カリキュラム

グローバル・
スタディーズ専攻

Global Studies Major

卒業要件、開講科目一覧

国際関係学の学び

1回生時はIntroductory Seminar I・II、General Education Courses分野の科目、Foundation Courses分野の科目の履修を進め、「国際関係学」を学ぶための基礎的な知識とスキルを学び、2回生から興味ある専門科目の学びを深めていきます。専門科目は大きく分けて以下の3分野の科目が開講されています。

  • GOVERNANCE AND PEACE CLUSTER covers: Peace and Conflict Studies, Security Studies, International Human Rights, International Law, Global Political Economy, International Organizations
  • DEVELOPMENT AND SUSTAINABILITY CLUSTER covers: Global Environmental Issues, International Development Cooperation, International Finance, International Trade and Investment, North-South Relations, Social Development
  • CULTURE AND SOCIETY CLUSTER covers: Global Sociology, Media and Society, Cultural Awareness and Communication, Topics in Identity, Race and Ethnicity in the Modern World, International Migration

地域研究

国際関係学部では理論だけでなく、世界各地の地域について学ぶことを重要視しています。2回生から地域研究科目の履修を進め、関心ある地域の歴史や文化などの学びを深めていきます。

小集団教育

1回生~4回生まで小集団科目の履修を継続し、ディスカッションやプレゼンテーションなど、少人数クラスならではの学びを通じてアカデミック・スキルを修得し、卒業研究をまとめる力を段階的につけていきます。

2回生の終了時に、3回生から2年間所属するゼミ(Advanced Seminar)を選択します。3回生・4回生の2年間、指導教員から指導を受けながら自身の関心のあるテーマについて研究を進めていき、4回生の最終セメスターに卒業研究をまとめます。

1回生 2回生 3回生 4回生
Introductory Seminar Ⅰ・Ⅱ Global Simulation Gaming
Global Studies Seminar
Advanced Seminar Advanced Seminar
Graduation Research

外国語教育

グローバル・スタディーズ専攻では英語を学ぶ科目は開講されていません。1回生時に英語で国際関係学を学んでいくためのスキルを身につける「Academic SkillsⅠ~Ⅲ」を履修し、英語で研究を進めていくための読む・書く・プレゼンテーションする・ディスカッションする力を身につけていきます。

初修外国語は、「フランス語」「ドイツ語」「スペイン語」「中国語」「朝鮮語」「日本語」の中から1つの語種を入学時に選択し、1回生時に全員が履修します(留学生は「日本語」を必ず選択)。2回生以降も学修の継続を希望する学生は、中級・上級の語学科目も用意しています(●●語アドバンスト、副専攻(外国語コミュニケションコース)、専門外国語科目など)

海外留学

海外留学は任意ですが、グローバル・スタディーズ専攻の学生の1〜3割の学生が半年~1年の長期留学に参加しています。立命館大学の留学制度は国際教育センター海外留学プログラムHPでこちらから確認してください。

国際教育センター
海外留学プログラムHP