教員紹介

  • GIS

地域研究学域

データ分析でみる家族と暮らしの地理学
キーワード :
地理情報システム、データ分析、海外研究

花岡 和聖准教授

所属専攻:
地理学専攻
専門分野:
地理情報科学、人文地理学
私たちのライフスタイルや価値観はユニークなものであったり、逆に、友人と似ているところがあったりします。私の研究では、一人一人を区別できるデータを精査することで、人々の暮らし方の共通点や相違点を明らかにしていきます。膨大な人口のデータを調べ、そこに仮説と一致する特徴や意外な特徴が見いだされたときが一番面白いです。具体的な研究テーマは、日本人特有の働き方や家族関係、国際結婚夫婦の出生行動、さらには防災・復興、外国人の居住地選択に関する分析など多岐にわたります。最近では、オーストラリアやフィリピン、ヨーロッパをフィールドにした研究も行っています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

紙の地図がデジタルな地図へと変わってきたように地理学の研究でもデジタル化が進んでいます。そうしたことから私が担当する講義では、まちづくりや防災、環境保全、観光、マーケティングをテーマに、地理情報システムを使った地図作成や地域データ分析、衛星画像の解析方法を紹介しています。

もっと見る閉じる

地域研究学域

人間の居住環境の向上に貢献する自然地理学的研究
キーワード :
資源、災害、環境

松永 光平准教授

所属専攻:
地理学専攻
専門分野:
自然地理学、環境学
人間をとりまくさまざまなものは、環境とよばれます。人間は快適・安全に居住するために歴史的に多様な手段で環境の把握を試みてきました。1820年に大学での教学がはじまった地理学は、地球全体を視野に入れつつ環境の地域的特徴を明らかにしてきました。地理学は、環境のうち、自然環境の仕組みを解明する自然地理学と、社会環境の理解に重点を置く人文地理学とに分かれています。私は自然地理学の立場から、衣笠キャンパス周辺を事例として災害危険度の把握や、被災時に使える水・食料・木材などの資源の賦存状況の解明に努めています。「流通がストップして水・食料が入手できなくなったら?」などさまざまな状況を想定します。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

自然地理学は資源確保・防災・環境保全を通じて人間の居住環境の向上に貢献すると思いますし、そこにやりがいがあります。ただ、「向上」といっても「技術開発でもっと便利に。」「人間の居住地を地球にとどめず宇宙に進出せよ。」という上昇・拡大志向には反対です。たとえば電気を使わないような、昔風の暮らし方にも学ぶべきと思います。

もっと見る閉じる

地域研究学域

持続可能な社会のための防災と環境保全の地理学研究
キーワード :
持続可能性、人間と環境、社会調査

村中 亮夫准教授

所属専攻:
地理学専攻
専門分野:
人文地理学、環境・災害研究
私は「環境」「防災」「地理」をキーワードに、持続可能な社会のあり方を研究しています。具体的に、①生態系や景観、文化遺産のような環境・文化財の価値評価をその保全に対する人間の選好に基づいてモデル化する研究、②災害に対するレジリエントな社会の構築のために有用な在来知(e.g.災害履歴、災害地名、前兆)の継承に関する基礎・教育実践研究を行っています。環境の価値や災害にまつわる在来知のように目に見えないものを掘り起こして可視化し、その可視化データに基づいて中長期的な視野から持続可能な社会を実践的・総合的に構想していく点に魅力を感じています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

地理学専攻には、地図や写真、旅行、登山、鉄道などを好む在学生が多いように思います。これらの趣味嗜好が大学での学びと何の関係があるのかと思うかも知れませんが、学問を修める時に実利的側面のみに目を向けるべからず。関心のあるテーマを大切に、広い視野からとことん究めて欲しいです。きっと皆さん自身の成長や社会の発展に繋がります。

もっと見る閉じる

地域研究学域

複雑な現象は地図化することで理解・解釈できる
キーワード :
GIS、デジタル人文学

矢野 桂司教授

所属専攻:
地理学専攻
専門分野:
人文地理学、地理情報科学
地理情報システム(GIS)を用いた歴史都市京都の研究
歴史都市京都の過去、現在、未来の町並みをコンピュータ上に再現した「バーチャル京都」を構築しています。Google Earthのように、インターネットを介して世界中を旅することができるように、タイムカプセルにのって時間次元を取り込んだ京都の時空間旅行を可能にしたいと考えています。
そして、情報技術と人文学(人文科学)が交差する研究・教育分野であるデジタル人文学に取り組んでいます。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学で「地理」を勉強するということは、国名や地名を覚えることではありません。地理学とは、そこに何があるかではなく、なぜそこにあるのかを考える学問です。

もっと見る閉じる

地域研究学域

中央アジア・オアシスにおける都市の発達と変容
キーワード :
シルクロード,都市,GIS(地理情報システム)

宇佐美 智之特任助教

専門分野:
考古学,地理学
中央アジアはその大部分を砂漠とステップが占める乾燥地域ですが,主要な河川に沿ってオアシスが存在しています。オアシスというと,砂漠の中の小さな泉といったイメージをもつかもしれませんが,実際には,灌漑網が広範に作られて,農業をはじめとする人々の活発な営みがなされてきた場です。またそこは,シルクロードを通じてユーラシア各地の文化が出合い,融合する場でもありました。私はイスラーム以前の時代を対象に,こうした背景の中で都市がどのように発達し変容してきたのかを研究しています。それと同時に,この地域の都市や社会の動向が,シルクロード交流・交易のあり方にいかなる影響を及ぼしたかを明らかにしたいと考えています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

「学びたいことを学ぶ」,これに尽きます。 大学ではぜひ,学びたいことを存分に学んでほしいと思います。それが,自分の力を最大限に高めることにつながるはずです。

もっと見る閉じる

地域研究学域

旅日記から旅の行程や風景を明らかにする
キーワード :
旅日記、交通

村上 晴澄助手

専門分野:
地理学、交通史
旅人が旅の行程や道中の風景などを書き残した日記を、旅日記あるいは紀行文と呼びます。文学作品として古典の教科書に載っている「土佐日記」や「おくのほそ道」も旅日記です。

私は、地理学や交通研究の視点で旅日記を読み、旅で通った場所や所要時間、風景、災害との関わりなどを研究しています。旅日記を読むだけでなく、古い地形図やGIS(地理情報システム)なども使用しています。

最近は、幕末に来日した外国人の旅日記に注目しています。彼らは、物珍しい日本の街道の旅について、旅日記に詳しく書き残しました。そこで、彼らの旅日記をもとに、実際に街道のフィールドワークにも取り組んでいます。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

研究は、興味を持つことや、疑問を抱くことが始まりです。 例えば、身近にある旧道・旧街道などと呼ばれている道の多くは、江戸時代以前に起源があります。本当にその道は昔から交通路として使われていたのか? そこを通った旅人が見た風景とは? このような様々な興味や疑問が研究につながっていきます。

もっと見る閉じる