Global Initiative

global Initiative

 立命館は、建学の精神「自由と清新」にもとづき、「アジア太平洋地域に位置する日本の学園として、歴史を誠実に見つめ、国際相互理解を通じた多文化共生の学園を確立する」(立命館憲章)ことを使命として、教育・研究のグローバル化のみならず、国際協力事業を通じた国際的社会貢献を積極的に推進し、国際社会と地域の発展に寄与していきます。

 立命館には、世界の多様な国・地域、日本の全国各地から、多様な個性と能力を持った学生・生徒・児童、また教職員が集い、お互いを尊重し、高め合うことのできる「知のコモンズ」があります。
 ここでは、世界をフィールドとして、高い志とチャレンジ精神を持ち、どんな困難があっても果敢に乗り越えようとする強い意志と逞しさを備え、主体的かつ責任を持って創造的に問題解決を図ることのできる人間、そのために異なる文化や価値観、立場の人々ともお互いに尊重し、理解しあい、多文化の中で協働することのできる地球市民を育成します。

 このため、立命館大学、立命館アジア太平洋大学の2つの大学をはじめとして、立命館中学校・高等学校、立命館宇治中学校・高等学校、立命館慶祥中学校・高等学校、立命館守山中学校・高等学校、立命館小学校のすべての大学・学校において、教育・研究と学びのグローバル化を推進します。このような学園をあげたグローバル化の取り組みを、私たちは「立命館Global Initiative」と位置づけ、多様性(ダイバーシティ)から創造性とイノベーションを創出する総合学園をめざしていきます。

 これらの取り組みを通じて、立命館は、アジアから世界へ、世界からアジアへ、人と人、知と知をつなぐ「ゲートウェイ」としての役割を発揮するとともに、世界とアジアの中で真の信頼と友情を育む人づくりに貢献します。
 そして、立命館のグローバル展開に向けた全ての取り組みを礎に、国際社会と地域社会の発展を担う真のリーダーを育成する先導的役割を果たしていきます。

ページトップへ