立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


アジア・中国ビジネスプログラム

アジア・中国のビジネスに精通し
新しいビジネスを創造できる人材を育成

アジア・中国ビジネスプログラムイメージ

著しい経済発展を続ける中国を中心にアジアのビジネスについて学びます。立命館大学での講義に加え、BSAや全学留学プログラムなどを活用して海外で経営学を学ぶ経験を重ねていくことも可能です。短期、長期の留学や海外企業訪問の機会も豊富。国際ビジネスの最前線に飛び込んで活躍できる力を育みます。

海外留学と学内での学びを有機的につなぐプログラム

  • BSAⅠ 中国・韓国

    期間はおよそ1カ月間で、主に1回生の夏期休暇に実施。海外の大学で語学や基礎的な経営学を学びながら現地企業見学などを行います。

    BSAⅠ 中国・韓国イメージ

  • BSAⅡ・Ⅳ 中国・タイ

    期間はおよそ6カ月~1年半で、2回生以降に実施。ビジネススクールや経営学部を有する海外の大学で、専門科目を多言語で理解できる能力を磨きます。

    BSAⅡ・Ⅳ 中国・タイイメージ

  • テクニカル・ビジット 台湾

    2回生時の夏期休暇には、アジアの現地企業での短期研修や現地の大学での学修に取り組む「テクニカル・ビジット」を実施しています。アジアをフィールドに活躍する企業を訪ね、国際ビジネス感覚を磨きます。

  • BSA I 中国・韓国
  • 立命館大学での学び
  • BSA II・III 中国・タイ / テクニカル・ビジット 台湾
  • 立命館大学での学び
立命館大学
での学び

2回生
アジアの産業と市場/プロジェクト研究(留学前教育)/アジア・中国ビジネス特殊講義

3回生
アジア経営論/専門演習Ⅰ/日中ビジネス論/プロジェクト研究(留学後教育)/専門演習Ⅱ

4回生
専門演習Ⅲ・Ⅳ

学生インタビュー

森岡 柚子さん
国際経営学科 4回生
大阪府・追手門学院高校出身

中国語で中国経済について学びながら
現地の企業でインターンシップに挑戦。

入学時から中国に留学に行きたいと考えており、1回生時の夏に「BSAⅠ」で蘇州大学へ、2回生時の冬から1年半は「BSA Ⅳ」で対外経済貿易大学へ留学しました。特に印象に残っているのは、「BSA Ⅳ」の長期留学です。現地では中国語や英語で国際経済や国際貿易について学び、授業の空き時間には広告代理店でのインターンシップにも挑戦しました。現地のお店紹介を取材してフリーペーパーの記事を作成。地元の方たちと一緒に働くなかで語学力も鍛えられ、帰国前には中国語資格の最上級であるHSK6級を取得。こうした経験は、帰国した今も大きな自信になっています。