教員紹介

  • 漫画・アニメ

日本文学研究学域

『明星』派文学の研究
キーワード :
石川啄木、与謝野晶子、近現代短歌

田口 道昭教授

所属専攻:
日本文学専攻
専門分野:
日本近現代文学、近現代詩歌
私の研究は明治40年代の石川啄木の評論や詩歌の文学史的・思想史的な位置づけを、与謝野晶子をはじめとする歌人・文学者の作品 とともに明らかにすることを目標としています。啄木は、「東海の小島の磯の白砂に/われ泣きぬれて/蟹とたはむる」など、孤独や望郷をうたった歌人として、近代以降、多くの人に読み継がれてきました。文学雑誌「明星」の浪漫主義から出発し、やがて自然主義に対する内的な批判者となった啄木の、詩歌と散文(評論・小説)というジャンルの垣根を越えた多彩な文学表現は、明治の文学史を理解する上でも重要です。併せて、与謝野晶子をはじめとする近代短歌の表現の面白さについても研究しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

文学の研究では、言葉によって構築された文学作品の世界を鑑賞するとともに、そこに時代や社会がどのように描かれているかを考えます。その意味で、文学研究が対象とするのは、この世界全般といっていいかもしれません。さまざまな作品を読みながら、私たちの世界がどのような物語として紡がれているか、いっしょに考えてみませんか。

もっと見る閉じる

国際文化学域

東洋美術がもつ意味や表現の面白さを探求する
キーワード :
彫刻、絵画、マンガ、アニメーション

西林 孝浩教授

所属専攻:
文化芸術専攻
専門分野:
仏教美術史、日本・東洋美術史
仏教美術史および日本・東洋美術史が専門です。仏教美術は、日本の美術のみならず、インド・中央アジア・中国・朝鮮半島・東南アジアなど、アジア各地の文化・芸術を吸収しつつ発展してきた経緯を読み解く面白さがあります。京都の恵まれた環境を活かして、皆さんも是非その面白さを味わって欲しいと思います。また最近では、日本美術史において、マンガやアニメーションも扱われ、「日本」の枠内で、その特異性や面白さについて語られることが多いようですが、欧米を含む様々な地域の文化や芸術との関わりも密接だと思います。文化芸術専攻として、世界各地の芸術を参照しつつ、これからの日本・東洋美術を考えることも、私の重要なテーマです。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学入学以前において、実技の「美術」については、「図画工作」など、何らかの学びを経験した人が多いと思いますが、「美術史」を専門的に勉強した人は、とても少ないと思います。「美術史」を学ぶにあたって、絵が上手である必要はありません。まず必要なのは、作品をじっくり観察する好奇心のみ! あなたも新しい学問に挑戦してみませんか?

もっと見る閉じる