立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


経営学部での学び

経営学の理論と実践をバランスよく学べるカリキュラム

  • 4年間の学び

    1回生から4回生まで経営学の学びを段階的に進めていくとともに、学生が将来の目標を見据えて人間的にも大きく成長していける充実したカリキュラムを設けています。国内・海外で実践的にビジネスを学ぶ機会もあり、理論と実践をバランスよく磨くことができます。

  • 小集団教育科目での学び

    大学生活において、ともに学ぶ仲間の存在はとても重要です。1回生時から始まる小集団教育科目は、少人数クラスでグループワークやディスカッションなどに取り組みながら主体的に学ぶ力を鍛えるとともに、支えあい高めあえる仲間づくりの場にもなっています。

  1. 学びを知る

    1回生時からはじまる少人数クラスのゼミ(基礎演習)で、大学での学び方を学びます。経営学の基礎的な科目を履修し、基本的な知識や考え方を身につけます。

    基礎演習大学での学び方の基礎を固める。

    基礎演習では、文献や資料収集・整理、分析、そしてプレゼンテーションするための基本的な知識を習得。年に1回開催する研究報告会で学びの成果を発表します。

  2. 学びを広げる

    各学科・コースの専門科目を中心に履修。インテンシブプログラムや留学プログラムなども履修可能です。各自の興味・関心にもとづき多様な学びに挑戦します。

    プロジェクト研究自ら率先して課題を発見し解決策を
    考える力を磨く。

    設定されたテーマに対して課題解決に臨む「テーマ応募型」と、海外で経営学を学ぶBSAと連動して学びを深める「GBLP」を設置。問題を提起し解決に挑む力を育みます。

  3. 学びを深める

    各学科・コースの発展的な専門科目の履修がスタート。各自の興味・関心のあるテーマをゼミナールで追究し、学びを理論と実践の両面からより深めていきます。

    専門演習Ⅰ・Ⅱ経営学の専門知識を活かし
    より現代的な課題に挑戦。

    専門演習(ゼミナール)ごとに設けられるテーマに沿って文献研究や現地調査などを実践。基礎演習で身につけた学習方法を土台として、学生同士が意見を出し合い、議論を重ねるなかで経営学の理論と知識を深めます。経営学会学生委員会が運営するゼミナール大会にも挑戦します。

    学びをまとめる

    各自の興味・関心に沿ってさらなる専門性を身につけます。また、ゼミナールでの学びのテーマを絞り、4年間の学びの集大成として「卒業論文」を作成します。

    専門演習Ⅲ・Ⅳ・卒業論文専門演習での学びをカタチにする。

    学びの成果を「卒業論文」としてまとめます。大学で習得した知識と経験が凝縮される卒業論文は、学生が自分自身の成長を実感できるものとなるでしょう。

    専門演習Ⅰ・Ⅱ経営学の専門知識を活かし
    より現代的な課題に挑戦。

    専門演習(ゼミナール)ごとに設けられるテーマに沿って文献研究や現地調査などを実践。基礎演習で身につけた学習方法を土台として、学生同士が意見を出し合い、議論を重ねるなかで経営学の理論と知識を深めます。経営学会学生委員会が運営するゼミナール大会にも挑戦します。

    専門演習Ⅲ・Ⅳ・卒業論文専門演習での学びをカタチにする。

    学びの成果を「卒業論文」としてまとめます。大学で習得した知識と経験が凝縮される卒業論文は、学生が自分自身の成長を実感できるものとなるでしょう。

理想の進路を実現

学生がともに学びあうサポート制度

  • 経営学部オリター団

    新入生を学びと生活の両面からサポートする先輩学生をオリターといいます。主に、1回生の基礎演習の授業支援、大学生活のアドバイスなどを行います。

  • TA(Teaching Assistant)
    ES(Educational Supporter)

    授業において、教員や受講生のサポートをする大学院生(TA)、学部学生(ES)。授業をスムーズに進め、受講生の授業理解度の向上に役立っています。

経営学会学生委員会

経営学部の学生団体。「楽しく学ぼう」をコンセプトに、ゼミナール大会や企業見学、講演会などを企画・運営しています。