教員紹介

  • 東洋史

国際文化学域

軍事から捉え直す近代

小澤 一郎准教授

所属専攻:
ヨーロッパ・イスラーム史専攻
専門分野:
近代西アジア軍事史
一般に「近代」と呼ばれる19世紀から20世紀初頭までの時期に、アジア・アフリカ諸地域で試みられた国家や社会を作り替えるための改革は、往々にして欧米諸国をモデルとする「西洋化」といったような言葉で言い表されます。私の専攻しているイランでもこの時期に軍事面での改革が行われましたが、それは「西洋化」の尺度で見ると「失敗」と評価されかねないようなものでした。ただ、改革の内実を現地の国家や社会のありようと絡めて検討すると、一概にそうとも言い切れない固有の歴史的意味を持っていたことがわかります。このように、単一の尺度では捉えきれない各地域の固有な近代のあり方を想定することで、その延長線上にある現代世界の理解をも刷新することを目指しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

外国史研究は、私たちの住む現代日本とは時代も地域も異なる対象を扱います。様々な物事や価値観に触れることで自分たちの「あたりまえ」を疑ったり、新たなものの見方を身につけたりするという、大学での学びの醍醐味を味わうのに最適な分野です。皆さんと一緒に、そんな知的挑戦に取り組んでいければと思っています。

もっと見る閉じる