立命館大学 経営学部

メニュー

文字サイズ


NEWS

2018/10/22 教育・研究

経営学部3回生松原沙耶さん,長谷志穂さんが第13回KUBICで準優勝を受賞!

授賞式の様子1
授賞式の様子2

このたび、2018109日(火)に開催された第13KUBIC(関西大学ビジネスプラン・コンペティション=Kansai University Biz Plan Competition)にて、私たちのビジネスプラン「満席温冷(まんせきおんれい)~座る人の体温に合わせる快適調整オフィスチェアと空調システムの提案~」が企業賞ならびに、最終選考を経て準優勝を受賞いたしました。今回のビジネスプラン・コンペティションに応募する機会を与えてくださり、熱心にプラン作成の指導をして下さった菊盛真衣先生をはじめ、先輩ゼミ生など、応援してくださった全ての方に深く感謝申し上げます。今回私たちは協賛企業である富士通の「AI×働き方改革」というテーマのもと、本プランを作成しました。近年話題のオフィスにおけるエアコンハラスメントに着目し、AIによってオフィスの快適温度を実現することで働き方改革に挑戦するというものです。2段階構成である本プランの第1段階では、快適調整オフィスチェアを販売することを提案しました。チェアに個人の体温を読み取る温感度センサーを取り付け、その体温変化の状態を身体とチェアとの接触面からAIによる完全自動操作で快適温度を実現します。続く第2段階では、第1段階で読み取ったオフィスワーカー全体の体温データに基づいて、フロア全体の快適温度を実現することを提案しました。これにより、快適なオフィス環境を整え、働き方改革を推進し、システム導入企業の無駄なエネルギーを節約するとともに、エコファースト企業としての社会的評価を高めることも可能にすると考えました。ビジネスプラン・コンペティションへの応募は初めてでしたが、2人で何度も協議し思いを込めたプランをこのように評価して頂けたことは、非常に嬉しく思います。学生生活において、とても貴重な経験になりました。今回の受賞を励みに、今後も勉学、ゼミ活動に邁進する所存です。(受賞者コメント)経営学部経営学科3年生 松原沙耶,長谷志穂(KUBICリンク)http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_com/kubic/



年別アーカイブ