ニュース

educationのニュース

2018.01.10 education

2018/1/5 産経新聞社の佐野慎輔氏にご講演いただきました。


2020年には東京でオリンピック、パラリンピックが開催されますが、オリンピックを巡っては、開催候補地の立候補辞退や開催費用の巨額化など、肯定的ではない事態がみられます。そもそも今日、そうした問題はなぜ生じているのか。講義では、ピエール・ド・クーベルタンが提唱した1896年、アテネでの第1回近代オリンピックに遡り、オリンピックの理念、その具体化、これまでの歩み、これまでに生じた問題、乗り越えてきた危機などを紐解きながら、今、何が問題なのかが明らかにされました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを巡っても様々な問題が生起していますが、それらにどう向き合い、世界にとって、開催都市にとって、意味のあるものにするのかについての問題提起も行われ、それは、様々な問題を抱える今日の社会に期待されるスポーツの価値を示すものとなりました。受講生たちは、あらためてオリンピックについて考えることにより、社会におけるスポーツの果たす役割、貢献とは何かを深く考えることとなりました。

佐野慎輔さん、ありがとうございました。

続きを読む

2018.01.10 education

2017/12/15 北海道日本ハムファイターズ チーム統括本部 GM補佐兼ベースボールオペレーション部部長、遠藤良平さん講義していただきました。


北海道日本ハムファイターズ チーム統括本部 GM補佐兼ベースボールオペレーション部部長、遠藤良平さんの講義では冒頭、プロ野球ゲームの後のヒーローインタビューでよく聞かれる締めの言葉、「応援よろしくお願いします!」のシーンを集めた選手たちの映像が流され、受講生に「この言葉にあなたはどう思いますか?」という、遠藤さんの問いかけから始まりました。お願いする営業は長続きしない。プロ野球チームが地元に無くても生活に困ることはない。どうすれば地域・コミュニティのみなさんから求められ、応援されるチームになることができるのか・・・ 2004年にフランチャイズを北海道に移転した北海道日本ハムファイターズの様々な取り組みは、北海道の活性化に貢献し、北海道民のみなさんから愛され求められるチームになるための営みであったことが明らかになりました。講義は受講生への問いかけ、受講生からの回答を繰り返し、みんなで考えながら進みました。受講生たちの感想文を読むと、彼らはまさに「目から鱗が落ちる」思いであったようで、映画の大作を観終えた後のような爽快で心地いい疲れを感じたというものもありました。

遠藤さん、学生たちのために遠方からお越しいただき、ありがとうございました。

続きを読む

2017.12.25 education

2017/12/23 武庫川女子大学健康・スポーツ科学部の松本裕史先生にご講演いただきました。


 健康運動指導士の指導において大切は行動変容に関するお話しを今回 健康増進科学の授業で武庫川女子大学健康・スポーツ科学部の松本裕史先生に行っていただきました。

 この分野の先端的な研究・実践をされている先生ですので、ABC理論、SMARTの法則、WOOPの法則の理論的部分と、特定保健指導を受けている人たちへのアプローチについてお話しをいただきました。

 受講生の皆さんは、これまでの自分の行動変容の困難さを考える良い機会になったと思います。


続きを読む

2017.12.18 education

2017/12/15 スポーツ指導実習A(サッカー)において、名古屋グランパスヘッドコーチの森一哉コーチにご講演いただきました。


2017年12月15日(金)3限及び4限に、スポーツ健康科学部のコーチング実習科目である「スポーツ指導実習A(サッカー)」において、名古屋グランパスヘッドコーチである森一哉コーチをゲストスピーカーとして招聘し、「ジュニア期からトップアスリート期までのサッカー指導において配慮すること」として、講演をいただきました。

森コーチは、慶應義塾大学卒業後、Jリーグ選手としてプレーされた後、川崎フロンターレスクールコーチとして指導者のキャリアををスタートされました。その後、U-13、U-14、U-15 のコーチ・監督として活躍され、2014年よりは、川崎フロンターレトップチームコーチとして、ジュニアからトップまで非常に幅広いの選手の指導を行ってこられました。現在ご指導されている名古屋グランパスでは、ヘッドコーチとして就任1年でチームをJ1復帰へ導くなど、選手、監督、コーチらと一体となって、活躍されています。

講演では、ご自身の指導者としてのキャリアを振り返られ、キッズ、ジュニアユース、ユースと多様な年齢層の選手をご指導されてきたご経験から、それぞれどのようなことに配慮して指導されているのかについて、具体的事例も紹介しながら、お話いただきました。その上で、どの年代においても、選手それぞれの「個」を強くすることが「チーム」を伸ばしていくことに繋がるといったことや、教えすぎるのではなく、あくまでも選手自らが思考力を身につける指導を心がけていることを何よりも大切にされているということをお話しいただきました。さらには、トップアスリート期の選手には、高い難度の戦術をこなすには、その基礎となる技術(ボールを止める技術)について、その完成度にこだわり習得する必要があるということについて、実際のJリーグでのプレーシーンの動画の解説及び、実際に体を動かしながらの実技指導を交えながら熱心にご説明いただきました。受講生の学生からは、「指導について深く考えることができた。これからサッカーの指導に携わった時は、今日の話を思い出したい。」などの意見・感想が多数寄せられ、将来の指導者として必要なことを教えていただき、有意義な授業となりました。

続きを読む

2017.12.15 education

2017/12/06 「運動処方特論」の授業において、国立長寿医療研究センター循環器内科の平敷安希博先生に「循環器内科医からスポーツ健康科学研究科の大学院生に伝えたいこと」についてご講演頂きました。


今回の授業では、はじめに肥満、高血圧、高脂血症をテーマに、一般の認識と最近の医学研究とのギャップについて話していただきました。これらの生活習慣病は、一般的には悪いものととらえられていますが、最近の研究報告から読み解くと、必ずしも悪いものではない、いわゆるパラドックス現象が認められています。たとえば、肥満は生活習慣病発症リスクの1つですが、高齢になると逆転現象が起き、痩せているほど短命で太っているほど長生きするという、肥満パラドックスが見られます。生活習慣病リスクに対する考え方も変わってきているようですね。後半は、父親など親族の人の生活習慣病発症リスク因子について挙げてもらい、その対策についてグループディスカッションを行いました。意外にも、多くのリスクを抱えている父親が多く、運動や食事対策について平敷先生のアドバイスとともに大いに盛り上がりました。大学院生の健康づくり対策についての見識も深まったのではないかと思います。

平敷先生ありがとうございました。

続きを読む

2017.12.15 education

2017/12/13 財団法人 近畿健康管理センター 木村 隆先生に産業保健と健康管理についてご講演いただきました。


産業現場での健康管理について講義して頂きました。
その内容は、「産業医、衛生管理者を含めて、労働者の衛生管理を徹底する必要がある。労働安全衛生法、労働基準法の巡視が重要である。作業環境管理、作業管理があるが、最も優先されるのは作業環境管理である。」とお話され、実際の工場のスライドなど極めて実際的でした

先生は、下記のように内容をまとめて、お話いただきました。
1. 産業保健に関わる法律には、労働安全衛生法がある。
2. 産業保健に関わる法律には、雇用契約法があるがアルバイトにも適応され、労働条件通知書は発行される。
3. 作業環境管理、作業管理のうち、最も優先されるのは、環境測定などの作業環境管理である。
4. 各企業には安全衛生委員会が設置され、労働者、労働組合の代表は参加する。
5. 労働安全及び衛生教育が重要である。
6. データの分析に基づいてPDCAサイクルで効果的効率的に実施するための事業計画が労働衛生上重要である。


木村先生、ありがとうございました。




続きを読む

2017.12.14 education

2017/12/7 毎日新聞 大津支局長 濱 弘明氏に媒体での情報収集・情報発信に関する講義をしていただきました。


毎日新聞の支局長としての目線から、「モリカケ報道とジャーナリズム」「科学されないスポーツ」「食育は永遠のニュース」という3つのチャプターに沿った講義が行われました。マスコミ各社の論調の違いや、セイバーメトリクス(統計学的に分析し戦略を考える方法)が実施されない野球についての報道関係者としての意見を述べられ、様々なマスコミの情報を集めて、それに自分の知識を加えた上で、物事の良し悪しを判断していかなければならないことを学生に伝えていただきました。

また、海老教授の媒体等を使った情報発信力を例に挙げ、学生にも自分からどんどん発信(アピール)して世の中を変えていってほしいと話されました。講義後の質疑応答では、学生から「新聞記事のデジタル化についてどう考えているか」という質問が挙がり、日本の新聞産業は紙媒体として作ってから配るまでになっているが宅配制度は日本だけで、近年は記事のネット配信技術も進んできているとお答えいただきました。

続きを読む

2017.12.13 education

2017年度後期 奨学金給付証書授与式を実施しました


20171212()2017年度後期立命館大学西園寺育英奨学金(成績優秀者枠)及び+R Challenge奨学金給付証書授与式を開催しました。スポーツ健康科学部では、今年度前期は、西園寺育英奨学金12名(13回生)、+R Challenge奨学金6名(1回生)の計18名が奨学生として表彰されました。


授与式では、給付証書の授与に加え、回生を交えたグループ懇談にて、【今までに取り組んできたこと】、【これから実践したいこと】、【将来の目標】などをテーマに語り合い、1人ずつ決意表明を行ってもらいました。各学生とも力強い、頼もしいスピーチで、奨学生同士、お互い刺激を与え合うことができました。

学部生のロールモデルとして、奨学生の皆さんのますますの活躍を期待します。


 

なお、学部Facebookページにて、奨学生が、自身の学びやチャレンジの内容、日々感じていることなどを綴っているブログ記事も掲載していますので、是非ご覧ください(現在は前期受給者のブログを配信中です)!

https://www.facebook.com/rits.spoken/


また、+R Challenge奨学金受給者については、20185月に報告会を実施する予定です。奨学生の活躍を励みに、是非皆さんも次年度の受給を目指して頑張ってください。

 

■奨学生の決意表明一覧

「感謝と努力 自分らしく」、「取捨選択」、「文武両道」、「子どもと共に成長できる体育教師」、「トライアスロンの発展」、「世界基準を日本の『現場』へ」、「?」、「今の自分を越える」、「視野を広げる」、「とにかく挑戦する」、「何事にも全力で」、「常に高みへ」、「幅広い知識と発展」、「将来について真剣に考える」、「根性」、「高校保健体育教員」、「研究内容を深める」

※奨学生全員の決意表明は、立命館大学びわこくさつキャンパス インテグレーションコア 2階に掲示予定です。

 

「立命館大学西園寺育英奨学金(成績優秀者枠)」

学部での正課の学習において努力し、優れた成績を修め学生を「学びの立命館モデル」の趣旨にそって褒賞し、周囲の学生の学びと成長の模範となることを奨励することを目的とした奨学金制度

「立命館大学+R Challenge奨学金」

学部において正課の成績が良好であり、学部の専門学習、全学共通教育(教職教育・教養教育・外国語教育など)、留学や国際的な学習を通して、問題意識を持ち、それを発展させて学習テーマを追求しようとする学生の学習プロセスを支援することにより、周囲の学生の学びと成長の模範となることを奨励することを目的とした奨学金制度


続きを読む

2017.12.05 education

2017/11/24 オリックス野球クラブの山本康司さんにご講演いただきました。


11月24日の基礎経営学は、オリックスバファローズを運営するオリックス野球クラブの山本康司さんによる特別講義でした。

山本さんは、チケッティングとファンクラブグループを統括されています。山本さんの講義では、マーケティングの基本的な考え方を通じて、プロスポーツビジネスが特別ではなく、他のビジネスとその基本は共通であることを示し、その上で、オリックスバファローズの具体的なビジネス展開について語ってくださいました。講義の後、受講生からの質問にも丁寧に答えていただきました。

山本さん、ありがとうございました。

続きを読む

2017.11.29 education

2017/11/22 京都女子大学名誉教授 中井 誠一先生に熱中症の歴史についてご講演いただきました。


 熱中症の定義、及び最近の傾向について講義していただきました。最近は上昇傾向にあるが、黒球乾湿球温度計が35度以上のときに熱中症警報を出す根拠についてお話いただきました。

 熱中症の場所は、産業職場、公園スポーツ施設で多く、2020年東京オリンピックの熱中症対策が懸念されることや、熱中症の歴史について、三浦の労働衛生史を中心に炭鉱での熱中症の発生の事実と水分補給の情報が戦前から言われていたことが判明したこと、熱中症発生の際には補水対策が必要であるとご講演いただきました。


/file.jsp?id=358724

続きを読む

2017.09.11 education

生理学研究所の定藤 規弘 教授による集中講義が実施されました。


 9/4 () -9/7 () に、生理学研究所の定藤 規弘 教授による集中講義 (先端スポーツ健康科学特論 II) が実施されました。定藤教授は、PET (陽電子放射断層撮影法) fMRI (機能的核磁気共鳴法) を用いた神経科学・脳科学研究で世界的に著名な研究者です。


研究分野は、「脳内における点字の認識」、「複雑な手運動の脳内機構の解明」、「寄付行為の認知的基盤」など多岐に渡っています。その研究成果は、
Nature を始め、これまで数多くの雑誌 (総引用数 2万以上) に掲載されています。今回の集中講義では、運動制御に始まり、脳の可塑性、社会的認知に至るまで、サル・類人猿・人間でどのような行動が見られるかとその脳内における神経基盤について、PET fMRIを用いた研究を紹介しながら幅広く講義がなされました。


続きを読む

2017.08.04 education

日本におけるスポーツ選手の安全管理の課題と実態」及び「GATプログラム」をテーマとしたプレスセミナーを開催


昨今、スポーツの現場での安全管理やアスリートへの包括的なサポート、そしてそれらを通してチームの勝利に重要な役割を果たす、ATCCertified Athletic Trainer)の役割が日本でも益々注目されてきています。アメリカの国家資格であるATCは、プロスポーツ選手から一般の人々を対象に、活動(運動)中に起こる外傷の救急措置、傷害や疫病の予防・認知・評価、リハビリテーションなどに関わる専門職であり、理学療法士や看護師等と同じ準医療従事者です。

立命館大学スポーツ健康科学部では、「グローバル・アスレティックトレーナー(GAT)プログラム」というプログラムを通じて、ATCの育成に力を入れています。

 

そうした中で、201783日(木)、立命館東京キャンパスにて、「日本におけるスポーツ選手の安全管理の課題と実態」をテーマに、選手を支えるATCの重要性や、その育成について考える、メディア向けのセミナーを開催しました。


 

まず、伊坂学部長より、日本版NCAA構想においても根幹の課題となる、スポーツの現場における安全管理の徹底の重要性と、それを担える人材の育成が急務であること、そして実際に立命館大学がその人材育成に取り組んできた過程についての紹介がありました。

続いて、元女子7人制ラグビー日本代表チーム(サクラセブンズ)トレーナーで現在同チームのコンディショニングコーディネーターとして怪我人復帰のサポートを行っている平井晴子氏より、怪我の予防・危機管理や応急処置、リハビリテーションなどのATCの役割について、脳震盪などを例に挙げながら、その発生度合いや初期対応の重要性及び方法などについて解説があり、理解が深められました。

 最後に祐伯准教授より、GATプログラムについて詳細な説明がなされました。同プログラムは、立命館大学の学士号と、米・ペンシルバニア州立のEast Stroudsburg University(以下、ESU)の修士号を取得し、ATCの受験資格を得ることができるよう設計されています。立命館大学での修得科目がESU大学院進学の先修要件として認められることなどから、通常個人で留学するよりも経費及び期間を軽減することが可能であることが大きな特長です。


 

15社以上の媒体から参加頂き、セミナー後の質疑応答も活発に行われ、盛況のうちに終了しました。

 

以下をはじめ、多くのツールにて記事がアップされていますので、是非ご覧ください。

 

「立命館大、アスレティックトレーナー育成のための留学プログラムを展開」

http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/04/gat/

「ラグビー女子日本代表トレーナーが説く 「最も近くで選手を支える」ATCの重要性」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00010008-theanswer-spo

<参考>グローバル・アスレティックトレーナー(GAT)プログラム詳細

http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=346779


続きを読む

2017.08.02 education

アドバンスト・コーチング(実習)プログラム【ACP】前期報告会を実施しました


2012年度よりスポーツ健康科学部では、ACP(アドバンスト・コーチング(実習)プログラム)という独自のプログラムを実施しています。このプログラムでは、自身の指導力を高めたい学生が、教養科目「スポーツ方法実習」の授業に実習生として参加し、授業運営のサポートを行います。

教員から1対1で指導法について学び、学部や回生の異なる多くの学生に対して指導を行うことで、実習生の指導力が飛躍的に向上します。また、将来教員を目指す学生は教育実習前の実践の場としても活用しています。

2017年度前期には4名の学生が実習生として参加し、727日(木)、31日(月)に前期報告会を実施しました。

実習生たちは、15回の授業のうち1回~複数回分の指導案を立て、実施する中で、実践を見据えた練習の難易度の設定の難しさ(ソフトボール)や、競技に必要な動きを修得するための動画等ツールの使い方の工夫の有用性(バドミントン)など、具体的な指導経験を通して、理論や洞察と実践の繋がり、あるいは違いについて深く学んでいました。また、特に多くの実習生により報告されていたのが、受講生とのコミュニケーションや個々の学生に合わせた指導のスタンスについてです。当該競技への習熟度や関心の度合い、個性等が多様な中で、どのようなコミュニケーションや指導が最も有効なのか、という点について考察を深めていました。


そして、各「スポーツ方法実習」受講生に対するアンケート結果にも、ACP実習生の活動が授業の発展や受講生の学びに貢献していたとの評価が表れており、受講生の学びにも資する活動ができたといえると思います。

指導下さった先生方からも激励のコメントを頂き、実習生にとって非常に貴重な機会となりました。


2017年度後期についても追加募集しますので、是非関心のある皆さんの応募をお待ちしています。


続きを読む

2017.07.21 education

2017年7月13日のキャリア形成科目「スポーツ健康科学セミナーⅡ」において、京都府立北嵯峨高等学校保健体育教諭の西純平先生にお越しいただき、「保健体育科教員として働く」というテーマでご講演いただきました。


スポーツ健康科学研究科修了生の西先生は、自己紹介の中で産業社会学部の4回生の時に京都府の採用試験に合格し、大学院進学にともなう教員採用の猶予制度を活用して、大学院で研究を進めた後に、修了後、京都府下の高等学校に着任されました。まず、西先生は、保健体育科教員の仕事が多岐に渡っていることを述べられ、「分掌業務」として、教務以外に、生活指導、進路指導の3つの柱があることを説明され、その上で、「課外活動の指導」があると述べられました。本学部の学生のみならず、体育系大学やスポーツ健康科学系の学部に在籍する学生の中で、保健体育科の教員をめざす学生の大きな目標が「部活動」の指導にある中で、あくまでも保健体育科の教員である前に、中学校、もしくは、高等学校の「教諭」であるという自覚を忘れないでほしいということを強調して伝えられました。その上で、保健体育科教員に求められる役割の1つとして、「集団行動」があると述べられました。保健体育科教員は、集団行動を通じて、生徒の規律・規範の指導や心と身体のつながりを、自分だけでなく、他の仲間とともに動きながら感じることができること、また保健体育科という教科の特性として、大人数に対する一斉指導をする機会が与えられるため、学校の特色などを生徒に伝え、感じさせることができると述べられました。そして、生徒とのかかわりから生徒が成長する姿を見届け、見守ることができるだけでなく、生徒とのかかわりから教員自らが成長していくことを実感できることが、教員の最大の魅力であり、やりがいであると述べられました。

次に、教員採用試験について、自らの体験に基づきながら、学生に試験に臨むにあたっての心構えを説明されました。採用試験に臨むにあたっては、これまでの自分のライフスタイルを振り返り、生活のリズムをつかみながら、綿密な計画を立てることが重要だと述べられました。中でも、がむしゃらに物事に取り組むだけでなく、一つひとつのことを丁寧に振り返りながら、内省をする習慣をつけることが最も重要だと述べられました。試験勉強は、できる限り本番に近いような設定で取り組み、問題集を何度も何度も繰り返しときながら、できるという感覚をつかむこと、また小論文の作成にしても、作成する文章のクオリティを上げるために、集団討論の練習を繰り返し、多様な意見をインプットした上で、それらの内容をまとめ、自分の引き出しを増やすような工夫が必要だと述べられました。特に採用試験に臨む学生が見落としがちなのは、受験しようとする都道府県、または市町村の総合計画や教育基本計画に対する理解だと指摘されました。面接などで教育方針などに関する質問をされた際には、各都道府県が重視する教育政策や力点を押さえながら、自らの言葉に置き換えながら、述べなければ、面接官に想いとその想いを裏づける背景への理解が伝わらないと述べられました。また「自分×スポーツ×教育」という軸で、自分の特性やウリを伝えられるような工夫が必要だと述べられました。そのような組み合わせによる関係性を様々なパターンで述べられるように、自分のこと、スポーツのこと、そして教育のことを深く理解する必要があると熱弁を振るわれました。

西先生も学生生活や教員生活で、様々な挫折を体験したとのことでしたが、その際には、大学院時代の恩師から教えられた「遇に踊らず、不遇に腐らず」という言葉を胸に、うまくいっているときには、舞い上がらずに、またうまくいっていないときにも、焦らず、騒がず、嘆かず、腐らず…という想いを持って物事に臨んでいるとおっしゃりました。この言葉は、荀子の「遇と不遇は時なり」という故事成語をわかりやすく説明されたものと思われます。

さすが岡本先生!


続きを読む

2017.07.11 education

奨学金給付証書授与式を実施しました


2017
74()2017年度立命館大学西園寺育英奨学金(成績優秀者枠)及び+R Challenge奨学金給付証書授与式を開催しました。スポーツ健康科学部では、今年度前期は、西園寺育英奨学金12名、+R Challenge奨学金4名の計16名が奨学生として表彰されました。

授与式ではまず、伊坂学部長から祝辞が送られ、給付証書の授与が行われた後、回生を交えたグループ懇談にて、【今までに取り組んできたこと】、【これから実践したいこと】、【将来の目標】などをテーマに語り合い、お互いに今後の学生生活に向けたアドバイスを送りあうなどして、奨学生としての意識を高めていきました。最後には画用紙に決意表明を書き込み、1人ずつスピーチを行ってもらいました。

学部生のロールモデルとして、奨学生の皆さんのますますの活躍を期待します。

 

後期にも選考があります。西園寺育英奨学金については、2017年度前期の成績を選考の対象としますので、在学生の皆さんは、試験等も含めて前期最後まで頑張ってください。また、+R Challenge奨学金については1回生を対象としています。多くの皆さんの申請をお待ちしています。

今後、当日の様子、そして9月以降奨学生によるリレー記事をスポ健のFacebookにアップしてきますので、是非ご覧ください。

https://www.facebook.com/rits.spoken/

     

■奨学生の決意表明一覧

「目の前のことを全力で」、「何ごとにも全力で」、「超える力」、「にならない」、「まず行動」「深み」、「先駆者」、「将来に向けて今できることを」、「There is no perfect road no right road to take. On our own, we must make our own road which is right for us.」、「Athletic Training +栄養=笑顔」、「もう一度スポーツができる楽しみを」、「常に高みへ」、「カヌーをさらに極める」、「夢をみつける」、「チャレンジし続ける」、「徹底的にやる」

※奨学生全員の決意表明は、立命館大学びわこくさつキャンパス インテグレーションコア 2階に掲示予定です。


「立命館大学西園寺育英奨学金(成績優秀者枠)」

学部での正課の学習において努力し、優れた成績を修め学生を「学びの立命館モデル」の趣旨にそって褒賞し、周囲の学生の学びと成長の模範となることを奨励することを目的とした奨学金制度

「立命館大学+R Challenge奨学金」

学部において正課の成績が良好であり、学部の専門学習、全学共通教育(教職教育・教養教育・外国語教育など)、留学や国際的な学習を通して、問題意識を持ち、それを発展させて学習テーマを追求しようとする学生の学習プロセスを支援することにより、周囲の学生の学びと成長の模範となることを奨励することを目的とした奨学金制度


続きを読む

2017.07.03 education

2017/6/29/のキャリア形成科目「スポーツ健康科学セミナーⅡ」において、アディダスジャパン株式会社ブランドアクティベーション・CSRマネージャーの番場三千世氏にお越しいただき、「スポーツメーカーのブランド」というテーマでご講演いただきました。


番場氏は、「スポーツは○○だ」という肯定的な言葉を100個あげて下さいと学生に問いかけ、レジュメの裏側に1分間で書けるだけの言葉を書いて下さいと言われました。残念ながら、受講生の中で、1分間で20個の言葉を書き記せた学生は1人もいなかったのですが、番場さんは、冒頭に学生に対して、スポーツに対する想いやスポーツの価値を表現するイマジネーションが重要であることを伝えられました。そして、大学を卒業するまでには、1分間で100個の言葉が書けるようになってほしいといわれました。

番場氏のお話は、アディダスの創業時から現在までのブランドヒストリーから始まりました。アディダスがなぜ、「3本線」なのかということは、技術者であり、創業者であるアドルフ・ダスラー氏が「アスリートの意見に耳を傾ける」というものづくりに対するこだわりから導かれた結果ということを知り、学生は目からうろこが落ちたような表情で番場氏の話に耳を傾けていました。またアスリートのハイパフォーマンスの追求、幅広いスポーツ分野への対応、スポーツシーンとは異なる大衆のライフスタイルウェアの提案など、顧客に何を提案し、どのようなものを届けるのかによって、ロゴマークやブランドを区別していると説明されました。またこのようなメーカーのブランディングは、重要な企業の「戦略」であると述べられ、その戦略を規定するのは、企業のミッションとそれを遂行する「組織の構造」であると述べられました。またアディダスという企業には、「コミュニケーション力」「創造力」「柔軟性」「実行力」「スピード」「リーダーシップ」「英語力」を持ち備えた人が集まっており、その上で「スポーツが好き」という風土があるということでした。

番場氏の重要な仕事の1つが、「CSRCorporate Social Responsibility)活動」であり、番場氏は、企業がCSRに手掛ける際には、2つのパターンがあると述べられました。1つは、自社が手掛ける事業領域の延長線上にある活動、つまり、本業としてのノウハウが活かせるため、効率的であり、自社の価値を直接高められる活動であると述べられました。例えば、飲料メーカーが製品をスポーツチームなどに提供する場合がそれに当たると説明されました。もう1つは、自社が手掛ける事業を補う活動であり、自社の事業とはオポジットなメッセージを届けることにより、利益の還元、イメージの改善を図り、自社の価値を間接的に高める活動であると述べられました。たばこ産業が健康増進事業や医薬品事業に寄付や支援をすることが、その一例だと述べられました。番場氏は、東日本大震災における復興支援活動の事例などをあげながら、アディダスにしかできない復興支援活動として、「スポーツができる条件」を整えるために、プレイヤーの育成、指導者の育成、場所の整備、そしてモチベーションのアップという4つの支援活動からアディダスのCSR活動について説明されました。中でも、「支援は、自立への手助け」であり、CSR活動は、単なる美辞麗句ではなく、企業価値を高め、企業を存続させるための戦略であると述べられ、企業が持続可能な存在となるからこそ、CSRに手掛けられるのだと述べられました。

全てが魅了されるようなお話しだったのですが、最も印象的だったのは、アディダスの社是でした。我々にとって有名なのは、ブランドのキャッチフレーズでもある“Impossible is nothing”ですが、社員間で共有されている価値観は、「スポーツを通して、私たちは、人々の人生を変える力がある」というものでした。番場氏の話を聞いていた受講生はもとより、スポーツ健康科学部の全ての学生は、この言葉をどのように受け止めるか、そしてこの言葉からどんなことを想像し、何を創造するために、何を実行するのか、それを考えてもらいたいと思いました。

 

番場氏を紹介して下さったのは、本学公務研究科教授の久保田先生でした。久保田先生には、スポーツ健康科学セミナーⅡで「公務員の仕事」について、特別講義をしていただきましたが、内閣府政策統括官、陸前高田市の副市長を歴任している久保田先生が東日本大震災後に復興支援活動に手掛けられていた番場氏と陸前高田市で出逢われ、ともに仕事をされたことがご縁で、今回の特別講義へとつながりました。久保田先生、貴重なご縁をつないで頂き、本当にありがとうございました。

 


続きを読む

2017.06.21 education

2017/6/15のキャリア形成科目「スポーツ健康科学セミナーⅡ」において、株式会社ルネサンス執行役員の澁谷弘衛氏にお越しいただき、「民間フィットネスクラブにおける仕事」というテーマでご講演いただきました。


澁谷氏は、フィットネス業界や業界を取り巻く社会の動向について触れながら、アメリカのフィットネスクラブ人口が15%を超えるのに対し、わが国が3%程度に留まっている理由と潜在可能性があることを説明されました。中でも、長寿社会と言われるものの、平均寿命と健康授業の格差が広がり、とりわけ、生活習慣病によってもたらされるロコモティブシンドローム、さらには精神疾患の罹患率の上昇を考慮し、民間フィットネスクラブの果たす役割が単なる身体的な健康だけに留まらないという状況についても説明されました。

また民間フィットネスクラブの事業領域が単なるフィットネス事業としてではなく、医療費の高騰を背景とした企業の健康経営や自治体の健康増進、またシニアを対象にしたコミュニティ形成や介護予防事業、女性に特化した専門化プログラムの提供、そして指定管理をはじめとした施設経営や異業種とのコラボレーションなど、より一層拡張している様子について、説明されました。中でもルネサンスは、ベトナムへの海外事業を展開しており、グローバルマーケットへの進出もめざましい一方で、この海外進出には、企業理念と事業展開に明確な大義があり、「川が多い都市において、大雨にともなう河川の氾濫による溺死者が多く、このような状況を改善したい」というミッションを掲げ、スイミングの指導に力を入れて、インドネシア国民の泳力改善に資する事業に手掛けているということでした。つまり、民間フィットネスクラブは、単に健康を人々に届けるだけでなく、健康や健康にまつわる様々な知識やスキルの獲得が、社会的課題の解決にもつながる意義深い仕事であると述べられました。

澁谷氏は、最後に、「人に“ありがとう”といわれる仕事に就いてほしい、人に感謝される仕事に手掛けてほしい」というメッセージを学生に残されました。それは、「生きがい創造企業」を経営理念として掲げるルネサンスの社員として、また同様の専門領域を学んだ先輩としてのメッセージも込められていたように思います。

 


続きを読む

2017.06.21 education

2017/6/14の「スポーツマネジメント論」において、リムレット株式会社マネージャーの森田鉄兵氏にお越しいただき、「広告代理店におけるスポンサーシップビジネスの実態」というテーマでご講演いただきました。


森田氏は、大手広告代理店に勤務されていた体験に基づき、「広告代理店の基本的な仕事」や「広告代理店におけるスポーツビジネス」、さらには、「スポンサーシップの新しいトレンド」という流れで、多くの事例を提示しながら、わかりやすく学生に講義して下さいました。

中でもリーマンショック以後、企業における広告費の減少やインターネットの普及にともない、様々な企業が広告代理店を媒介せずに、直接、生活者とつながりを持てる時代において、広告代理店は新しい役割やビジネスモデルを構築することの必要性があることを説明されました。また広告代理店におけるスポーツビジネスの根幹は、様々な「権利」を取り扱い、「マネタイズ」するため、企業間の取引をスムーズにし、両者にとって有益な価値がもたらされるようにすることが広告代理店の仕事であり、それを成立させることが広告代理店にとって重要な仕事であると説明されました。さらには、スポンサーシップが、単に「メディア露出」を優先していた時代から、「企業の課題解決」に資するビジネス、そして「社会的課題の解決」につながるビジネスに進化を遂げていることなど、映像などを用いながら、丁寧に説明して下さいました。

本学部教授の種子田先生も授業に参加して下さり、補足説明や解説もして下さったので、学生は、森田氏の授業に耳を傾けただけでなく、講義後にも活発に質問する様子がうかがえました。

続きを読む

2017.06.21 education

2017/6/16の「スポーツビジネス論」は、Bリーグの初代チャンピオン、リンク栃木ブレックスから、本学OBで、リンク栃木ブレックス セールスグループ スポンサーセールスユニットの多田敦さんをゲスト講師としてお招きしました


日本のバスケットボール界は、bjリーグの設立以降、bjリーグとNBLが併存するという状態が続き、制裁を伴った、バスケットボール界一本化の国際的要請を受けていたが、昨年、Bリーグが設立され、両者の一本化が実現した。講義では、Bリーグの理念、設立以降の歩みについて、開幕戦の映像を交えながら現状と今後の方向性について受講生に語られました。

またリンク栃木ブレックスは、NBL時代からその強さに加え、エンターテインメント要素を多様に取り入れるなど、先進的で優れた実践に注目が集まっていたが、講義では、多様なファンを大切にする様々な戦略的取り組みが紹介され、実践の中から、プロスポーツの意義や特徴が明らかにされた。受講生は、生きたプロスポーツビジネスの姿から多くを学び、講義後は多くの質問が寄せられました。

続きを読む

2017.06.06 education

2017年6月3日のキャリア形成科目「スポーツ健康科学セミナーⅡ」において、株式会社ネットジンザイバンクヒューマンキャピタリストの岡本麻以氏にお越しいただき、「人材サービス業界の仕事」というテーマでご講演いただきました。


本学スポーツ健康科学研究科の修了生でもある岡本氏は、まず、自身のキャリアを振り返り、留学経験や海外でのインターンシップを通じて、カレッジスポーツに興味を持ち、大学院に進学後、カレッジスポーツの研究を進める中で、「なぜ?」ということにこだわりを持ち続け、「解」を見出すという地道な積み重ねが社会で勝負するための力、素地をつくったと学生に伝えられました。大学院修了後のキャリアを見据え、就職か研究者をめざすのかという岐路に立った際に、「カレッジスポーツのマーケットを拡大したい」という想いを叶えたいということで、進学ではなく、就職を選択されたということでした。その際、カレッジスポーツのマーケットを拡大するために、「人と人が集まるきっかけをつくる」ということと、「スポーツの新しい捉え方を生み出す」という2つの視点を持って、就職活動に臨んだところ、その視点がユニークだという評価をしてくれたウィルグループに就職を決めたということでした。

次に、「人材サービス」の業界の構造や仕事の特徴と、中でも「ネットジンザイバンク」という企業が他企業と差別化している点について説明されました。ネットジンザイバンクは、単に優秀な人材を育成し、企業や社会に送り出すだけでなく、インターネット領域に特化し、ベンチャーキャピタルやコーポレート・ベンチャーキャピタルと連携しながら、「日本から世界で勝てるチームをつくる」ということが企業の特異性であると説明されました。また企業を見極める目を持つことが重要だと学生に伝えるために、非上場にもかかわらず、企業価値が10億ドル(約1200億円)を上回る有望ベンチャーのユニコーンランキング(めったに姿を見せないという意味を込め、伝説の生き物「ユニコーン」に例えた巨大ベンチャーのランキング)や1989年と2017年のわが国の株式時価総額ランキングなどを提示しながら、現在の優良企業が必ずしも将来、優良企業であり続けるかどうかはわからないため、時代とともにビジネス界で刻々と変わるプレイヤーの将来性を見極める目を持つことの重要性について説明されました。

最後に、学生に対して、「勝てる個人」となるために、武器の多様性(多さ)と稀少性(珍しさ)の2つの視点から自分が社会で選ばれる人材となっているかということを意識してほしいと伝えられました。つまり、自分を定義づける(自分を表現する)時に、他者と異なる強みを持つことが社会で生き抜くための競争優位となり、いまのうちから自分のことを語る「タグ」を意識する必要があると学生に伝えられました。学生が記入した感想の中には、「業界に対する認識が劇的に変わった」、また「企業や社会を見つめる目線が鋭いと感じた」というものが見られ、岡本氏の特別講演に少なからず、学生が刺激を受けた様子がうかがえました。


続きを読む