教員紹介

  • 哲学・思想

人間研究学域

相互依存の中にいる生身の人間の哲学
キーワード :
生命、感情、関係性

伊勢 俊彦教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
英語圏を中心とした近現代の哲学
理性的に考え、他人に頼らずに自分の判断で行動する。哲学という学問分野では、そんな人間のあり方を前提として、人間の認識や行動を理解しようとするのがずっと主流でした。しかし、人間は理性的な精神だけでなく、生身の体や喜怒哀楽の感情をもち、おたがいに頼り頼られする関係の中で生きる存在でもあります。必ずしも理性的なばかりではない人間のあり方に注目する流れは、最近になって大きくなっていますが、それにつながる思想は、200年以上も前から、たとえばヒュームという哲学者によって展開されています。私は、こうした過去の遺産にも学びながら、相互依存の中にいる生身の人間のあり方を探究しています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

考えること、感じることの範囲を広げましょう。目の前にあることにとらわれすぎず、異なった地域や時代の思想や文学に触れてください。いろいろなジャンルの映画や音楽を楽しむのもいいと思います。それぞれの「今、ここ」が、どんな歴史的時間・社会的空間の広がりの中にあるか、大きな見取り図を描いていきましょう。

もっと見る閉じる

人間研究学域

メルロ=ポンティ存在論の研究
キーワード :
哲学、現象学、存在論

加國 尚志教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
西洋哲学
私の研究は、20世紀フランスの哲学者モーリス・メルロ=ポンティ(Maurice Merleau-Ponty 1908-1961)の存在論の研究です。これまで、彼の遺稿の研究を中心に、『自然の現象学』(晃洋書房 2002年)、『沈黙の詩法』(晃洋書房 2017年)といった著作を発表してきました。また共訳としてジャック=デリダ『触覚 ジャン=リュック・ナンシー』(青土社 2006年)、モーリス・メルロ=ポンティ『コレージュ・ドゥ・フランス講義草稿 1959-1961』(みすず書房 2019年)を出版しました。これからもメルロ=ポンティの著作の翻訳を行う予定です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

この現代社会において、お金儲けではなく、哲学、文学、芸術に関心をもつ諸君は貴重な存在です。あなたたちと共に研究の喜びをわかちあえれば、と思います。

もっと見る閉じる

人間研究学域

デリダの「脱構築」の思想を解明する
キーワード :
脱構築、デリダ

亀井 大輔教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
現代フランス哲学 現代思想
心と体、生と死、自己と他者、「同じ」と「違う」などの対立概念を、私たちは日々用いています。こうした概念は伝統的なものですが、現代フランスの哲学者ジャック・デリダは、その伝統が一種の閉域を形づくっていると考え、それを外へと開こうと試みました。この思想が「脱構築」と呼ばれ、20世紀後半の人文学に大きな影響を及ぼします。私の研究テーマは、こうしたデリダの思想を解明することです。その成り立ちを明らかにし、展開を追いかけながら、歴史、時間、他者、暴力といった諸問題の核心に迫っていくところがこの研究の醍醐味です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

哲学や倫理学は難しいというイメージがあるかもしれません。でも、授業を通じて、あるいは誰かと一緒に、哲学書をじっくりと読み進め、語り合うことは、とても楽しいことです。

もっと見る閉じる

人間研究学域

現代社会において道徳はどこまで可能か?
キーワード :
なぜ悪いことをしてはいけないのか、自由の限界、カント

北尾 宏之教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
倫理学
現代社会では、価値観が多様化し、伝統的な倫理は自明とはいえなくなっています。各人の自由を尊重するならば、それを制限する倫理は邪魔なもののようにさえ映ります。ある人のいう正義は、他の人にとっては単なる偏見であったりもします。倫理なんて現代社会ではもはや成り立たないのかもしれません。他方また、凶悪事件や不祥事が生じると倫理観の欠如が嘆かれますし、クローンなどの新たな科学技術が生まれるとどう対処すべきかという倫理が求められもします。いったいいかなる倫理が求められ、またいかなる倫理が可能なのでしょう。答えは1つではなく、さまざまな可能性を提起することができます。ここに私の研究の面白さがあるのです。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

大学での学びは、そしてとりわけ哲学・倫理学という学問分野での学びは、単なる知識の暗記ではありません。もちろん基礎知識の吸収は必要ですが、それをもとに自ら問題を発見し、自ら考えて問題の解決に向かうのです。そういう学問の喜びをぜひとも体験してみてください。

もっと見る閉じる

人間研究学域

現象学の立場から「他者」について考える
キーワード :
自己、他者、社会

鈴木 崇志准教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
近現代のドイツ哲学、現象学、他者論
私は、ドイツの哲学者エトムント・フッサール(1859–1938)の考案した現象学という方法論を研究しています。そして、この現象学を用いて、「他者」というテーマに取り組んでいます。他者の存在を証明するのは、実はとても難しいことです。私は、自分の心を内側から感じ取るのと同じようにして他者の心の中に入り込むことはできないからです。しかし、私はたしかに他者と出会い、他者が私にとってどうでもいい存在ではないことを、痛いほどに思い知っています。こうした「出会い」や「思い知り」に秘められているものを厳密な言葉で解き明かしてみたくて、哲学の研究をつづけています。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

みなさんが高校までの勉強で培ってきた思考力や読解力は、大学で研究するときにも必ず役立ちます。他方で、身の回りの出来事に対して沸き起こってくる感情も大切にしてください。そこにはきっと、みなさんにとっての哲学・倫理学の種があるはずです。

もっと見る閉じる

人間研究学域

現象学から私・他者・自然を捉え直す
キーワード :
私、あなた、自然

谷 徹教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
現象学、現代哲学
「現象学」という哲学を中心にして、現代において「私」が「他者」および「自然」とどう関わるか、を研究しています。とりわけ「唯一」のものが単なる「数」になる、それゆえ多数のなかの一として扱われるという点を軸にしています。しかし、まさにその「唯一」ということそれ自体が真に哲学するに値することだと思います。あなたもあなた自身を唯一だと見ているならば、そこにも問題が現れているはずですが。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

知ってるつもりでも、私たちの世界は、そして私たち自身も、いまだに謎だらけです。問い直し、こたえを求め直しましょう。

もっと見る閉じる

人間研究学域

曖昧な倫理の言葉を具体例に即しつつ解きほぐす
キーワード :
ロールズ、研究倫理、ドーピング

林 芳紀准教授

所属専攻:
哲学・倫理学専攻
専門分野:
倫理学、応用倫理学
20世紀米国の哲学者ジョン・ロールズの正義論を中心とした規範倫理学や政治哲学、ならびに生命倫理・スポーツ倫理等の応用倫理学を研究しています。研究対象となるトピックは多種多様ですが、これらに共通するのは公平性に対する関心です。例えば、社会制度のあり方は人々の人生の見通しを生まれながらにして大きく左右します。では、どんな社会が公平な社会でしょうか。また、勝利のためならどんなに汚いプレイも厭わないというスポーツ選手は、反則さえしなければフェアプレイの精神に則っているのでしょうか。こうした重要だけれども曖昧な倫理の言葉の意味を具体例に即してひとつひとつ解きほぐして行く点に、私の研究の面白さがあります。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

哲学・倫理学の本はすぐには読めません。毎日のコツコツとした練習を通じて、徐々に慣れて行くしかないのです。練習中は苦しく、すぐには成果が現れませんが、慣れてくるとふとしたときに自分の上達に気付きます。その点では、哲学書を読むことは、筋トレと似ているのかもしれません。筋肉と哲学書は裏切りません。一緒に頑張りましょう。

もっと見る閉じる

人間研究学域

未だない新しいものが生まれる瞬間を探る臨床教育学
キーワード :
物語、ミメーシス、ヴァルター・ベンヤミン

辻 敦子准教授

所属専攻:
教育人間学専攻
専門分野:
臨床教育学、教育人間学
教育を成り立たせているのは、未だない新しいものが生じてくるかもしれないという希望ではないでしょうか。この意味で、教育という営みには、今ある価値の枠組みをただ肯定するだけではなく、それを批判的に捉える視点が必要になります。私の研究テーマである「物語」は、教育に携わる人たちが、当たり前に見える教育のあり方を問い直し、生きた教育の意味を再び語りだすうえで、とても重要な見方です。教育や教育問題をめぐる言葉が、自閉的で排他的になっている状況を分析したうえで、教育をめぐる語りを豊かな意味生成へとひらくことを志向するのが、私が進めている臨床教育学的な研究です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

私たちの日常を形づくる「当たり前」を、少しだけ「ナナメ」に見てみることで、新しい景色が立ち上がってくることがあります。人間の、あるいは、世界の不思議を引き受けるという思考の奥行きへと一緒にダイヴしてみませんか?

もっと見る閉じる