教員紹介

  • 伝統芸能

日本文学研究学域

視覚資料による日本文化研究

赤間 亮教授

所属専攻:
日本文学専攻
専門分野:
日本文化、文化情報学
日本人は、視覚型表現に非常に優れているようです。歴史的にみても絵巻や絵本、浮世絵は、世界的にも注目されるジャンルですし、写真、マンガやアニメ、ビデオゲームと時代は推移しても世界を牽引してきました。これらの対象をデジタル技術を応用して、大量に集積した情報から比較分析する手法を使ってパズルのように結論を導き出します。海外の美術館や博物館、あるいは個人コレクターによって所蔵されている研究資源も数多くあるため、海外調査が多い点も魅力的です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

研究する対象を文化資源と呼び、それぞれの資源の中に眠っている、あるいは隠れている魅力を見付け出していきます。日本の文化資源をすればするほど、海外の人々とのコミュニケーションが生れていく、不思議な研究室です。

もっと見る閉じる

日本文学研究学域

『源氏物語』と◯◯◯◯
キーワード :
平安時代、貴族、京都

川崎 佐知子教授

所属専攻:
日本文学専攻
専門分野:
日本古典文学
たとえばNHKの大河ドラマの主人公になるような戦国武将でも、『源氏物語』を知っていました。立場や財力により程度の差はあったでしょうが、伝手を頼って稀少な本を求め大切に書写して豪華に飾り立てたり、京都で評判の知識人を自邸へ招き講釈を繰り返し受けたり…とみな結構貪欲でした。和歌や連歌の席でのしゃれた一言にも、周囲から畏れられる存在でありつづけるためにも、『源氏物語』はマストアイテムでした。
いずれも、現在に伝存する『源氏物語』の写本や派生作品、当時の日記・記録類から確認できる事実です。京都という場にも注意しなければなりません。芸能・絵画・音楽・儀礼など多岐にわたる分野に関心を持たねばなりません。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

なにかに熱中し、時間を気にせず取り組める、大学でのまなびの時間を大切にしてください。学べば学んだだけ、確実に自分のものになります。あなたが身につけた知識は、あなたの個性となるでしょう。財産ともなるでしょう。誰にも真似できません。誰も盗むことなどできません。立命館大学で、あなたが、大きく飛躍なさることを、期待しています。

もっと見る閉じる

東アジア研究学域

中国近世の出版物と人、図像と文字、小説と芸能
キーワード :
図像、文字テキスト、出版物

廣澤 裕介准教授

所属専攻:
現代東アジア言語・文化専攻
専門分野:
東アジア出版文化、中国文学
世の中にはさまざまなタイプの本や印刷物があり、そこには長々しい文章とともに写真やイラストが掲げられています。そうした私たちにとって普通の出版物のスタイルは東アジアでいつ頃始まったのか、600年前の図像と文字はどんな関係を持っていたのか、400年前の図像はどのように描かれたのか、200年前の日本人はそれをどう楽しんだのか、という問題を楽しくまじめに研究しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学に入ると、自分が全く知らなかった世界や人間に関する知識・情報があふれ、一歩踏み出せばその世界や人にリアルにつながることも。あなたは、どの世界とつながりますか?そこで自分の人生をかける価値のある何かが見つかるか?立命館キャンパスアジア・プログラムは、将来東アジアで活躍するあなたを待っています!

もっと見る閉じる