教員紹介

  • ストレス

人間研究学域

高等教育におけるコンテンプラティヴ教育
キーワード :
コンテンプラティヴ実践、心身相関的介入 

加納 友子准教授

所属専攻:
教育人間学専攻
専門分野:
コンテンプラティヴ教育、教育人間学
コンテンプラティヴ教育とは、様々な身心変容技法の実践をとおして、人間が本来有する善性の開花を目的とする教育システムです。特に私の研究では、ヨーガおよび生理的測定法の実践によって学習した身体への気づきの力が、感情と思考の気づきへと発展していくこと、さらにそれらが超越されていくという意識のプロセスに着目します。この研究の面白みは、文献研究や調査・実験を行うだけでなく、自らもコンテンプラティヴ実践に身を投じ、意識の変容プロセスを実感しつつ進める点だと思います。研究者が気づきの能力を高め己を理解すればするほど、教育と人間についての理解が深まる。それがコンテンプラティヴ教育研究の醍醐味です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

「信頼」や「愛」を言葉にするのは簡単でも、それらを捉え実践する難しさに直面して、この研究を始めました。そして、学生の皆さんと取り組んで明らかになったのは、コンテンプラティヴ実践により二元論的思考を乗り越えた時、「他者や世界との一体感」が自然と意識に顕れうるということでした。意識の観点から人間の本質を探求してみませんか

もっと見る閉じる

人間研究学域

諸支援の視点による人間についての実践と理論的研究
キーワード :
障害児者支援、教育心理学、人間と意識

原 幸一教授

所属専攻:
教育人間学専攻
専門分野:
特別支援教育、心理学(臨床、実験)
主に発達障害、知的障害をもつ方々への個別支援としての臨床、家族支援、臨床・療育・実験的研究を通じた視点からの社会的生物としての人間のあり方についての研究です。特に自閉スペクトラム症の不適応要因は、環境でのその方がもつ感覚処理方法の違いとして理解できます。
「おもしろみ」としては、見る主体によって物事は違う見え方、感じ方をしている ことを理解することが個人や社会のレベルで体験できる研究テーマと考えています。 あらためて「ふつう」とは何かについて悩むことができます。また、関連して心理学、生物学的視点を通じた「意識」についても研究しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

人間に関わる現象は生活のなかで常に動いています。まずは身近なデータをしっかりとらえて観察し、概念とのバランスを考えることをお薦めします。偏った考えや崇拝に取り憑かれないように、自分の穴に陥ることないように自身とは異なる意見や視点を積極的に受け容れ、現実、知識、実践のバランス感覚を提供できると考えています。

もっと見る閉じる

人間研究学域

体験を通して自己を学ぶ―新たな心の教育の探究
キーワード :
瞑想、催眠、滝行

福原 浩之教授

所属専攻:
教育人間学専攻
専門分野:
教育人間学、心理学
人生には、これまでの自らの歩みを振り返り、より深く自分を理解し、傷ついてきた自分の心を癒し、新しい自分を創造することが必要な時があります。新たな心の教育を模索する中で学生と共に創り上げてきた体験的教育人間学は、内なる促しに導かれつつ、自らの心と身体を通して体験的に自己の理解・癒し・再生に取り組んでいきます。当然、そのプロセスにはこれまで薄々感じていた認めたくない自分と直面したり、涙が枯れるほど泣いたり、今まで経験したことがないほど強い決断をしたりすることもあります。しかし、他人に依存することなく、自らの責任で取り組む主体的な自己変革こそ、青年期の心の教育の重要な課題であり、新しい研究領域です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

人間研究の方法には、哲学的方法、科学的方法、体験的方法があります。私の研究室では、哲学と科学の基礎知識を習得し、各方法の効用と限界をよく理解した上で、体験的な人間の探究に入ることを推奨しています。

もっと見る閉じる