NEWS

  • 2019.10.16

    研究所の携帯用のバナーが登場

     研究所の活動では、シンポジウム、研究会等で、OIC(大阪いばらきキャンパス)を含めて学内の各キャンパス、あるいは他大学や海外の提携校などの施設を会場としています。そのため、会場に掲示する携帯用のバナーを作成いたしました。

    1010-03banner
    9月に行われた国際ワークショップの情景から。右端がAJIのバナー

    これからも、このバナーは、あちこちに出張したいと思います。

  • 2019.10.16

    国際「イスラーム経済」ワークショップを、ダラム大学、京都大学と共催

     2019年9月23-24日に、京都大学・総合研究2号館の会場で、本研究所、京都大学イスラーム地域研究センター、ダラム大学イスラーム経済・金融研究センターが共催する International Workshop on Islamic Economics and Finance: New Horizons in Islamic Economics が開催されました。  これは英国ダラム市と京都で毎年交互に開催されているワークショップで、今回が13回目。本研究所は、今回から共催に加わりました。参加者の出身国はイギリス、日本のほかに、インドネシア、シリア、トルコ、バハレーン、マレーシアと多岐にわたり、研究報告も理論・事例ともに非常に先端的なものが多く、2日間にわたって熱心な報告と質疑が交わされました。

    1010-02Durham-01
    国際ワークショップの1コマ


     イスラーム経済は、西アジア、東南アジア、南アジアなどのイスラーム諸国で1980年代以降に盛んになってきました。ダラム大学のイスラーム経済・金融研究センターはこの分野で、世界に先端的な役割を担っています。イスラーム人口のおよそ7割がアジアの人びとですので、本研究所でもイスラーム圏にも着目した共同研究をおこなっていきたいと思います。

    1010-02Durham-01
    (中央)ダラム大学のメフメット・アスティ教授・センター長、(その右に)小杉所長、ハシャン専門研究員、(左側に)長岡慎介・京大教授、佐藤麻理絵・京大助教、足立真理・京大機関研究員


     今回は、小杉所長が“Hadith Studies Renewal Through Informatics and Resurgent Islamic Jurisprudence: How Can They Contribute to Contemporary Islamic Economic Thought?”と題して基調講演をおこないました。昨今のIT革命が古典的なハディース研究に革新をおこし、法学にも影響を与えているという実態の報告と、それがイスラーム経済論にどのように活用されうるかという論点は、フロアから大きな関心を呼びました。Dr. Ammar Khashan(本研究所・専門研究員)は“Methodological Enquiries into the Utilization of Fiqh Resources for Historical and Contemporary Waqf Studies: With Special Reference to the Hanafi Legal School”と題して、ワクフ(寄進財産)を用いた経済活動に関して、前近代の史料と現代の研究を結びつける試論をもとに研究報告をおこないました。インドネシア、マレーシアのワクフを研究している参加者などから多くの質問を受けて、今後の展開に期待の持てる発表となりました。

  • 2019.10.11

    AJIジャーナルが、J-STAGEに採用となりました

    2019年7月末に創刊された本研究所の電子ジャーナルである『AJIジャーナル』が、J-STAGEに採用となりましたので、お知らせいたします。  J-STAGEは正式名称を「科学技術情報発信・流通総合システム」といい、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が構築した日本の科学技術情報の電子ジャーナル出版を推進するプラットフォームです。非常に多くの学会誌等が収録されています。  J-STAGEのホームページで確認すると、現在、26専門分野にわたる2,964のジャーナル、論文数では500万近くが収録されていることがわかります。

    URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
  • 2019.10.11

    第6回AJI研究最前線セミナー 開催

    2019年7月23日、第6回AJI研究最前線セミナーが開催され、Dr. Chloe Pabrez(ロンドン大学東洋アフリカ研究院・研究員、2018年に立命館大学客員研究員)が“The Ethics of Self-realization in the South Korean Video Game Industry”と題して、現代の韓国でビデオゲーム製作に携わる若手のアーティスト、エンジニアたちを対象とした社会人類学的な報告をおこないました。社会適応の問題などを抱える韓国の若者が、ビデオゲームのデザインや設計を通じて自己アイデンティティを得て活躍する様子などが、フィールド調査を交えてヴィヴィッドに論じられました。デザイナーが日本のマンガ、アニメの影響を受けて親日的であることが多い一方で、エンジニアは必ずしもそうではないことなど、日本にとっても興味深い指摘などがあり、質疑では、アイデンティティ論を含めて、フロアと熱心な交流がなされました。

    報告をおこなうDr. Pabrez(ロンドン大学東洋アフリカ研究院・研究員)
    報告をおこなうDr. Pabrez(ロンドン大学東洋アフリカ研究院・研究員)
  • 2019.09.11

    第5回AJI研究最前線セミナー 開催

    2019年6月18日、第5回AJI研究最前線セミナーが開催され、Dr.池端蕗子が“Collective Ijtihad in Islamic Law as an Instrument for Trans-border Consensus Making: Research Prospects”と題して、現代のイスラーム世界において展開されつつあるイスラーム法の新しい解釈と合意形成について、報告をおこないました。20世紀後半から国際的な存在感を増しているイスラーム世界ですが、近年は過激派の伸張やいわゆる宗派紛争など内部分裂的な問題が大きな課題となっており、それに対してイスラーム法学者たちが「集団的な法解釈」の営為によって新しい合意の形成をめざしていることが、具体例とともに論じられました。質疑では、対象となる事例の選択に関わる方法論的な問題を含めて、フロアと熱心なやり取りがおこなわれました。

    報告をおこなうDr.池端(立命館大学衣笠総合研究機構・プロジェクト研究員/日本学術振興会特別研究員)
    報告をおこなうDr.池端(立命館大学衣笠総合研究機構・プロジェクト研究員/日本学術振興会特別研究員)
  • 2019.08.30

    研究成果が出版されました! 『教養としての世界史の学び方』

EVENT

  • 2019/09/30Mon

    第10回AJI Frontier Seminar

    2019年10月29日(火)15:00~16:30
    場所:立命館大学 大阪いばらきキャンパスB棟5階 産学交流ラウンジ(クロノトポス)

    詳細はこちら

  • 2019/09/30Mon

    第9回AJI Frontier Seminar

    2019年10月29日(火)13:30~14:30
    場所:立命館大学 大阪いばらきキャンパスB棟5階 産学交流ラウンジ(クロノトポス)

    詳細はこちら