立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


NEWS

2016/02/25 教育・研究

退職記念研究報告会(淺田 孝幸教授)実施

2016223日(火)、大阪いばらきキャンパスC471教室において、経営学部淺田孝幸教授の退職記念研究報告会が開催され、多くの学生、教職員などが聴講しました。

 

報告会に先立ち、主催者である経営学会の近藤委員長より開会の挨拶と淺田先生の経歴・業績についての紹介があり、また経営学部を代表して池田経営学部長より感謝の言葉が述べられました。

報告会では『5つの大学での研究・教育と「その場」を通じての交流の思い出』をテーマに、大学院での5年の研究生活から35年にわたる教員生活の紹介がありました。

大学院時代のすばらしい研究環境の中で出会った二人の恩師の思い出から、それぞれの大学での研究の軌跡、影響を受けた恩師との交流、教え子の活躍、またその間顧問をしていたスキー部の月山での真冬の合宿や、組合の役職者となり研究活動の時間がない中での研究書の出版など、時にユーモアを交えたお話でした。

最後に今後の日本の大学教育について、短期に成果を出すのではなく、知識の提供に終わることのない本質的な部分を掘り下げる教育のあり方が必要であるとの思いを語られました。

お話のあと、学生代表や研究室秘書から花束が贈呈され、盛大な拍手のうちに退職記念研究報告会を終了しました。



年別アーカイブ