教員紹介

  • 貧困

地域研究学域

アジアのエリアスタディ、観光・ツーリズム研究
キーワード :
エリアスタディ、マレーシア、台湾

藤巻 正己教授

所属専攻:
地域観光学専攻
専門分野:
エリアスタディ、観光・ツーリズム研究
私の研究領域は、マレーシア・台湾などアジア諸地域を対象としたエリアスタディ(地域研究)です。エリアスタディは、気候風土・歴史的背景・政治経済・社会文化・価値観などさまざまな側面に関心を払い、異(い)なる地域や人々について、「書かれたもの」の読解やフィールドワーク(現地調査)を通じて「他者」をよりよく理解していこうという学際的・総合的な研究領域です。とくに、観光・ツーリズム現象を「切り口」とした研究を進めています。観光・ツーリズムの現場に身を置き、眼前に広がる「風景」を読み解くなど、自身の「旅の経験」(フィールド経験)を通して、対象となる地域の諸特性(地域性)をとらえようとしています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

地域観光学専攻での学びは学際的・総合的ですから、旅行分野・マスコミ・地域振興に関わる公務員やNPOのスタッフ、教員・研究者だけでなく、さまざまな分野で活躍できる人の育成につながるものと期待されています。そのためにも大学での座学に加えて、「社会との連携活動」そして「旅・フィールド経験」を重ねて「人間力」を高めてください。

もっと見る閉じる