立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


学部概要

ビジネスを発見し、ビジネスを創造する経営学

経営学部の概要と歴史

経営学部の写真

立命館大学経営学部は、高度経済成長期、日本においても経営学を学ぶ必要性と重要性が認識されはじめた1962年に広小路キャンパス(京都市)に設置されました。1965年には衣笠キャンパス、1998年にはびわこ・くさつキャンパス(BKC)への移転を経て、これまで「ビジネスを発見し、ビジネスを創造する経営学」という学部理念に基づき、教学展開を積極的に行ってきました。そこでは、確かな専門性に裏付けられた洞察力と豊かなコミュニケーション能力、そして確固とした倫理観をもって、将来、グローバルに活躍できる人材の育成を目指してきました。2006年には国際経営学科を開設し、留学生との交流や海外留学プログラムなどを通じた教育・研究の国際化を促進しています。

充実した4年間の学び

カリキュラム

1回生から4回生まで経営学の学びを段階的に進めていくとともに、学生が将来の目標を見据えて人間的にも大きく成長していける充実したカリキュラムを設けています。国内・海外で実践的にビジネスを学ぶ機会もあり、理論と実践をバランスよく磨くことができます。

「学びを知る」1回生では「基礎演習」で大学での学び方を学びつつ、経営学の基礎的な科目を履修し、知識や考え方を身につけます。

「学びを広げる」2回生では各学科・コースの専門科目を中心に履修し、インテンシブ・プログラムや留学プログラムなどを通じて各自の興味・関心にもとづき多様な学びに挑戦します。

「学びを深める」3回生では各学科・コースの発展的な専門科目の履修と各自の興味・関心のあるテーマをゼミナールで追究し、学びを理論と実践の両面から深めていきます。

「学びをまとめる」4回生では専門性を高めつつ、ゼミナールでの学びのテーマを絞り、4年間の学びの集大成としての「卒業論文」を作成します。

2015年度4月大阪いばらきキャンパスへの移転と新たな教育展開

大阪いばらきキャンパスイメージ

2015年4月、経営学部は大阪いばらきキャンパスに移転し、新拠点で「グローバル・アントレプレナーシップ教育」をキーワードにアジアと世界をつなぐ教学を展開します。
経営学の知識を活かし、アイデアをビジネスとして形にする人、社会が抱える課題を経営学の観点から解決しようとする人、新しい製品や技術、市場の開拓などに積極的に取り組む人など社会に革新をもらたらす力を備えた人材を育成します。