立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


NEWS

2018/10/09 教育・研究

経営学部4回生長崎和佳さんが「第29回黒澤賞論文」で奨励作を受賞!

2018623日、東京都のアルカディア市ヶ谷において、一般社団法人日本経営管理協会「第29回黒沢賞論文受賞者表彰式」が開催され、経営学部経営学科4回生の長崎和佳さんがソーシャルビジネスと経済再生の部において奨励作を受賞されました。同財団は、昭和30年創設という歴史と伝統を持ち、経営コンサルタントの能力開発・資格認定・人材育成等の各種事業を通して、中小企業経営者の良きパートナーとして活動する全国組織の学術団体です。黒沢賞論文は、わが国企業会計の発展に尽くされた日本経営管理協会第5代会長黒沢清経営学博士の功績を称えて創設されたものであり、今回長崎さんは所属している劉慶紅教授ゼミでの授業内での呼びかけをきっかけにゼミ生代表として「ソーシャルビジネスと経済再生」というテーマのもと、「ソーシャルビジネスを通じた地方創生「戦略的CSR」から「PPIP」へ」という論文を執筆し、地方創生の課題が深刻になる中、官民連携により企業が地方創生に携わり、社会課題の解決を行なっていくべきであるという考えを主張し、そのためにはどのような形で官民連携を図っていくべきかについて執筆をされました。表彰式に参加した長崎さんは、「受賞の知らせを受けたときは、嬉しかったです。今回の懸賞論文を応募する機会を与えてくださり、熱心にゼミ活動及び論文の指導をしてくださった劉慶紅教授に深く感謝しています。」と述べております。

年別アーカイブ