立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


NEWS

2018/12/14 教育・研究

「English Workshop II」授業にて「Product Experience Day 」開催!

「Product Experience Day」の様子1
「Product Experience Day」の様子2
「Product Experience Day」の様子3
「Product Experience Day」の様子4

124日(火)4限、English Workshop IIの授業にてProduct Experience Day を開催いたしました。

 

日本舞踊の藤間流名取り、藤間勘素櫻として、また、コンテンポラリーダンサーやコレオグラファーとしても活躍されているHeidi S. Durning先生の普段の授業では、日本の古典的なもの、古典的ではあるがコンテンポラリーでもあるものについて、どのように観光客にアピールし、新しいビジネスを開発できるかなどについて、グループワークやプレゼンテーション、レポートの作成などを通じ、留学生と正規学生が共に意見を出し合い学んでいます。

 

この日はProduct Experience Dayと題し、実際に数名の学生(主に留学生)が浴衣を着て、全員で和服を着た際の歩き方や、扇の使い方などを体験しました。扇はただ風を送るための道具ではなく、使い方によっては月や波、杯など、様々なものを表現するツールになるという事を学んだり、また、実際に扇を使って江戸時代の歌舞伎舞踊のリズムを感じたりとアクティブな授業が続きました。授業の後半ではお茶会に招かれたときの基本的な作法を学んだり、折り紙で鶴を折ったりと日本文化を堪能しました。

 

グローバルな時代を生き抜くにはまず自国の事を知る必要がある、との信念の元、正規生18名、交換留学生10名が参加したこの授業では、日本人学生が見よう見まねで留学生にゆかたの着付けをしたり、留学生が日本人学生にベトナム風の折り紙を折って見せたりと、普段の授業では経験できない文化交流を楽しんでいました。


年別アーカイブ