立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


NEWS

2014/09/10 イベント

2014年度 高大連携協定校プログラム アカデミックプログラム スクーリング開催

 8月1日(金)~2日(土)の2日間にわたり、スクーリングを行いました。 協定校10校のプログラム受講生70名および引率教員11名の計81名が参加しました。  1日目には、5月~7月にかけて行われた4回のWeb講義(分野:①会計②アントレプレナーシップ③マネジメント④公認会計士について)の内容を基礎として、 MESE(Management Economic Simulation Exercise*)を活用した ビジネスシミュレーションを実施し、「意思決定には“結果”と“責任”が伴う」 という理解と認識を経て、考える力、意思決定力、他人と違う意見を持つ勇気、 異質の意見に対する寛容性など、社会生活に必要な基本的資質を養いました。 また、大学生や大学院生との交流を通して、大学での学びや生活を知り、 進学への意識付けをしていただきました。  2日目にはオープンキャンパスが同時開催され、プログラム参加者81名には 経営学部企画(学部紹介、模擬講義)に参加していただきました。 学部での学びやカリキュラム、キャンパス移転について等、様々なことを学んでいただきました。  2日間通して、「大学での学びを知り、これからの学習意欲が湧いた」 「大学生活に希望を見出せた」という意見が多く、 非常に意義のある企画となりました。    *公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が提供する高校生向け経営経済シミュレーションソフト。平均5名ずつのチームに分け、各チームを1つの企業として設定します。各チームは仮想上の商品の価格・生産量・販売費・設備投資費・研究開発費をいくらにするか議論を行ない、意思決定した内容をPCに入力。その後、各チームにて出力される業績レポートを分析し、数回の意思決定を行ない、最終時点での業績No.1を競い合います。他チームとの業績比較は、シミュレーションに組み込まれているMPI(格付指標)によって行われます。 

年別アーカイブ