教員紹介

  • 東洋史

日本史研究学域

考古学へのいざない
キーワード :
瓦塼、石造物、梵字

高 正龍教授

所属専攻:
考古学・文化遺産専攻
専門分野:
韓国考古学
考古学は物質資料を扱う歴史学です。石器、土器、鉄器などの遺物や大地に残された貝塚、建物、古墳などの遺跡がその対象となります。これらの資料の多くは発掘調査を通して得られます。発掘調査は忍耐のいる作業ですが、土の中から過去の人々の生活の痕跡を発見していく過程は何ごとにも代えがたい喜びがあります。物言わぬ資料から歴史を復原していくのは簡単なことではありません。例えれば、ピースが半分しかないジグソーパズルを組み立てている感じでしょうか。ただ、新たな調査、発見によりピースが次第に埋まっていきます。それによって、自分のたてた仮説が裏付けられたり、修正されたり。一歩一歩、真実に近づいていく実感があります。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学生時代は豊かな時間です。ゆっくりと立ち止まって人生を考えたり、何かに打ち込んだり、盲目的に恋をしたり、眠りを貪るのもよいでしょう。様々なことにチャレンジし、多くの本を読み、たくさんの人と語り合いましょう。人は自分自身が経験、体験したことに基づいて行動します。その一つ一つが人生の糧になると思います。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

文人の日常生活から中国近世という時代の特質に迫る
キーワード :
文人趣味、档案、水資源

井上 充幸教授

所属専攻:
東洋史学専攻
専門分野:
中国近世の文化史・社会史・環境史に関する研究
中国近世、それも明清時代といっても、皆さんにはあまりピンとこないと思います。ですが『西遊記』や『三国志』などの物語をはじめ、私たちが「いかにも中国らしい」と感じる伝統文化や、中国人特有の思考方法・行動様式が生み出されたのは、まさにこの時代だったのです。私は、明清時代に生きた文人たちの日常生活や、彼らを取り巻く社会の様子、さらには当時の文化のさまざまなありようを具体的に明らかにし、それを通じて中国近世という時代そのものの面白さを伝えていきたいと思っています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

歴史を学ぶということは、文献を通じて過去に生きた人々と対話し、それによって彼らの生き方や考え方を理解することである、と私は考えます。その際に重要なのは、予断と偏見を排して謙虚に相手の話を傾聴しつつ、それがどこまで本当なのかを冷静に見極めることです。そしてそれこそが、歴史を学ぶことの難しさであり面白さでもあると思います。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

秦帝国が滅んだ本当の理由
キーワード :
秦漢時代、木簡、長城警備

鷹取 祐司教授

所属専攻:
東洋史学専攻
専門分野:
中国古代史、木簡研究
私は木簡などを使って中国秦漢時代の法律や制度の研究をしています。秦王朝は苛酷な法律で民衆を支配したと言われますが、木簡に見える法律の多くは役人の職務規定です。例えば、《罰金に処せられた者が貧乏で銭で払えない場合は労働させ、一日八銭を罰金分として受け取る。一日八銭以上を受け取ったり、銭で払えるのに払わせないで労働させた場合は、その役人を罷免する》といった細かな規定が目白押しです。法律でがんじがらめにされていたのは民衆ではなくむしろ役人だったのです。このことから、秦帝国がわずか15年で滅びたのは、法律が細かすぎて役人がそれを守らなくなったためだと最近思うようになりました。じゃあ、この国も危ない?

MESSAGE

受験生へのメッセージ

私が研究しているのは今から二千年程前の中国ですが、みなさんは二千年前ってまだまだ文明度の低い原始的な時代だと思っていませんか。ところが、木簡から知られる秦漢時代の法律や制度は、現代にも劣らない精緻なものでした。そんな精緻な法律は、実は、役人や徴発した民衆に業務をサボらせないようにするためのものだったのです。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

中国唐王朝の政治を宮殿の構造・機能を中心に解明
キーワード :
唐王朝、宮城、御前会議

松本 保宣教授

所属専攻:
東洋史学専攻
専門分野:
中国史、隋唐五代史
三国時代から始まる戦乱の世は、軍事・政略に秀でたカリスマ的皇帝の登場とその退場により、国土は統合と分裂を繰り返し、短命な王朝の興亡が相次ぎました。6世紀以降、全土を統一した隋唐王朝も、その余韻が色濃く残り、隋の煬帝・唐の太宗・則天武后など、個性が強すぎる面々が権力闘争の限りを尽くしました。
しかし、唐王朝も半ばごろから、資質の優れた指導者に頼る政治から、制度を固めることによって、安定した国家を維持する方向へ変質していきます。
現在の私の研究は皇帝の御前会議を舞台に、そこで演じられた皇帝・宰相・官僚・宦官達による生々しいやりとりを解明することにあります。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

中国は有史以来、膨大な記録と歴史書を編纂してきました。それは少しばかりの訓練で、容易に読解できます。つまり豊穣な歴史の宝庫にアクセスできる環境が、皆さんの前に広がっているのです。一歩踏み出して、現代日本とは異質な文化・文明を体験しましょう。それは、いわば時空を離れた異世界への旅といえます。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

日韓日朝の歴史葛藤問題を解きほぐすための実証研究
キーワード :
韓国・朝鮮、日韓・日朝関係、植民地研究

庵逧 由香教授

所属専攻:
現代東アジア言語・文化専攻
専門分野:
朝鮮近現代史、国際関係史
「人が人を支配する」という暴力が最も鮮明に「制度」として表れるのが、近代の植民地支配です。明治維新のあと、日本が近代国家として国際社会に出た陰には、朝鮮や台湾などの植民地支配がありました。しかし、何千万という人を植民地支配することは、それほど簡単なことではありません。どのような制度をつくり、どのような政策を実施したのか。その時、朝鮮の人々はどのように対応したのか。その結果、朝鮮社会はどのように変わっていったのか。当時の史料や証言を分析すると、思わぬ事実や構造が浮かび上がってきます。こうした客観的な分析を通じて、日本と韓国・朝鮮の間で未だに課題となっている植民地支配の問題解決を目指します。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

韓国・朝鮮について体系的に学びたい皆さん、東アジア研究学域にぜひいらしてください!韓国の学生たちと一緒に、学びましょう!

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

現代韓国の文化を「宗教」の側面から分析
キーワード :
植民地朝鮮の新宗教、現代韓国宗教事情

佐々 充昭教授

所属専攻:
現代東アジア言語・文化専攻
専門分野:
宗教学、朝鮮近現代史
韓国・朝鮮の宗教について研究しています。朝鮮時代末期から日本の植民地時代にかけて、東学(天道教)・甑山教・檀君教(大倧教)・円仏教など数多くの新宗教が登場しました。これら朝鮮自生の新宗教とナショナリズムの関係について分析するのが研究テーマです。最近は関心の幅を広げて、韓国における最新の宗教事情についても研究しています。制度化されない個人主義的な「スピリチュアリティ」の観点から、現代韓国におけるキリスト教の超教派的な聖霊運動(ペンテコステ・カリスマ運動)や、大衆消費文化として現れている新種のセラピー団体(丹田呼吸による身心修練団体など)について研究しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という一神教の対立が国際社会で大きな問題となっているように、宗教は今や異文化理解において欠かせない重要な要素です。日本では今、韓国ドラマやK―POPのコンテンツが巷に溢れていますが、韓国の人々が普段どんな宗教を信じているか知ることも、隣国を内在的に理解する重要な手段となります。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

中国南方に住む人々の行動様式に関する歴史学的考察
キーワード :
中国農村社会、血縁と地縁、伝統と近代、広東・香港

宮内 肇准教授

所属専攻:
現代東アジア言語・文化専攻
専門分野:
中国近現代史、中国社会史
近代以降の中国は、革命・戦争・社会主義を経験してきましたが、その時々の指導者は、いかに「国民」を創生し、国家を建設するかを考えてきました。そして、それは確かに中国社会を大きく変化させてきました。しかし、基層社会に生きる農民などの「ふつうの人々」の生活規範や行動様式はそう簡単に変わるものなのだろうか、そんな疑問を明らかにすることが私の関心です。具体的には中国南方の華南地域を考察対象に、当時の新聞や雑誌・民間文書などを利用し、近現代の中国を生きた「ふつうの人々」が、政府の政策をどのように受け入れ、あるいは反発したのかについて考えています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

アジアの言語や文化あるいは歴史について、大学で学べることは少なくありません。しかし、日本を飛び出せば、それは無限に広がります。全身でアジアを体感してほしいと思います。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

中国王朝の「柔軟」な統治システムの解明
キーワード :
清朝、官僚・行政制度、統治システム

山本 一講師

所属専攻:
現代東アジア言語・文化専攻
専門分野:
東洋史、中国史
日本の近代化は明治維新という大転換を経てなされました。中国も辛亥革命によってアジア初の共和制へと転換しましたが、洋務運動や立憲君主といった近代化への動きは辛亥革命以前から行われていました。これは単に西洋諸国や日本の影響を受けただけではなく、清朝の官僚・行政制度や統治システムの中に、近代化への諸改革を内包できるだけの柔軟な構造があったと考えています。そう考えてみると、皇帝の専制も異なった一面をみせてくれます。官僚・行政制度とその運用実態を読み解いていくことで、中国の王朝統治の特徴を明らかにしたいと思っています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学での勉強は、体力・気力・発想力・記憶力・認知力・思考力・忍耐力・コミュニケーション力のどれかひとつがあれば大丈夫です。社会で活躍できるのは、このような力を複数持っている人材です。手っ取り早く身につけるには、海外への留学がオススメです。「東アジア」を「キャンパス」にして勉強してみませんか。

もっと見る閉じる