学生生活セミナー「SNSから人権を考える」が開催されました

 6月14(水)、衣笠キャンパスにて、学生生活セミナー(注)の第三回目として、レイ法律事務所の佐藤大和弁護士をお招きして、「SNSから人権を考える」をテーマとしたセミナーが開催されました。2、3回生を中心に、約50名に参加頂きました。
 今回のセミナーでは、SNS利用で「加害者にならない」、「被害に遭わない」ためにどのような姿勢・態度や知識が必要となるのかについて、法律家の視点より、分かりやすく解説いただきました。またネット上の炎上・拡散から重大問題に発展した事例等を用いて、問題点の抽出、法的責任を含めた想定されるリスク、そのリスク回避の方法について、グループディスカッションが行われました。参加した学生から、活発な意見が出ていました。
 SNS上で発言をする前に「発信後のリスクが無いかどうか」に加えて、「相手にとって思いやりのある発言かどうか」、「この発言をすることにより、信頼関係が深まるかどうか」など相手型思考を持つことが肝要であると言われ、セミナーを締めくくられました。

(注) 学生が安心・安全に正課、正課外活動に取り組むための一環として、今年度から新たに導入されたセミナー。「正しいお酒との付き合い方」、「ブラックバイト対処法」、「カルト集団、悪徳商法対策」、「SNSの適切な利用」、「女性のための防犯教室」などの被害に対する予防・未然防止を図るため、年間を通じて計画的に開催をします。

<案内:既に実施が決まっている衣笠キャンパスでの実施予定セミナー>
本学の学部生・院生であれば参加可です。
■「悪徳(マルチまがい)商法から身を守るために必要な知識・姿勢とは」   2017年6月27日(火)16:30~17:30 立命館大学衣笠キャンパス 研心館4F 641教室

■「カルト集団による危険な勧誘を避けるには」   2017年6月27日(火)17:40~18:40 立命館大学衣笠キャンパス 研心館4F 641教室

■「女性のための防犯教室」   2017年7月10日(月) 16:30~17:30 立命館大学衣笠キャンパス 明学館地階MG003

NEXT

2017.06.21 TOPICS

男子ホッケー部3季連続16回目の優勝~関西学生ホッケー春季リーグ~

ページトップへ