教員紹介

  • 表現

人間研究学域

「生きていることの不思議」を深める人間学研究
キーワード :
人生、物語、ユーモア、かなしみ

鳶野 克己教授

所属専攻:
教育人間学専攻
専門分野:
教育人間学、笑い学
生まれ、育ち、老い、死にゆく人間の生涯の歩みを、総合的に捉え直す「教育人間学」を研究しています。
「自分はどんな人間か」を説明する際、人は自分の人生の物語を語ります。「物語」は、納得できる筋立てで人生を意味づける力を持ちますが、特定の筋立てに私たちの生き方を縛りつけもします。人間は「物語る」生き物ですが、生きることは決して物語り尽くせません。「物語」が人生を硬直させるとき、それを緩めるのが「笑い」です。また「かなしみ」は、生きることのままならなさと物語りきれなさを感じ続ける力の源泉となる感情です。「物語」を軸に、人間として生きることの不思議さについて考えを深めていく。それが私の研究です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

「生きることの意味」への問いは、客観的で正確な知識や情報、最終的な確答を求める問いではありません。私たちは、「生きることの意味」への問いを抱え込むことで、そうした答えのない問いを問わずにいられない人間という生き物の不思議さへと改めて目覚めるのです。さあ、この目覚めを分かち深め合う研究の旅に一緒に出かけましょう。

もっと見る閉じる

言語コミュニケーション学域

文章表現に埋め込まれた「仕掛け」の発見と創作
キーワード :
日本語を母語としない子どもの教育、文章表現研究、日本語ライティング教育

清田 淳子教授

所属専攻:
コミュニケーション表現専攻
専門分野:
年少者日本語教育、文章表現研究
文章表現研究の面白さは、書き手が実に巧みに、時にこっそりと作品に盛り込んだ表現上の「仕掛け」を発見することにあります。たとえばお気に入りの作家や小説があるとします。なぜあなたはその作家が好きなのでしょう。なぜその作品を面白いと感じ、先を読みたくなるのでしょう。主人公が魅力的だからとか予想外の事件が次々と起こるからなど、人物や出来事に惹きつけられるという理由もあるでしょう。しかし文章表現研究では、そのような作品の内容ではなく、内容を盛る<器>に注目します。すなわち、物語の構造やレトリック、語彙や文字の選び方など、文章表現の仕方にも読み手を魅了する秘密があるに違いないと考え、その正体に迫ります。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

お気に入りの小説や物語などのフィクションはもちろん、街角で見かける広告、雑誌の表紙、商品ラベル、ツイッター、新聞記事や役所から届く通知文に至るまで、日頃の生活の中で目にするさまざまな文字表現/文章表現に隠された「仕掛け」を解き明かすとともに、そのような「仕掛け」をほどこした作品をあなたも創り出してみませんか? 

もっと見る閉じる

言語コミュニケーション学域

心を動かす「ことば」と物語について考える
キーワード :
詩、小説、表現教育

西岡 亜紀教授

所属専攻:
コミュニケーション表現専攻
専門分野:
日仏比較文学、文芸メディア
一つの物語やモチーフが、表現のメディア=媒体とともにどのように語り直されるのか。うた・詩・小説・絵解き・漫画・アニメーションなど、多様な表現を研究しています。新しい表現方法を探して、人に会い、本を読み、旅に出ます。
この研究の醍醐味は、心を動かす「ことば」や物語、それを語る人の人生に触れること。「ひとは大人になって、高さを忘れる。 平行になじんで、垂直を忘れる」(長田弘)「人生は一つの病院のようなもの。どの患者も自分のベッドの位置を変えたがっている」(ボードレール)。ゼミで文芸創作を行う学生からプロの詩人、小説家、記者、アナウンサー、アニメーターまで、表現の現場にいる人に出会えるのも魅力です。

MESSAGE

受験生へのメッセージ

コミュニケーション活動を取り入れながら、音声を発する(朗読、紙芝居など)、文章を書く(小説、戯曲など)といった表現実践を学びます。また、その実践を支える「ことば」の仕組みについて研究します。読む、聞く、つくる、笑う。声を出したい人、物語が好きな人、自分のなかの「表現の種」と出会いたい人、一緒に学んでみませんか。

もっと見る閉じる