沿革

アジア・日本研究所 沿革

2015年12月立命館アジア・日本研究機構設置
アジア・日本研究所設置
2016年3月アジア・日本研究推進プログラム開始
2016年7月アジア・日本研究推進プログラム4プロジェクト採択、研究開始
2016年9月ANU-RU Visiting Researcher'sプログラム開始
2017年2月23日(木)、24日(金)国際カンファレンス開催
立命館アジア・日本研究機構、OIC総合研究機構の共催
国際カンファレンス「アジアの都市・地域研究の課題と展望」
2017年4月アジア・日本研究推進プログラム5プロジェクト採択、研究開始
2018年2月コーネル大学とのプレキックオフミーティング
2018年3月初の海外シンポジウムを、インドネシア・マラン市にて開催:
A Joint Conference of Brawijaya University & Ritsumeikan University:
The 9th International Conference on Global Resource Conservation
2018年4月アジア・日本研究推進プログラム3プロジェクト採択、研究開始
Meridian 180へ参画
2018年6月米国・コーネル大学との協力協定締結
2018年7月英語論文執筆サポートプログラム開始
2019年3月米国・ノースウェスタン大学との協力協定締結
アジア・日本研究推進プログラム4プロジェクト、終了
2019年3~4月国際オンラインフォーラム Meridian180で、初のフォーラム主宰:Smart and Shrinking Cities
2019年4月キャリアパス形成力開発支援プログラム(通称「キャリア・コリドー」)開始
AJI研究最前線セミナー開始(毎月1回の開催)。
2019年6月研究所重点研究プログラム、採択される。
2019年7月英文学術誌『Journal of the Asia-Japan Research Institute of Ritsumeikan University』創刊。
英語論文執筆サポートプログラム、第2年目開始(~2019年12月)。
2019年10月第1回「アジア的文明・発展経路」国際コロキアム、プトラジャヤ(マレーシア)で開催
2019年11月オンライン英文学術誌『Asia-Japan Research Academic Bulletin』創刊。投稿を随時受け付け、査読が終わり次第に掲載する方式を採る。
2020年2月国際シンポジウム「Asia and Japan: Perspectives of History」大阪いばらきキャンパスで開催。
2020年3~4月国際多言語オンラインフォーラム Meridian180で、2回目のフォーラム主宰:Gerontology and Social Technology。
2020年4月AJI学際セミナー開始(毎月1回の開催)。
2020年5月オンライン版『アジアと日本は、今:研究者エッセイ』シリーズ開始。