教員紹介

  • コミュニケーション障害

人間研究学域

諸支援の視点による人間についての実践と理論的研究
キーワード :
障害児者支援、教育心理学、人間と意識

原 幸一教授

所属専攻:
教育人間学専攻
専門分野:
特別支援教育、心理学(臨床、実験)
主に発達障害、知的障害をもつ方々への個別支援としての臨床、家族支援、臨床・療育・実験的研究を通じた視点からの社会的生物としての人間のあり方についての研究です。特に自閉スペクトラム症の不適応要因は、環境でのその方がもつ感覚処理方法の違いとして理解できます。
「おもしろみ」としては、見る主体によって物事は違う見え方、感じ方をしている ことを理解することが個人や社会のレベルで体験できる研究テーマと考えています。 あらためて「ふつう」とは何かについて悩むことができます。また、関連して心理学、生物学的視点を通じた「意識」についても研究しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

人間に関わる現象は生活のなかで常に動いています。まずは身近なデータをしっかりとらえて観察し、概念とのバランスを考えることをお薦めします。偏った考えや崇拝に取り憑かれないように、自分の穴に陥ることないように自身とは異なる意見や視点を積極的に受け容れ、現実、知識、実践のバランス感覚を提供できると考えています。

もっと見る閉じる

日本文学研究学域

図書館が日本を救う
キーワード :
情報はだれのものか、情報による課題解決、大人のための図書館

常世田 良教授

所属専攻:
日本語情報学専攻
専門分野:
図書館情報学、情報と著作権、図書館建築
我が国は「自己判断自己責任」型社会へ移行しつつあります。自己判断によるリスクを避けるには、正確な情報を確実に入手する必要があります。ネットをやみくもに探すだけで本当に必要な情報は見つかっているのでしょうか。アメリカではネット環境を高度に発展させていますが、一方で公共図書館において情報の専門職が市民の情報収集をサポートし、専門的なビジネス情報や高度な医療情報などを提供発信しています。さらに3Dプリンターなどが導入され、AIやロボットの利用が検討されています。図書館を研究すると、人と情報の関係、情報とまちづくり、市民と行政、情報と自由、デジタル格差、AIとロボットなどたくさんのことが見えてきます。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

図書館はカビ臭いところでも「癒し」の空間でもない。市民の自己実現をサポートし、新しい世界へ導く窓です。社会の変化に対応して世界中の図書館が大変化の時代を迎えています。日本でも3Dプリンターやロボットを導入する図書館が現れています。アメリカの大学院で図書館情報学を学ぶ先輩もいます。図書館の未来を一緒に研究しましょう。

もっと見る閉じる

言語コミュニケーション学域

漫才対話から学ぶ、コミュニケーションの新たな視点
キーワード :
漫才対話、オープンコミュニケーション、言語・非言語コミュニケーション

岡本 雅史教授

所属専攻:
コミュニケーション表現専攻
専門分野:
コミュニケーション研究、認知言語学
皆さんはテレビで「漫才」を観たことがあるでしょう。舞台で2人がただ話しているだけなのに、それを観て観客は楽しそうに笑っています。こうした漫才の面白さについては様々な研究がなされていますが、私は漫才が「コミュニケーションを見せるコミュニケーション」であるという点に着目し、これを《オープンコミュニケーション》と名付けました。すると、日常でさり気なく他者を意識しながら会話する人たちのコミュニケーションスキルや、逆に「空気が読めない」と言われる人たちの生きている現実(リアリティ)などが高い解像度で浮かび上がってきました。皆さんにも是非そうした新しいコミュニケーションの見方を体得して頂きたいと思います。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

皆さんの中には大学での学びが社会に出たときに本当に役立つのか不安に思う人もいるかも知れません。言語コミュニケーション学域では、プレゼン・面接・接客・演劇・スポーツなど、実社会の多様な《やりとり》の研究を通じて、自己と他者との《かかわり》を再発見し、深めることができます。是非この学域の学びを実社会で大いに活用して下さい。

もっと見る閉じる