立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


国際経営学科

留学を経験し、国際ビジネスの現場に触れて学ぶ!

グローバルビジネスで通用する高度な外国語運用能力と国際理解力、経営理論の習得と実践を通じて、グローバリゼーションの進展にともなう障壁を乗り越えられる能力の修得を目指します。そのために、海外留学が強く推奨されており、必要な外国語の学修、海外留学や海外インターンシップに挑戦できる機会、英語で開講される経営学科目が豊富に設けられています。

外国語

外国語

1回生で英語の4技能のスキルを習得したうえで、2回生以降は留学を目指したアカデミック英語と、グローバルビジネスでの活躍を目指したビジネス英語を学修します。
※ 希望者は英語に加えてドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、朝鮮語を学ぶこともできます。

経営学

経営学

経営学分野を幅広く学ぶと同時に、特に多国籍企業の経営に関する知識を深めます。加えて、英語開講の経営学科目では、留学生と一緒に国際的な経営の知識を学修したうえで、それを用いてグローバルビジネスについて発表や討論を行います。

海外留学

海外留学

経営学部独自のプログラムや全学対象の留学プログラムに参加することで、グローバルビジネスで活躍できる異文化理解力や高度な外国語コミュニケーション能力、および国際経営の専門知識を修得し、国境を越えてビジネスの課題を発見し、創造的に問題解決する力を磨きます。

カリキュラム

国際経営学科の単位構造

科目分野 必要単位 備考
教養科目 A群~E群 24以上 大学間単位互換科目を含む
外国語科目 英語コース 30以上 TOEIC/TOEFLスコアにより履修科目に区別があります。
英語+初修外国語コース 36以上
(英語:30以上、
初修:6以上)
・TOEIC/TOEFLスコアにより履修科目に区別があります。
・初修外国語は希望者のみ受講が可能です。
専門科目 60以上 専門科目60単位のうち、自学科科目40単位以上の修得が必要です。
自学科科目
40以上
合計 124以上  

学生インタビュー

吉田 伊吹さん
国際経営学科
2013年度卒業生
京都府
立命館宇治高校出身

語学と経営学の知識を身につけ、世界へ。

 大学では英語、フランス語、スペイン語の3カ国語を履修しました。語学を習得する上で刺激を受けたことは、英語クラスのグループワークや第三言語でのプレゼンテーション、そして留学生との交流です。また、経営学部の留学プログラムBSAⅢで2回生のときにアメリカに留学。その際にインターンシップで現地の会計事務所で働いた経験は、就職活動に大変役立ちました。TOEICRは920点を取得。卒業後は語学力を活かして日本と世界を繋ぐ懸け橋として活躍したいです(航空関連企業に内定)。