ニュース

最新のニュース

event|mirai|

[立命館大学学生対象] 12/7 みらいゼミ関連企画「もやもやを語る会」

みらいゼミ_20221207関連企画もやもやを語る会_サムネイル

大学の授業を受けている中でふと感じる疑問…
テレビ報道や新聞、ネットニュースを見て、ふと今の生活を振り返ったときに感じる違和感…
友だちや先輩後輩、先生、そして家族と話している中で感じる何か…
それら簡単には言葉にならない、ともすれば感じたことをなかったことにもしかねない日常生活で感じる「もやもや」したもの。

2021年秋から始まった「みらいゼミ」はそういった、学生生活の中で感じる「もやもや」からスタートし自主ゼミを立ち上げ、仲間を見つけ、「もやもや」を探求することができます。
しかし、その「もやもや」を誰かに共有できるほど自分の言葉にはできていない…そう感じている学生のみなさんが結構いるのではないでしょうか。

そこで、普段感じている「もやもや」したものをざっくばらんに語り合う場を開催します。
みなさんが感じていることを安心安全な場*でお話してみませんか?

もしかしたら同じような「もやもや」を持っている人と出会えるかもしれません。

みなさんのご参加お待ちしています。

※本企画では、聴きあうことを前提として進めていきます。参加者の発言はこの場限りとし、本企画以外で公表されることはありません。アバターでの参加もOKです。

●日時:2022年12月7日(水)19:30~21:00

●開催方法:zoomによるオンライン形式

●対象:
・普段感じていることを誰かと話す機会があまりない人
・自分の感じていること考えていることを言語化してみたい人
・だれかの感じていること考えていることを聴いてみたい人

●ファシリテーター:松村幸裕子(共奏学舎 主宰/みらいゼミ事務局スタッフ)
<ファシリテータープロフィール>
1983年京都生まれ。高校生の頃から、京都市ユースサービス協会にて、様々なボランティア活動に参加し、みんなで何かをつくりあげていく「オモロサ」に出会う。大学院在籍中に自らコミュニティースペースを立ち上げたり、高校生のまちづくり活動をサポートする活動などに従事。(特活)暮らしづくりネットワーク北芝にて子ども若者の居場所づくりや社会体験活動づくり、NPOの基幹業務、被災地団体支援に携わった後2019年秋にフリーランスに。評価の視点を取り入れながら、個人・団体支援をおこなっている。

●定員:5名(先着順)

●使用言語:日本語

●参加申込はこちらのフォームからお願いします。
※申込締切:12月6日(火)

●主催:立命館大学教養教育センター

続きを読む

news||

11/30まで 教養科目「メディアと図書館」コラボ企画@衣笠・平井嘉一郎記念図書館

 ただいま、教養科目「メディアと図書館」と立命館大学図書館によるコラボレーション企画「メディアと図書館-記録メディアの歴史から-」が、平井嘉一郎記念図書館で開催中です。
 本科目の科目コーディネーターである川瀬綾子准教授(文学部)の提案により、文字や紙、印刷などの発明がいかに記録メディアを発達させたか具体的な資料を通じて理解できる展示内容となっています。
 ぜひお運びください。

▼展示テーマ:メディアと図書館-記録メディアの歴史から-

▼展示期間:2022年10月3日(月)~11月30日(sui )

▼展示場所:衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館1Fギャラリー
*詳しくはこちら

▼企画趣旨
教養科目「メディアと図書館」の講義は、図書館の歴史をたどりながら、その役割、機能、重要性について学び、大学の学びにおける図書館の活用について、アカデミックリテラシーを身につけることを目指している。今般の企画は、第2回と第3回目での講義内容(「記録メディアの歴史Ⅰ:紙以前の記録メディア、紙、紙の諸問題」、「記録メディアの歴史Ⅱ:写本、印刷記述、近代メディア」)とも関連する形で展示を実施するものである。

▼展示の目的
①受講生であるなしを問わず、普段なかなか目にすることがない様々な「メディア」の展示を目にすることを通じて、ものを記録し伝えることの意味、図書館の役割や機能、重要性、歴史といったことがらに対する興味や関心を持つ機会を提供する。
②各時代の書写材料、印刷、装丁、装本の仕組み等について理解し、それらの歴史を学ぶ。
③受講生においては授業で学んだ知識への理解を深める。


220523_ニュース用写真01

220523_ニュース用写真02


▼主催:立命館大学図書館
▼協力:久野和子文学部教授、川瀬綾子文学部准教授、大久保友博経済学部授業担当講師


続きを読む

news|book|mirai|

『自由に生きるための知性とはなにか――リベラルアーツで未来をひらく』刊行!

 立命館大学教養教育センターは、学生や生徒が授業での学びや自身の経験から芽生えた知的関心から立ち上げる学生提案型ゼミナール「未来共創リベラルアーツ・ゼミ(以下、みらいゼミ)」の副読本として、書籍『自由に生きるための知性とはなにか――リベラルアーツで未来をひらく(晶文社)』を、2022年9月13日に刊行し、全国の書店にて2,420円(本体2,200円)で販売開始いたします。

◆学生らが自らの知的関心から立ち上げる「みらいゼミ」の副読本を刊行
◆自己を解き放ち他者と共に生きるための総合知“リベラルアーツ”を磨く重要性を提言
◆誰もが自分のモヤモヤから問いを立て、他者と議論・対話する学びの場を開く手助けに
みらいゼ副読本表紙帯あり

 立命館大学では、コロナ禍の2020年5月、教養教育センターの主催による、リベラルアーツをテーマとした、立命館創始150年・学園創立120周年記念シンポジウムを開催しました。その後、同年7月より、「SERIESリベラルアーツ:自由に生きるための知性とはなにか」を2か年で計10回開催しました。参加学生からの「もっと深く学びたい」「コロナ禍で他者との関係構築が難しい」という声を受け、2021年秋学期より、三菱みらい育成財団の支援を受けて、新しい教養教育プログラムである、みらいゼミを発足しました。

 みらいゼミは、学生や生徒が学びたいことを自らデザインできる学生提案型ゼミナールです。学生たちが、学部・回生・所属キャンパスを越えて、約8週間を基本とするサイクルで自ら運営します。教養教育センターは伴走役として、活動費の補助、メンバーやアドバイザーのマッチング、社会的発信などを支援しています。約1年で24のゼミが立ち上がり、現在8つのゼミが活動しています(詳しくはこちら)。

 本書籍は、このようなみらいゼミの立ち上げへの手助けとなる副読本として、シンポジウムと「SERIESリベラルアーツ」全10回の内容を掲載しています。25人の専門家たちが、学問領域を越境しつつ「自由に生きるための知性とはなにか」について対話・議論した記録が、みらいゼミにかかわる学生・生徒のみならず、高校生や大学関係者、リベラルアーツに興味関心のある方への学びの手助けになることを期待しています。

◆書籍名 : 自由に生きるための知性とはなにか――リベラルアーツで未来をひらく
◆編 集 : 立命館大学教養教育センター
◆発売日 : 2022年9月13日(火)
◆定 価 : 2,420円(本体2,200円)
◆発 行 : 株式会社晶文社 https://www.shobunsha.co.jp/?p=7251
◆販売場所 : 全国の書店

◆本書の構成
はじめに(立命館大学教養教育センター)

【第1部】シンポジウム(立命館創始150年・学園創立120周年記念シンポジウムより)
01 基調講演 わたしを発見する知――リベラルアーツと当事者研究
(熊谷晋一郎 東京大学先端科学技術研究センター准教授)
02 スピーチ リベラルアーツの現在・過去・未来
02-1 東工大リベラルアーツの挑戦
(上田紀行 東京工業大学副学長・同リベラルアーツ研究教育院教授)
02-2 文系と理系の歴史から考える、リベラルアーツのこれから
(隠岐さや香 東京大学大学院教育学研究科教授)
02-3 アジア発、“未来の共通言語”となる知とは
(山下範久 立命館大学グローバル教養学部教授)
03 パネルディスカッション 「能力主義」を越えるリベラルアーツ
(熊谷晋一郎准教授×上田紀行教授×隠岐さや香教授×山下範久教授/モデレーター:松原洋子 立命館大学副学長・同大学院先端総合学術研究科教授)

【第2部】トークセッション(オンライン企画「SERIESリベラルアーツ」全10回より)
【パート1】社会を生きる
01 差別ってなんだろう?――#BlackLivesMatterを通して考える
(坂下史子 立命館大学文学部教授×南川文里 同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授)
02 なぜ人はあいまいさを嫌うのか――コントロールしたい欲望を解き放つ
(小川さやか 立命館大学大学院先端総合学術研究科教授×美馬達哉 立命館大学大学院先端総合学術研究科教授)
03 わたしの“モヤモヤ”大解剖――わがまま論・つながり論を切り口に
(飯田豊 立命館大学産業社会学部教授×富永京子 立命館大学産業社会学部准教授)

コラム1 〈自由〉な空間で生きる、学ぶということ(瀧本和成 立命館大学文学部教授)

【パート2】人間を考える
04 人間関係のデモクラシー――“家族”から思考する
(柳原恵 立命館大学産業社会学部准教授×横田祐美子 立命館大学衣笠総合研究機構助教)
05 食のミライ――フードシステムとヴェジタリアン運動から考える
(北山晴一 立教大学名誉教授×新山陽子 京都大学名誉教授)
06 わたしの“好き”を見つける――映画と音楽を切り口に
(大﨑智史 立命館大学映像学部講師×小寺未知留 立命館大学文学部准教授)
07 まちあるきのすゝめ――迷える身体に向けて
(加藤政洋 立命館大学文学部教員×原口剛 神戸大学文学部教員)
08 経済乱世を生きる――成長と分配と
(熊澤大輔 立命館大学非常勤講師×田中祐二 立命館大学経済学部名誉教授)

コラム2 自由に生きる知性とはなにか(田中祐二教授)

【パート3】学びを続ける
09 その相談、あの本なら、こう言うね。――本が答える人生相談
(瀧本和成教授×文筆家・ゲーム作家 山本貴光氏×文筆家・編集者 吉川浩満氏)
10 本を読む、ものを書く、編集する――本づくりの現場から
(坂上陽子 文芸誌「文藝」編集長×瀧本和成教授×山本貴光氏×吉川浩満氏)
おわりに(松原洋子副学長)

※みらいゼミについて詳しくはこちらのウェブサイトをご覧ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/liberalarts/mirai/

続きを読む

news|event|mirai|

9/21(水) 2022年度上半期みらいゼミ成果報告会を開催します

みらいゼミ_2022上半期成果報告会_サムネイル

 教養教育センターでは、2021年度より準正課プログラム「学びのコミュニティ・オーガナイジングによる未来共創プログラム~自由に生きるための知性を磨く~」(通称、みらいゼミ)を推進しています。

 みらいゼミは、正課科目での学びから芽生えた関心事について継続的に学習する学生提案型のゼミです。教養科目と同様に学部・回生の異なるメンバーたちが、所属キャンパスも越境し、クオーター(約8週間)を基本とするサイクルでゼミを運営しています。

 この度、2022年度第1クォーター、第2クォーターで活動したみらいゼミの成果報告会を、以下の通り開催することとなりました。
 どなたでも参加可能です。
 みらいゼミに少しでも興味・関心がある方は、ぜひご参加ください。

<2022年度上半期みらいゼミ成果報告会 開催概要>
◆開催日時:2022年9月21 日(水)18:00~20:00
◆開催方法:Zoomによるオンライン開催
◆内容:
・みらいゼミ成果報告および参加者との質疑応答
  第1クォーターで活動中のゼミ一覧
  第2クォーターで活動したゼミ一覧
   ・プログラム概要説明および2022年度下半期計画について
◆参加申込方法: こちらのフォームより参加申込をお願いします。
 (申込締切:9月19日(月) 17:00)
◆主催:立命館大学教養教育センター

*みらいゼミについて詳しくはこちらをご覧ください。
*「みらいゼミ」に対する支援は、三菱みらい育成財団による2021年度助成案件「大学等で行う『21世紀型 教養教育プログラム』」に採択されたことにより可能となりました。(採択プログラム名:学びのコミュニティ・オーガナイジングによる未来共創プログラム~自由に生きるための知性を磨く~)2021年度成果報告動画(8分)もぜひご覧ください。
 

続きを読む

news||

5/19~6/20 教養科目「メディアと図書館」コラボ企画@OICライブラリー

 この度、教養科目「メディアと図書館」と立命館大学図書館によるコラボレーション企画「メディアと図書館-記録メディアの歴史から-」が、OICライブラリーで開催中です。
 本科目の科目コーディネーターである川瀬綾子准教授(文学部)の提案により、文字や紙、印刷などの発明がいかに記録メディアを発達させたか具体的な資料を通じて理解できる展示内容となっています。
 ぜひお運びください。

▼展示テーマ:メディアと図書館-記録メディアの歴史から-

▼展示期間:2022年5月19日(木)~6月20日(月)

▼展示場所:OICライブラリー2階展示室
*詳しくはこちら
*7/1~9/15にはBKCメディアライブラリー(3階展示スペース)、10/3~11/30には衣笠キャンパス平井嘉一郎記念図書館(1階ギャラリーおよび1階特設コーナーの一部)でも展示予定です。

▼企画趣旨
教養科目「メディアと図書館」の講義は、図書館の歴史をたどりながら、その役割、機能、重要性について学び、大学の学びにおける図書館の活用について、アカデミックリテラシーを身につけることを目指している。今般の企画は、第2回と第3回目での講義内容(「記録メディアの歴史Ⅰ:紙以前の記録メディア、紙、紙の諸問題」、「記録メディアの歴史Ⅱ:写本、印刷記述、近代メディア」)とも関連する形で展示を実施するものである。

▼展示の目的
①受講生であるなしを問わず、普段なかなか目にすることがない様々な「メディア」の展示を目にすることを通じて、ものを記録し伝えることの意味、図書館の役割や機能、重要性、歴史といったことがらに対する興味や関心を持つ機会を提供する。
②各時代の書写材料、印刷、装丁、装本の仕組み等について理解し、それらの歴史を学ぶ。
③受講生においては授業で学んだ知識への理解を深める。


220523_ニュース用写真01

220523_ニュース用写真02


▼主催:立命館大学図書館
▼協力:久野和子文学部教授、川瀬綾子文学部准教授、大久保友博経済学部授業担当講師


続きを読む

event|mirai|

[立命館学園学生&附属校生対象] 5/17 みらいゼミ・スキルアップ企画「聞く・書く・まとめる・発信する」

みらいゼミ_20220517スキルアップ企画_サムネイル

自分のもやもやから始まるみらいゼミ。似たようなもやもやを感じている人が集まりゼミ活動がスタートしますが、学年や学部の違う人たちが集まって一つのテーマに取り組むことに、様々な困難を感じている人もいるでしょう。
たとえば
・意見があまり出ない…
・記録係になると話し合いに参加できない…
・沈黙が続いてしまう…
・意見が発散ばかりで、うまく整理したり収束させることができない…
などなど。

そこで、みらいゼミに関わる人たちを対象にスキルアップ企画を実施します。
ゼミ活動を円滑に進めるためのファシリテーションや、思考を整理するためのフレームワーク、記録の方法などをご紹介します。

◆日時:2022年5月17日(火)19:30~21:00
◆開催方法:Zoomミーティング
◆講師:松村幸裕子(共奏学舎 主宰/みらいゼミ事務局スタッフ)
<講師プロフィール>
1983年京都生まれ。高校生の頃から、京都市ユースサービス協会にて、様々なボランティア活動に参加し、みんなで何かをつくりあげていく「オモロサ」に出会う。大学院在籍中に自らコミュニティースペースを立ち上げたり、高校生のまちづくり活動をサポートする活動などに従事。(特活)暮らしづくりネットワーク北芝にて子ども若者の居場所づくりや社会体験活動づくり、NPOの基幹業務、被災地団体支援に携わった後2019年秋にフリーランスに。評価の視点を取り入れながら、個人・団体支援をおこなっている。

◆定員:20名(先着順)
◆使用言語:日本語
◆参加申込はこちら
 ※申込締切:5月16日(月)昼12時
◆主催:立命館大学教養教育センター

続きを読む

event|liberalarts|

2022.3.19(土) オンライン企画「本を読む、ものを書く、編集する」

2021年度 SERIESリベラルアーツ:自由に生きるための知性とはなにか
[10] 本を読む、ものを書く、編集する

SERIESリベラルアーツ10サムネイル「本を読む、ものを書く、編集する」

 編集することが「目的にあわせて収集した情報を、自分なりの視点で取捨選択し、伝えたい相手に伝わるように整理すること」だとすれば、140字のTwitterの投稿から10万字を超える学術書にいたるまで、あなたが日々眼にしている言語及び文章は、誰かの視点や意図で編集されたものだと言えます。
 今回のSERIESリベラルアーツでは、書籍や文学に関するプロフェッショナルたちをお招きし、「本を読む」「ものを書く」という行為とともに、「編集する」という行為をクローズアップし、その重要性や可能性について考えてみたいと思います。

  昨年度と同様、卒業記念企画として社会に羽ばたいて行こうとしている学生たちに向けた企画でもあります。ぜひご参加ください。

◆日時:2022年3月19日(土)12:00~14:00
◆場所:Zoomウェビナー & 衣笠キャンパス平井嘉一郎記念図書館(立命館大学関係者のみ先着30名)
    ※新型コロナウィルス感染症の状況によりオンラインのみの開催になることもあります。
◆ゲスト:
 坂上陽子氏(文芸誌「文藝」編集長) 「文藝」HP 
 山本貴光氏(ゲーム作家・文筆家) プロフィール
 吉川浩満氏(文筆家・編集者) プロフィール
  ※哲学の劇場(山本貴光氏と吉川浩満氏)による人文系情報チャンネル(YouTubeチャンネルを紹介)
 瀧本和成氏(立命館大学文学部教授) プロフィール(文学部HPより)

◆対象:大学生・高校生・一般の方
◆定員:500名 + 会場30名 ※会場参加は定員に達したため締切ました
◆使用言語:日本語
◆情報保障:UDトークによる字幕配信を行います。日本語字幕、あるいは、Google翻訳による他言語字幕が必要な方は申込フォームにてお知らせください。

◆申込フォーム(申込締切 3/17(木) 17:00)
RUの学部生・大学院生、立命館学園教職員のみなさんはこちら
APUの学部生・大学院生、附属校の生徒、校友、一般のみなさんはこちら

◆主催:教養教育センター・立命館科目教育研究会議
*これまでの企画の動画等はこちらから
*本企画は「未来共創リベラルアーツ・ゼミ」プログラムと連携し、三菱みらい育成財団の助成により実施します。

“SERIESリベラルアーツ:自由に生きるための知性とはなにか”について

コロナ禍で社会の脆弱さが露出しています。
予想できない事態に遭遇する未知なる時代を生き抜くための知として、
専門知だけではなく領域を越境するリベラルアーツの存在が問われています。
リベラルアーツは社会と自己を自由にするための知であるはずだからです。
この世界は、答えのない問い、答えがひとつではない問いに溢れています。
大学は、そうした問いと遭遇し、向き合う場です。
高校までの勉強との違いにとまどうこともあるでしょう。
だから、私たち教養教育センターは「ようこそ、立命館大学へ!」の気持ちを込めて、
2020年度から「立命館科目群」を新設しました。
さらに、今まさに起こっている社会問題や学生の悩みに対して、
教員と学生がフラットに出会い自由に語り合う場として
オンライン企画“SERIESリベラルアーツ:自由に生きるための知性とはなにか”
をスタートします。ぜひ気軽に参加してください!

*詳しい趣旨説明はこちらをお読みください。

続きを読む

event|mirai|

[立命館大学学生対象] 「みらいゼミ」スプリングセッション特別企画 「検索では届かない、雑誌『モノノメ』読書会」

立命館大学教養教育センター「みらいゼミ」スプリングセッション特別企画
「検索では届かない、雑誌『モノノメ』読書会」
みらいゼミ_2022春ABD_サムネイル

立命館大学教養教育センターでは2021年度より、三菱みらい育成財団の助成を受け、学生提案型ゼミ「未来共創リベラルアーツ・ゼミ」(通称:みらいゼミ)を展開しています。2021921日にはプレ企画として新しい読書法「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」(以下、ABD)を習得する機会を設けました。

これからを生きるヒントは、現代社会の中だけでなく、古今東西の書籍の中にも見いだすことができる、これは立命館大学教養教育センターの変わらぬ姿勢です。実際、20205月には、立命館創始150年・学園創立120周年記念企画として、ジュンク堂書店の協力によるブックフェア「わたしをアップグレードする“教養知”発見フェア」を実施しました。

今回、「みらいゼミ」のスプリングセッションとして、本学校友の宇野常寛さんが編集長を務める雑誌『モノノメ』創刊号(2021年)の読書会をABDの方法を参考にして(担当を分担して)行います。「検索では届かない」というコンセプトのもとで29人の執筆陣が綴った320ページを、共に読み深めます。

◆日時:オリエンテーション:2月22日、読書会:3月2日・4日・6日・8日、トークセッション:3月10日、いずれも18時〜20時

◆開催方法:Zoomミーティング(3月10日のトークセッションは宮城県気仙沼市のアンカーコーヒー内湾店をメイン会場として実施。)

◆全体進行:山口洋典先生(立命館大学共通教育推進機構)

◆トークゲスト(3月10日):宇野常寛さん(批評家)、小野寺靖忠さん(オノデラコーポレーション代表取締役)

◆定員:30名(応募理由をもとに選考します)

◆使用言語:日本語

◆参加申込:こちらから申し込んでください。 ※申込締切(第二次〆切):222日(火)正午12時 (先着順)

※3/10のトークセッションは、だれでも参加可能です。詳細はこちらからご確認ください。

◆注意事項:

・オリエンテーションおよび読書会に1日以上参加できる方とし、全ての日程に参加できる方を優先します。

・読書会の参加者の方には、22日のオリエンテーションの際に全体進行の山口先生より担当箇所を選定した上で雑誌を送付します。

・読書会参加者を対象に311日には関連企画として現地のフィールドワーク(Zoom参加可能)を展開予定ですが、新型コロナウイルスの感染拡大状況により実施を取り止める可能性があります。(222日のオリエンテーション及び読書会の各回の実施時に詳細をお伝えします。)

310日のトークセッションは事前申込制で一般にも公開する予定です。

聴覚障害や視覚障害などでこの企画の情報保障について相談等ありましたら申込時に記載してください。

◆主催:教養教育センター

《こんなひとに参加をおすすめします!》

・本を読むのが苦手なひと(好きなひとももちろん歓迎)

・自分の関心事について一緒に学ぶ仲間を探しているひと

・なにか行動してみたいひと

・東日本大震災からの復興について関心があるひと

・「遅いインターネット」(※1)に興味があるひと

・みらいゼミ(※2)をやってみたいひと

 《アクティブ・ブック・ダイアローグ®の8つの魅力》

.短時間で読書が可能

.サマリーが残る

.記憶の定着率の高さ

.深い気づきと創発

.個人の多面的成長

.共通言語が生まれる

.コミュニティ作り

.何より楽しい!

*アクティブ・ブック・ダイアローグ協会 公式サイトhttp://www.abd-abd.com/ より転載

 

1「遅いインターネット」(https://slowinternet.jp)について

「現在のインターネットは人間を「考えさせない」ための道具になっています。かつてもっとも自由な発信の場として期待されていたこの場所は、いまとなっては最も不自由な場となっています。」これは今回の読書会で読み深める雑誌『モノノメ』の編集長の宇野常寛さんは、「遅いインターネット宣言」の冒頭部分です。「遅いインターネット」とは、「速すぎる情報の消費速度に抗って、少し立ち止まって、ゆっくりと情報を咀嚼して消化できるインターネットの使い方」を模索する上で鍵となる観点です。

 2「みらいゼミ」について

教養教育センターでは、三菱みらい育成財団の支援を受け、2021年秋学期より学生提案型ゼミ「未来共創リベラルアーツ・ゼミ」(通称:みらいゼミ)の募集を開始します。みらいゼミは、正課科目での学びから芽生えた関心事について継続的に学習する学生提案型のゼミ。学部・回生の異なるメンバーたちが、所属キャンパスも越境し、クオーター(約8週間)を基本とするサイクルで運営します。みらいゼミを通じて、対面とオンラインの複合的なコミュニケーションを重ねながら、未来のよりよい社会像を構想・設計する仲間の輪を広げ、次代を拓く言葉を探っていきましょう。


続きを読む

event|mirai|

12/4~2/14 みらいゼミエンパワメント企画「How to Futurize ワークショップ」

みらいゼミ_20211204エンパワメント企画ワークショップ_サムネイル

オンライン公開講座に続き、「How to Futurize―シンギュラリティ流 私と社会の未来化」30名限定ワークショップを開催します。
公開講座の詳細はこちら 

このワークショップは、12/4~2/14までの2カ月間、立命館学園(RU、APU、附属校)の学生・生徒が、興味関心のあるテーマ(教育、エネルギー、環境、食糧、世界的な保健、貧困、セキュリティ、水資源など)をもとにグループに分かれてプロジェクト形式で取り組みます。年齢や性別、国籍などの垣根を超えて取り組み、成果物は3つのタイプ(言葉にする、探究/研究する、行動を起こす)から選べます。
      
是非、立命館学園のスケールメリットを生かした、学びの世界へ飛び込んでください!!

◆ワークショップスケジュール
期間:2021年12月4日~2022年2月14日までの2カ月程度
・11月末:参加者およびグループの決定連絡
・12/4 (土) 10-12時 :フォローアップレクチャー
ブレスト、もやもやの言語化、グループワーク、目標&テーマの選定、計画書の作成、スケジュール作成、プレゼン練習等々
・1/15 (土)9-12時 :中間発表会
・2/11 (金・祝)9-12時 :最終発表会
上記スケジュールのほかに、グループごとに2週間に1回程度、フォローアップの機会を設けます。

◆対象:立命館学園(RU・APUの学部生・大学院生、立命館学園附属校の生徒)
◆申込フォーム(申込締切 11/29(月) 10:00)
RUの学部生・大学院生のみなさんはこちら
APUの学部生・大学院生、附属校の生徒のみなさんはこちら
※聴覚障害や視覚障害などをお持ちで、この企画の情報保障について相談がありましたら、申込時に記載してください。

◆問い合わせ先:みらいゼミ事務局 mirailac@st.ritsumei.ac.jp

続きを読む

Archives