国際連携

国際連携

海外協定校一覧

世界60カ国・地域、400を越える大学・研究機関と協定を締結し、交換留学をはじめとした学生や教員の交流、研究交流を進めています。

国際的なネットワーク
国際的な高等教育ネットワークへの加盟・参加を通して、国際レベルの教育研究活動に取り組んでいます。

INU
(International Network of Universities)

INUは大学間の国際的ネットワーク組織の1つであり、加盟大学の国際化、学生・教職員間の交流を推進している。2015年8月現在、米国のジェイムズ・マディソン大学に事務局を置き、10か国12大学が加盟しています。

日米研究インスティテュート
(U.S.-Japan Research Institute)

ワシントンD.C.に本部を置く米国NPO団体で、政策提言型の研究およびワークショップやセミナーでの情報発信とともに、学生交流事業を実施するなど幅広いネットワーク形成に努めています。立命館大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、同志社大学、早稲田大学の9大学が連携して運営にあたっています。

APSIA
(Association of Professional Schools of International Affairs:国際関係大学院協会)

ハーバード大学、コロンビア大学、イェール大学、ロンドン大学、高麗大学など世界の国際関係学をリードする大学院が集まる国際的な大学院ネットワークであり、日本の大学・大学院の中で唯一、正会員として国際関係研究科が加盟しています。

RENKEI
(Japan-UK Research and Education Network for Knowledge Economy Initiatives)

日英の大学が産学連携による人材育成・社会貢献をめざし、2012年3月に設立されたスキーム。ブリティッシュ・カウンシルが事務局を務め、2015年8月現在、日本から6大学、イギリスから6大学が参加しています。

国連アカデミック・インパクト
(UN Academic Impact)

国連と高等教育機関を結びつけるグローバルな取り組みで、立命館大学は教育・研究機関として世界と日本の平和的・民主的・持続的発展に貢献することを目指し、2016年に加盟しました。

ページトップへ