教員紹介

  • デジタルアーカイブ

日本文学研究学域

視覚資料による日本文化研究

赤間 亮教授

所属専攻:
日本文学専攻
専門分野:
日本文化、文化情報学
日本人は、視覚型表現に非常に優れているようです。歴史的にみても絵巻や絵本、浮世絵は、世界的にも注目されるジャンルですし、写真、マンガやアニメ、ビデオゲームと時代は推移しても世界を牽引してきました。これらの対象をデジタル技術を応用して、大量に集積した情報から比較分析する手法を使ってパズルのように結論を導き出します。海外の美術館や博物館、あるいは個人コレクターによって所蔵されている研究資源も数多くあるため、海外調査が多い点も魅力的です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

研究する対象を文化資源と呼び、それぞれの資源の中に眠っている、あるいは隠れている魅力を見付け出していきます。日本の文化資源をすればするほど、海外の人々とのコミュニケーションが生れていく、不思議な研究室です。

もっと見る閉じる

日本史研究学域

窯業考古学、京都の伝統工芸
キーワード :
京焼、登り窯、実験考古学

木立 雅朗教授

所属専攻:
考古学・文化遺産専攻
専門分野:
窯業考古学、民俗考古学
窯業考古学、京都の伝統工芸考古学は「もの」から見る歴史です。物質文化研究と説明することもあります。京都の歴史は古文書から明らかにされてきましたが、それは一つの見方にすぎません。実際に京都の町を歩いて見れば、そのことは一目瞭然です。私の特技は、その陰で取り残されてきた貴重な遺産を掘り起こして集めることです。西陣織・友禅の図案、唐紙、尾形乾山の窯跡、清水焼の陶器製手榴弾、信楽焼の陶器製地雷、 平安時代と変わらない鏡の鋳造技術など、多くの場で驚き感動してきました。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

華やかな京都の文化遺産・伝統工芸は、現在、危機に瀕しています。変わり続ける京都の文化遺産の変化を体験してほしいと思います。

もっと見る閉じる

地域研究学域

ある時期、ある地域に、なぜ人々は住み始めるのか
キーワード :
新田開発、鷹場、入会地、地理情報システム(GIS)

夏目 宗幸特任助教

専門分野:
歴史地理学、地理情報科学
 私は、江戸時代に行われた新田開発をとおして、ある時期、ある地域に、なぜ人々が住み始めるのかを明らかにしたいと考えています。江戸時代は、戦国時代に終わりと告げ、農業社会とこれを支える商工業なども盛んとなり、人口も増えて行きます。土木技術も発展し、日本各地で新田開発が行われました。新田開発は、新しい耕作地を拓くとともに、屋敷、上水路、薪炭林、寺、神社、街道など、人々の生活のために欠かせない居住環境も整備されました。ときには町を作ることもありました。新田開発は、地理学において長い伝統を持つ研究領域です。これまでの研究の蓄積を振り返りながら、地理情報システム(GIS)の活用や、史料の再検証を行い、新たな発見をするべく取り組んでいます。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

 大学は、皆さんが主役となって、蓄積された知見に新たな一歩を加えることのできる、魅力溢れる学びの場です。これまでに修得した知識を基礎とし、発見する楽しさを積み重ねてください。地理学は、”どこ”という問いかけから始まります。この手法を身につけ、社会のさまざまな問題に挑戦しましょう。

もっと見る閉じる

地域研究学域

保養地はどのように成立したのか
キーワード :
療養地、避暑地、別荘地開発、健康と場所

前田 一馬特任助教

専門分野:
歴史地理学
明治期以降の近代日本には、各地で新たな療養地や避暑地が誕生しました。たとえば、明治期の医学において、未知の病気であった脚気の治療には、冷涼かつ良質な空気が必要と考えられており、温泉のないような山間地域のなかには転地療養地として評価された場所もあります。避暑地については、軽井沢をおもなフィールドに、過去の新聞・雑誌・小説の記述、絵葉書や開発図面などの資料を組み合わせることで、表象される場所・景観、ないしイメージ、あるいはつくりだされた別荘地の意味を空間的に読み解いてきました。研究資料の調査は「宝探し」のようでわくわくしますし、歴史のなかで忘れられた出来事を再評価し、光を当てることも歴史地理研究の魅力です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

通学するときや友人と遊びに出かけるとき、あるいは旅行するとき、ただ目的地をめざすではなくて、周囲にひろがるまちなみや風景、人びとにもぜひ目を凝らしてみてください。新たな発見や気づきもあれば、さまざま疑問が湧いてくることもあるでしょう。小さな発見や疑問が地域研究のきっかけとなります。

もっと見る閉じる