れました。

2022.07.22

チャレンジ、ふくしま塾。お料理レポ

8月某日、私たちは京都の古民家で福島ご当地グルメの調理を行いました。 3月に福島を現地訪問し、福島の食を堪能した私たちは、自分たちでも福島の料理を作ってみたいと思い立ちました。

2022.05.18

福島といえば、円盤餃子!

福島市には、50年、60年と続く餃子の専門店がいくつか軒を連ねる。福島の餃子店は戦後、満州からの引き上げ者や復員してきた方々によって闇市で始められた。フライパンで餃子を円盤状に焼き、そのまま皿に移して出される「円盤餃子」は、一度にたくさんの餃子が焼けることから定着した。

2022.04.21

福島から安心・安全なおいしいお米を届ける

2011年の東日本大震災から今年(2022年)で11年。11年も経てば、福島県をはじめ東北のニュースは3.11の特集か原発のニュースがほとんどである。そのため、関西に住む私たちの多くはだんだん関心が離れていってしまう。私もその一人だ。

2022.04.01

[レポート]東北を知って学んで食すオンラインの旅「0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」第6回<岩手県大船渡市・ワカメ>

2022年2月19日(土)、第6回目のツア―を開催しました。 岩手県大船渡市からテーマは「ワカメ」。千葉豪さんをゲストに迎えました。 早採りワカメ500gとメカブまるごと1個、情報誌「東北食べる通信」、千葉さんからのお手紙が事前に送られました。

2022.03.01

「コロナ禍で留学できない学生を救いたい」福島県大熊町で復興支援と国際留学を実現

立命館大学ウェブサイト[topix]より:「復興支援と国際交流」の実現を目的に、大熊町で「農業インターンシップ〜⼤熊町留学〜」を実施した外所祐香さん(経済学部4回生)の記事です。

2022.01.25

[レポート]東北を知って学んで食すオンラインの旅「0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」第5回<岩手県大槌町・鹿肉>

2021年12月18日(土)、第5回目のツア―を開催しました。 岩手県大槌町からテーマは「鹿肉」。岩手県大槌町からテーマは「鹿肉」。兼澤幸男さんをゲストに迎えました。 早朝に鹿のもも肉200g、情報誌「東北食べる通信」、兼澤さんからのお手紙が事前に送られました。

2021.12.25

[レポート]東北を知って学んで食すオンラインの旅「0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」第4回<岩手県陸前高田市・新生姜>

2021年10月16日(土)、第4回目のツア―を開催しました。 岩手県大槌町からテーマは「新生姜」。菊地康智さんをゲストに迎えました。 新生姜200g、情報誌「東北食べる通信」、菊地さんからのお手紙が事前に送られました。

2021.11.01

【展示企画を開催】東日本・家族応援プロジェクト10年の軌跡:2011~21

立命館大学人間科学研究科(2017年度までは応用人間科学研究科)による東日本大震災からの復興支援に取り組むプロジェクトについて、その活動の記録を2021年10月31日まで展示しています。

2021.10.11

[レポート]東北を知って学んで食すオンラインの旅「0泊2時間東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」第3回<福島県桑折町・桃>

2021年8月21日(土)、第3回目のツア―を開催しました。 福島県桑折町(こおりまち)より、羽根田幸将さんが育てた「桃」。 参加者には事前に自宅に、川中島の白桃4個、情報誌「東北食べる通信」、羽根田さんお手製の桃の絵はがき、お手紙が送られました。・・・・

2021.09.01

[動画]震災復興への願いを込め創作「花は咲く」ダンスによせる思い(モダンジャズバレエ部)

モダンジャズバレエ部は、岩手県大船渡市で毎年開催される碁石海岸観光まつりにおいて、震災復興への願いを込めて創作した「花は咲く」を演舞し、地域の方々との交流を行ってきました。

2021.08.16