教員紹介

  • 祇園祭

日本史研究学域

自他認識の日本史、地域住民の歴史意識
キーワード :
自他認識、京都、学知史

田中 聡教授

所属専攻:
日本史学専攻
専門分野:
日本史(古代史・史学史)、京都学
日本史や日本文化について考える時、周縁(地域的・身分的)から相対化する視点は必要不可欠だと思います。自民族の歴史や文化に至上の価値を求める考え方が、他者の過小評価や否定を伴うことに繋がりやすいのはなぜかを、古代の夷狄等を例に検討し、近代歴史学の形成過程と関連づけて考えています。「歴史の中の自他認識」を問いなおす視角は、我々が暮らす京都を考える上でも有効です。京都が纏う「雅な古都」や「文化首都」のイメージはいつどのように生まれ、何を切り捨てて現在に至っているのか。古文書や梵音具、教育、伝統工芸から紙芝居・マンガに至るまで、埋もれた資料を発掘し、地域住民の歴史意識の変容を跡付けます。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

京都は日本有数の観光都市であり、その魅力について語る書籍やブログ等も多数ありますが、実像をより深く知るためには光と影の両面を見る必要があります。2回生から学域横断型で開講される「京都学クロスメジャー」は、フィールドワークやインターンシップ等で、実地で歴史や文化を学ぶことが出来るプログラムです。

もっと見る閉じる

地域研究学域

祭礼の地理学、京都の地域資料のデジタルアーカイブ
キーワード :
祭礼、京町家、デジタルアーカイブ

佐藤 弘隆特任助教

専門分野:
人文地理学、デジタル地域学
中近世以来の歴史的都市では、町やそれを構成する町家での職住一体の暮らしに支えられて豊かな祭礼文化が根付き、現在も各地で多くの人々を魅了しています。そのような祭礼の存立には、⼈員・資⾦・場所を確保し、資源的基盤を構築する都市の機能が欠かせません。このような祭礼と都市の関係を捉え、未来への継承に貢献すべく、京都祇園祭の山鉾行事を中心に、全国各地の類似する山・鉾・屋台等の祭礼を地理学の立場から研究しています。また、町に残された古文書や古写真などの地域資料のデジタルアーカイブによって蓄積した時空間情報を利用した歴史都市京都の地域研究にも取り組んでいます。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

京都に対して排他的なイメージを持つ方は多いと思いますが、必ずしもそうではありません。私も京都学の学生として大学生活を過ごし、地元の人々と出会い、交流した経験は大きな財産となっています。皆さんも歴史のある京都の町に入り込んでみませんか。

もっと見る閉じる