教員紹介

  • 文化財

日本文学研究学域

『源氏物語』と◯◯◯◯
キーワード :
平安時代、貴族、京都

川崎 佐知子教授

所属専攻:
日本文学専攻
専門分野:
日本古典文学
たとえばNHKの大河ドラマの主人公になるような戦国武将でも、『源氏物語』を知っていました。立場や財力により程度の差はあったでしょうが、伝手を頼って稀少な本を求め大切に書写して豪華に飾り立てたり、京都で評判の知識人を自邸へ招き講釈を繰り返し受けたり…とみな結構貪欲でした。和歌や連歌の席でのしゃれた一言にも、周囲から畏れられる存在でありつづけるためにも、『源氏物語』はマストアイテムでした。
いずれも、現在に伝存する『源氏物語』の写本や派生作品、当時の日記・記録類から確認できる事実です。京都という場にも注意しなければなりません。芸能・絵画・音楽・儀礼など多岐にわたる分野に関心を持たねばなりません。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

なにかに熱中し、時間を気にせず取り組める、大学でのまなびの時間を大切にしてください。学べば学んだだけ、確実に自分のものになります。あなたが身につけた知識は、あなたの個性となるでしょう。財産ともなるでしょう。誰にも真似できません。誰も盗むことなどできません。立命館大学で、あなたが、大きく飛躍なさることを、期待しています。

もっと見る閉じる

日本史研究学域

近世成立期の国家と社会
キーワード :
中近世移行期、豊臣政権、京都・京郊地域

谷 徹也准教授

所属専攻:
日本史学専攻
専門分野:
日本近世史、政治史
戦国時代の日本を国家統合へと導いた豊臣政権は、集権的かつ強権的イメージが強く、従来はその法や政策は社会へ貫徹したと考えられてきました。しかし、豊臣秀吉自身やその政務を補佐する奉行衆(石田三成らいわゆる「五奉行」)の活動を具体的に追っていくと、その意思決定や社会への浸透の過程は実は紆余曲折を経た柔軟性の高いものであったことが浮かび上がってきます。そうした成果を基に、最近では近世国家・社会の成立過程や、近世における京都・京郊地域の位置づけについても考察を進めています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

高校までに習う日本史と、自ら研究して新たな発見をする大学の日本史では大きな違いがあります。知的探究心に溢れ、主体的な学びを求める学生を歓迎します。

もっと見る閉じる

日本史研究学域

朝廷政治や文化から日本史をながめる
キーワード :
院政、貴族社会、権門都市

美川 圭教授

所属専攻:
日本史学専攻
専門分野:
日本中世史
平安時代後期から鎌倉時代まで、一貫して朝廷、あるいは貴族社会から日本の歴史を見ている点だと思います。この時期には、平氏政権、鎌倉幕府という武家政権が成立したので、政治史が武士に著しく偏って論じられてきました。そのために、どうしても当時の社会の実情とかけ離れたイメージが形成されてしまったのです。実際は、院や貴族などの政治的地位が高く、鎌倉幕府ができても、その状況はそれほど大きく変わらなかったと考えています。そのため、鎌倉時代といっても、京都の重要性は容易に失われなかったのです。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

これからの社会ではものごとを根底から考え直すことがあらゆる分野で必要となります。インターネットやスマホを使うことが一般的な世の中になりましたが、ぜひとも大学に入ったらしっかり内容のある本を腰をすえて読んでください。短い文章ばかり読んだり書いたりしていては、論理的にものごとを考え発信する能力は身につきません。

もっと見る閉じる

日本史研究学域

窯業考古学、京都の伝統工芸
キーワード :
京焼、登り窯、実験考古学

木立 雅朗教授

所属専攻:
考古学・文化遺産専攻
専門分野:
窯業考古学、民俗考古学
窯業考古学、京都の伝統工芸考古学は「もの」から見る歴史です。物質文化研究と説明することもあります。京都の歴史は古文書から明らかにされてきましたが、それは一つの見方にすぎません。実際に京都の町を歩いて見れば、そのことは一目瞭然です。私の特技は、その陰で取り残されてきた貴重な遺産を掘り起こして集めることです。西陣織・友禅の図案、唐紙、尾形乾山の窯跡、清水焼の陶器製手榴弾、信楽焼の陶器製地雷、 平安時代と変わらない鏡の鋳造技術など、多くの場で驚き感動してきました。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

華やかな京都の文化遺産・伝統工芸は、現在、危機に瀕しています。変わり続ける京都の文化遺産の変化を体験してほしいと思います。

もっと見る閉じる

日本史研究学域

考古学へのいざない
キーワード :
瓦塼、石造物、梵字

高 正龍教授

所属専攻:
考古学・文化遺産専攻
専門分野:
韓国考古学
考古学は物質資料を扱う歴史学です。石器、土器、鉄器などの遺物や大地に残された貝塚、建物、古墳などの遺跡がその対象となります。これらの資料の多くは発掘調査を通して得られます。発掘調査は忍耐のいる作業ですが、土の中から過去の人々の生活の痕跡を発見していく過程は何ごとにも代えがたい喜びがあります。物言わぬ資料から歴史を復原していくのは簡単なことではありません。例えれば、ピースが半分しかないジグソーパズルを組み立てている感じでしょうか。ただ、新たな調査、発見によりピースが次第に埋まっていきます。それによって、自分のたてた仮説が裏付けられたり、修正されたり。一歩一歩、真実に近づいていく実感があります。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学生時代は豊かな時間です。ゆっくりと立ち止まって人生を考えたり、何かに打ち込んだり、盲目的に恋をしたり、眠りを貪るのもよいでしょう。様々なことにチャレンジし、多くの本を読み、たくさんの人と語り合いましょう。人は自分自身が経験、体験したことに基づいて行動します。その一つ一つが人生の糧になると思います。

もっと見る閉じる

日本史研究学域

原始古代の土器と交流
キーワード :
土器生産、農耕、国家形成

長友 朋子教授

所属専攻:
考古学・文化遺産専攻
専門分野:
日本考古学、民族考古学
弥生から古墳時代には、水稲農耕の普及、王権の成立、古代国家形成過程の解明など、日本の歴史を知るうえで重要な研究テーマが豊富にあります。私は、弥生・古墳時代を、ものづくりや食文化、海外との交流関係から研究しています。考古学的研究を軸としながら、民族学的調査をおこなったり、共同研究者らと理化学的分析と考古学研究成果を総合化するなど、時には学域を超えて研究を進めるなかで、視野がひらけ疑問の解けたときの喜びはひとしおです。過去の人々の生活の痕跡や墓、そこに残された物から歴史を再構築する楽しさを、ともに感じてみませんか。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

今現在の皆さんの問題意識の中から、研究課題は見えてきます。皆さんの見慣れた風景や生活する空間の地下には、歴史が眠っています。教科書では学ばない歴史を掘り起こしてみませんか。発掘調査をしたり東南アジアの土器づくり民族調査をしたり、フィールドワークを皆で一緒にすると楽しさも倍増します。皆さん、一緒に楽しみませんか?

もっと見る閉じる

日本史研究学域

縄文人はいかにして弥生人になったか
キーワード :
農耕、人口、縄文

矢野 健一教授

所属専攻:
考古学・文化遺産専攻
専門分野:
考古学
朝鮮半島から稲作が伝わったときに縄文時代から弥生時代に変化すると一般的には考えられています。しかし、縄文時代には1万3千年間の歴史があり、実は日本列島内部において稲作を必要とするような社会にゆっくりと自ら変化していくのです。縄文人が弥生人へと自らを「変化」させていく長大なドラマを、土器や石器、住居や墓、食料や環境・災害、人口変化など様々な角度から研究しています。長い時間をかけて変化していく歴史を見ていくと、環境変化や災害が変化のきっかけになっていて、歴史の根本には自然と人間との関わりがあることを実感できるのも面白いと思います。水中考古学や美術家との地中再現展示プロジェクトも行っています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

考古学は遺跡や遺物を研究します。本を読むことも必要ですが、遺跡を見学したり博物館で土器や石器などの実物を見学すると、その都度新たな発見があります。自然にも親しんでほしいと思います。百聞は一見に如かず。積極的に野外に出てください。知りたくなることがたくさん見つかるはずです。

もっと見る閉じる

地域研究学域

鍬・鋤などの農具を起点に人々の生業と生活を捉える
キーワード :
職人、鍛冶屋、アイルランド

河島 一仁教授

所属専攻:
地理学専攻
専門分野:
歴史地理学、アイルランド研究
日本の代表的な農具である鍬を製造したのは、村の鍛冶屋です。学部2回生の秋、和歌山県から京都府南丹市に出稼ぎに来た村の鍛冶屋に偶然に出会いました。「なぜ和歌山の鍛冶屋が京都に?」が最初の関心でした。それ以降この課題に取り組み、18世紀から現在までの東海・近畿をフィールドとして研究してきました。農具を起点にして、それを作った鍛冶屋、使った農民という人間に着目し、生業や生活のレベルからの研究を面白いと思っています。アイルランドとウェールズもフィールドとして、鋤や野外博物館に関して研究しています。テーマは異なりますが、立命館をはじめとする大学を考察の対象にしています。大学の歴史地理は新しい試みです。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

高校までの勉強は教科書を用いた学習です。どれだけ理解したかを試験で確認し、成績がつけられます。大学でも教科書を使いますが、学習ではなく、皆さんは自分で研究をします。学習が自分の内側への知識の吸収であるのに対して、研究は自分の外で知識を表現することです。その最終的な成果が卒業論文です。立命館で、自分を成長させてください。

もっと見る閉じる