教員紹介

  • 観光

地域研究学域

東南アジアの都市地域問題を研究
キーワード :
都市、東南アジア、日本

生田 真人教授

所属専攻:
地域観光学専攻
専門分野:
経済地理学、地域観光学
私は主に経済地理学を研究しています。経済活動のグローバル化が進展し、国境を越える経済活動が拡大してきたので経済諸科学の中においても、経済地理学が注目されています。その中でも、日本と東南アジアの大都市の経済発展と都市問題、都市政策と国家レベルの地域政策に関心があります。東南アジア諸国はいずれも個性的ですが、特にマレーシアとシンガポールというかつてのイギリス植民地であった場所に関心を持ってきました。最近は、インドシナ半島の諸国について研究を進めています。またこれらの研究とともに、大都市と国家の関係についての考察も進めています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

地域研究学域は、地域に関連するさまざまな研究分野を含む学際的な領域です。様々な学問領域に幅広い関心を持つ受験生を歓迎します。

もっと見る閉じる

地域研究学域

観光とポピュラーカルチャーに関する社会学的研究
キーワード :
ポピュラーカルチャー、メディア、モビリティ(移動)

遠藤 英樹教授

所属専攻:
地域観光学専攻
専門分野:
観光社会学、現代文化論
「観光は地域に何をもたらすのか」「観光はメディア文化やポピュラーカルチャーとどのように結びついているのか」「グローバルな現代社会の中で、観光はどのような役割を果たしているのか」「観光は文化をいかに変容させるのか」「観光地で私たちは一体、何を見て, どのような経験を手に入れるのか」「観光における『遊び』の要素は、現代社会に何をもたらすのか」――観光現象に関する様々な問いを、社会学的な視点から追求しています。このように理論やフィールドワークをふまえた人文・社会科学的な観光研究を展開していくことで、現代社会のあり方をラディカルに(根底から)問い直そうと思っています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

この世界は不思議(wonder)に満ちていて、だからこそ素晴らしい(wonderful)のだと思います。たくさんの好奇心をもって、この世界に目をこらしてください。そうすれば見慣れた風景でさえ色鮮やかに輝きだすかもしれません。誰かが準備した問いでなく、皆さんの好奇心から溢れる問いを大切にしてください。

もっと見る閉じる

地域研究学域

観光から近現代社会を楽しく深く探究する
キーワード :
イメージ、移動、観光地

神田 孝治教授

所属専攻:
地域観光学専攻
専門分野:
文化地理学、観光学
観光は、楽しさ、憧れ、夢、欲望といったものと密接に関係した現象です。他なる場所にこれらと結びついたイメージが投影されるなかで、観光客が生じ、観光地が創造されるのです。また、観光地という場所は、観光客をはじめとする多様な移動を通じて創り出され、そして変化し続けています。そこで私は、観光客の地理的な想像力や、様々な空間的移動に注目して、観光地が社会的にいかに創造されているのか、またそれがどのように変容しているのかを研究しています。こうした研究は、観光という楽しさと関わるテーマを取り扱いながら、近現代社会の文化的・空間的な特徴を多角的かつ深く探究するものとなっています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

みなさんは旅が好きでしょうか。これまであまり関心がなかった人も、是非、いろいろな場所へ出かけてみることをお勧めします。いつもとは違う場所に行くことは、新しく興味深い体験や発見を生じさせる契機となります。こうしたなかで知的好奇心が芽生えれば、皆さんはもう学問を楽しめる学生になっています。

もっと見る閉じる

地域研究学域

アジアのエリアスタディ、観光・ツーリズム研究
キーワード :
エリアスタディ、マレーシア、台湾

藤巻 正己教授

所属専攻:
地域観光学専攻
専門分野:
エリアスタディ、観光・ツーリズム研究
私の研究領域は、マレーシア・台湾などアジア諸地域を対象としたエリアスタディ(地域研究)です。エリアスタディは、気候風土・歴史的背景・政治経済・社会文化・価値観などさまざまな側面に関心を払い、異(い)なる地域や人々について、「書かれたもの」の読解やフィールドワーク(現地調査)を通じて「他者」をよりよく理解していこうという学際的・総合的な研究領域です。とくに、観光・ツーリズム現象を「切り口」とした研究を進めています。観光・ツーリズムの現場に身を置き、眼前に広がる「風景」を読み解くなど、自身の「旅の経験」(フィールド経験)を通して、対象となる地域の諸特性(地域性)をとらえようとしています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

地域観光学専攻での学びは学際的・総合的ですから、旅行分野・マスコミ・地域振興に関わる公務員やNPOのスタッフ、教員・研究者だけでなく、さまざまな分野で活躍できる人の育成につながるものと期待されています。そのためにも大学での座学に加えて、「社会との連携活動」そして「旅・フィールド経験」を重ねて「人間力」を高めてください。

もっと見る閉じる

地域研究学域

観光資源化のプロセスの研究
キーワード :
近代化遺産、産業観光

山本 理佳准教授

所属専攻:
地域観光学専攻
専門分野:
文化地理学、景観論
産業施設、戦艦、廃墟、廃線跡、空き家…今やどんなものでも「観光資源」となりえる時代です。私は、あるモノが観光対象となっていくプロセスを研究していますが、とくに上記であげたような、無用の長物や嫌われモノが、観光の有用な対象となっていく過程はとても興味深いものです。たとえば廃墟は、負のイメージのノスタルジックな価値への転換や莫大な費用をかけた保存整備など、様々な社会的状況や地域社会の動きが絡みつつ、ようやく観光資源となります。そうした背景や要因を一つ一つ丁寧に追っていくこと、あるいはひも解いていくことが、社会や地域を知ることにつながります。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学は自分の世界を広げるチャンスがもらえるところです。ただチャンスは自分からつかんでいかなければ活かせません。色々な事に興味を持ち、是非積極的に動いてみて下さい。

もっと見る閉じる

地域研究学域

グリーンツーリズムの変容に関する地理学研究
キーワード :
地域ブランド、持続可能性、ボラバイト

児玉 恵理特任助教

専門分野:
農業地理学、観光地理学
道の駅併設の農産物直売所の役割や地域ブランド化の展開、都市農業の持続可能性などについてグリーンツーリズムの観点から研究しています。宅地化が進む地域で都市農業がどのように持続されているのかを労働力に着目してみます。都市農家は、農業に関心を持ち、生活基盤のある都市住民を補助的労働者として雇用することで、収穫・出荷作業の効率化につなげています。一方、都市住民は観光的要素を含む都市農業に携わっています。このように都市農家の労働力確保の必要と都市住民の農業参加への意欲の合致により、都市農業が持続されています。都市農業を単なる収入確保のためと考える人もいれば、観光ととらえる人もいるのです。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学では、様々な地域から来た教職員、学生と出会い、様々な価値観があることを知ることになるでしょう。多角的な視点に立って物事を考える力を養いながら、自分の興味がある地域や現象についてフィールドワークで五感をフル活用して、学んでみませんか。

もっと見る閉じる