立命館大学ロゴ
Campus Master Plan

部門別課題の把握とフレームワークプランの検討

chapter5では、目指すキャンパスの実現に向けて、検討・配慮すべき内容を部門別にフレームワークプランとして示す。フレームワークプランは、概ね15~30年程度の中長期的なキャンパス全体の整備方針に基づく計画である。どのようなアカデミックプランにおいても配慮すべき考え方や対応可能な考え方について述べている。

5.5緑地

5.5.1緑地計画の考え方

びわこ・くさつキャンパスはキャンパス外周部とキャンパスフロントゾーンにまとまった自然緑地が広がる豊かなキャンパスである。これらの環境を最大限に活かし、生態学的な配慮を行いながらキャンパス中心の緑を強化し、緑の景観的な連続性を確保した緑あふれるキャンパスを目指す。

また、良好なキャンパス環境づくりのため、パブリックスペース整備と合わせて検討を行うことが望ましく、キャンパス全体の統一性を維持可能なランドスケープ計画が肝要である。キャンパス内の豊かな緑地を活かした、長期的な取り組みを見据えたゾーン毎の整備方針の設定を行う。

図5-5-1 周辺のみどりがキャンパス内へ浸透する2011年度時点キャンパス計画イメージ
図5-5-1周辺のみどりがキャンパス内へ浸透する2011年度時点キャンパス計画イメージ
図5-5-2 緑地計画のフレームワークプランイメージ
図5-5-2緑地計画のフレームワークプランイメージ

5.5.2ゾーン別計画方針

2013年度には緑地計画の作業グループを中心に検討を行い、2014年度にはリーディングプロジェクトに基づき、他分野の課題を共有しながら緑地の具体化に向け検討を進めた。ここでは、2013年度の緑地計画検討作業グループで検討してきた内容と、緑地計画具体化検討WGにおいて共有してきた将来の緑量や緑地整備のイメージスケッチを示す。

図5-5-3 キャンパスプロムナードの修景重点ゾーン
図5-5-3キャンパスプロムナードの修景重点ゾーン

(1)機能的な動線と自然な滞留を引き出す空間

現況のキャンパスプロムナードは、教室棟に囲まれた道としてのイメージが定着しつつあります。並木植栽であるユリノキが少なく、また生育不良(土壌の劣悪化が原因)も伴い、夏場は陰のない空間が広がり、冬場は落葉とともにビル風が吹く閑散たる状況ともいえます。学びエリアの中心を貫き、活動の中心となるべきこの空間は、機能的で細やかな動線を提供するだけでなく、学生および教職員が自然と滞留できる場所を提供する役割を備える必要があります。

(2)快適な移動や憩いの場を提供する木陰の創出

左記に示す通り、現在植栽されている並木(ユリノキ)は、本来生育が早く、街路樹として多く活用される樹木です。しかし、土壌の劣悪化と小さな植枡の影響により、生育不良や路面の根上りがみとめられ、葉量が少なく乾いた印象をプロムナード空間に与えています。細やかで快適な移動空間と潤いのある自然な滞留空間を作り出すため、葉量が多く土壌に適した植栽の入れ替えを視野にいれ、木陰を生み出す空間づくりを目指す必要があります。

(3)自然地形や高低差を活用した憩いの工夫

植栽のみならず、現在の地形の勾配やその高低差を利用し、水路やそれに共なう多様な自然要素の取り入れを工夫することで、より潤いをともなった滞留空間づくりが可能になります。スムーズな滞留を呼びおこし、そよ風と共に誰もが自然とひと休みできる場所をつくりだすことが、キャンパスプロムナードの空間的な役割を価値付け、自然と呼応したBKCの特色を引き出すことにつながります。

図5-5-4 30年後のキャンパスプロムナードのイメージ
図5-5-430年後のキャンパスプロムナードのイメージ

※上記パースは「2014年度緑地計画具体化検討WG」にて将来の緑量や整備イメージを共有するために作成されたものであり、実際の計画とは異なる場合がある。

図5-5-5 セントラルサーカスの修景重点ゾーン
図5-5-5セントラルサーカスの修景重点ゾーン

(1)誰もがいつでも憩い集うことができる広場

キャンパス活動の始まりの場所として位置づけられる当ゾーンは、学生や教職員が集い、それぞれの場所に離散する場所としての役割を持っています。学園祭や各種歓迎祭典ではステージが設営され、春や秋など季節の良い時期には、噴水空間の周辺ベンチに人が集まる状況が確認できます。しかし言い換えると、特別な行事や季節以外では、単なる通過の場としての様相が日常的に広がっている状況であり、BKCの中心に位置しながら、キャンパス活動の中心的役割を担えていない現状が認められます。BKCにいる誰もがいつでも憩い集うことができる広場などの空間づくりが必要であり、物理的そして精神的にもキャンパスの拠り所として再整備することが重要であると考えます。

(2)多様な利用を可能とする自然と連続した場所

現在当ゾーンに設置されている芝生や噴水、木立の中の憩いの場は、その全体の大きさに対して小規模であることや植栽の生育不良により、通り道としてしか利用されず剥げている状況や、木陰や風除けもなく吹きさらしの状態であり、本来の役割を果たせていない状況です。誰もがいつでも憩い集うことができる適正な規模を有した芝生広場の設定や、現在の土壌に適した植栽を施し木陰とそよ風をとりいれる憩いの空間づくりを率先する必要があります。自然を多く取り入れ、周囲の環境と連続しBKCの特色を体現する場所を目指す必要があります。

(3)キャンパスと人々の意識の拠り所としての中心

人々が集い憩うことができるBKCの中心として、キャンパスの顔となる空間づくりを行うことが重要です。植栽による木陰や防風、水路等によるせせらぎなど、自然環境がもたらす潤いを活用しながら、シンボルツリーの設定や噴水空間の活用など、多様な利用を可能にしながら人々の意識の拠り所として記憶される風景を設定する必要があります。

図5-5-6 30年後のセントラルサーカスのイメージ
図5-5-630年後のセントラルサーカスのイメージ

※上記パースは「2014年度緑地計画具体化検討WG」にて将来の緑量や整備イメージを共有するために作成されたものであり、実際の計画とは異なる場合がある。

図5-5-7 フロンティアアベニューの修景重点ゾーン
図5-5-7フロンティアアベニューの修景重点ゾーン

(1)人、場所、自然とが織り成すBKCの象徴的空

このゾーンは、外部から一番に見える大学の場所であり、大学の顔として誇れる正門空間、アプローチ空間となるべき部分であるといえます。自然環境に恵まれ、広大な敷地を有するBKCの特徴を活かし、BKCの象徴的な空間としてあるべき風景・イメージ形成を行う必要があります。

(2)動線と広場、自然環境との連続

現在、芝生広場や並木と隣接するにも関わらず、当ゾーンは単なる通り道としてしか意識さていません。それは、長大線的に配置されたそれらの要素を連関する修景的な工夫が少ないことが考えられます。見通しを確保しながら、自然や木陰、広場そしてアプローチ空間とが連続し、多様な広がりを感じることができる空間づくりが必要と考えます。

(3)木陰のある快適な往来空間

フロンティアアベニューは、通学時間帯には多くの歩行者が行き交うにもかかわらず、木陰を落とす並木道の形成に至っていません。劣悪な土壌が、想定以上にケヤキの生育を妨げていることが第一の原因であると考えられます。土壌改良や土壌に適した植栽を施すことで、より快適な往来を可能とするアプローチ空間が重要です。

(4)集い憩い行き交うプラットフォーム

計画中のスポーツ健康コモンズとの空間的役割を共有し、みんなが集い憩うことができる広場の整備など、アプローチだけでない空間役割の変更を視野に入れる必要があります。地域との交流を生み出すことも可能なオフ空間の中心として、オン/オフを切り替えるプラットフォームとして、このゾーンが空間的役割を担い、地域に開かれた新しいBKCのイメージを構成する必要があります。

図5-5-8 30年後のフロンティアアベニューのイメージ
図5-5-830年後のフロンティアアベニューのイメージ

※上記パースは「2014年度緑地計画具体化検討WG」にて将来の緑量や整備イメージを共有するために作成されたものであり、実際の計画とは異なる場合がある。

図5-5-9 建物間の空間対象ゾーンイメージ
図5-5-9建物間の空間対象ゾーンイメージ

(1)緑と憩いをつなげる木陰空間

将来的なキャンパス内駐車場の撤去を想定した場合、当駐車場部分を緑と憩いをつなげる木陰の広場として活用することを提案します。建物間は、建設の土工事の影響により、植栽の根付きがよく生育は良好であり、キャンパス中心部分に偏りがちな憩いの空間を分散し、周囲の自然環境を引き込みながら、キャンパス全体において誰もが憩い自然を感じ取ることができる空間づくりが必要と考えます。

(2)自己選択できる多様で小さな場所

憩いの空間を分散されることで、自分だけの憩いの空間を誘導することができます。中心だけでなくキャンパス全体で本来の目的である誰もが憩うことができる空間づくりの実現につながると考えます。

図5-5-10 外周道路の対象ゾーンイメージ
図5-5-10外周道路の対象ゾーンイメージ

(1)自然豊かな周辺環境との関係を再生し、より安全で健康的な散策路としての外周

将来的な駐車場の集約(スーパーブロック構想)を想定した場合、キャンパス外周に設定されている道路を、誰もがアクセスできる緑の散策路に整備することを提案します。キャンパス全体が周囲の自然環境と連続し、緑を引き込むキャンパス(【緑のくさび】2011年キャンパス計画より)づくりに寄与できると考えます。また、現在往来ができない牟礼山の散策路とアクセスを実現し、本学を含め地域と連携した自然環境保全への意識向上や、枯れ木の伐採および植林などの取り組みを率先することにつながります。周囲の里山の環境を地域とともに保全し、地域にある大学がもつべき一役割を明確にし、実現するものと考えます。

図5-5-11 30年後のビュートストリートのイメージ
図5-5-1130年後のビュートストリートのイメージ

※上記パースは「2014年度緑地計画具体化検討WG」にて将来の緑量や整備イメージを共有するために作成されたものであり、実際の計画とは異なる場合がある。

5.5.3緑地の整備タイプ

緑地整備は場所や用途に応じて、5つのタイプにより構成する。また、エリアごとの整備タイプを明確化することにより、長期的な緑地の管理の中で適切な管理・整備を行うことが可能となる。

広場型は植栽を制限し、芝生などにより、多様な屋外での活動を行いやすく、イベント時の活用も視野に入れてみんなが集う広場空間として整備する。並木型は、キャンパス内の主要軸や象徴的なキャンパスの風景を形成する。また、軸線上に適度な日陰のある滞留空間を創出する。立木型は、屋外の憩いの空間(コモンズ)となるよう、木陰の滞留空間を創出する。樹林型はキャンパス内の自然緑地の保全や周辺環境と連続した緑地形成を目的とし、風土に適した整備を行う。仮設型はプランター植栽などを活用し、屋外の滞留空間と動線などのゾーンを分けるなど、効果的に活用する。

図5-5-12 緑地整備タイプの分布イメージ
図5-5-12緑地整備タイプの分布イメージ

※※上記パースは「2014 年度緑地計画具体化検討WG」にて将来の緑量や整備イメージを共有するために作成されたものであり、実際の計画とは異なる場合がある。

表5-5-1 緑地整備タイプの分類表
表5-5-1緑地整備タイプの分類表

5.5.4緑地の維持管理

良好な緑地空間を維持していくには、持続的な緑地保全のための維持管理について見直し、検討が必要である。緑量が増加しても、維持管理の負担が増加しないよう、緑地の種類や人の滞留頻度などに応じて管理頻度のゾーニングを行うことが重要である。

また、研究活動や学生の自主的な活動、地域連携の一環として、学生や教職員、地域の方などとともに緑地の維持管理を行うなど、多様な取り組みを行うことが期待される。

図5-5-13 緑地の維持管理の考え方
図5-5-13緑地の維持管理の考え方
図5-5-14 緑地の管理ゾーニングイメージ
図5-5-14緑地の管理ゾーニングイメージ
図5-5-15 緑地の維持管理の考え方
図5-5-15緑地の維持管理の考え方