RARA・食総合研究センター主催「五感統合とnew essential-分子・認知・工学の融合が導く未来のウェルビーイング-」

21

Feb

TUE

2023.2.21(火) 10:00-16:45

RARA・食総合研究センター主催「五感統合とnew essential-分子・認知・工学の融合が導く未来のウェルビーイング-」

開催日時
2023.2.21(火) 10:00-16:45
場所
オンライン(Zoomウェビナー)
申し込み方法

オンライン参加
※当日参加可能

※アクセスできない方は、事務局へお問い合わせください。

問い合わせ先
立命館大学食総合研究センター事務局
MAIL:syoku@gst.ritsumei.ac.jp
TEL:077-561-2802

RARA・食総合研究センター主催

五感統合と
new essential
-分子・認知・工学の融合が導く未来のウェルビーイング-

未来のウェルビーイングに寄与する五感によるnew essentialの可能性を見出すことを目的とする。五感統合と食行動研究のエキスパートである和田を中心に、嗅覚の分子生物学(東原) と認知脳科学 (小早川)、五感統合 (鳴海) と身体拡張(稲見)を実現する情報学工学、身体DX (持丸)のエキスパート、さらにフードテックのエバンジェリスト (石川)を招き、真の五感統合の解明と応用によって導き出されるnew essentialの可能性とそれが導くウェルビーイング、それを実現する学術変革の必要性について議論する。
近年、情報工学が著しく発展し、認知科学をバックグラウンドとして時空を超えたコミュニケーションや身体・認知能力の拡張の試みがなされてきた。Withコロナ時代のnew normalの生活様式においてこうしたデジタル技術は、今後の人類の活動とウェルビーイングに不可欠な新たな生活必需品(new essential)となるだろう。その一方、化学感覚(味嗅覚)を巻き込んだ真の五感世界のnew essentialについてはほぼ未踏の領域である。化学感覚を巻き込んだ五感統合と拡張を試みるためには食行動(eating)が深く内包されており、分子生物学や食品工学、文化人類学との融合が必須である。

日時
2023221日(火) 10:00-16:45
ウェビナー入室開始9:50
参加費
無料
チラシ
ダウンロードはこちら
開催方法
オンライン(Zoomウェビナー)
  • ※当日参加可能です
  • ※オンライン開催となりますので視聴にはパソコン、スマートフォンなどの端末およびインターネット接続環境が必要となります。視聴にかかる通信費等は、視聴する方の負担となりますこと、何卒ご了承ください。
  • ※動画や写真の撮影、ZoomウェビナーのURLやIDなどの無断転載は禁止いたします。
  • ※事前に最新バージョンの「ミーティング用Zoomクライアント」をインストールしていただくとスムーズにご視聴いただけます。
  • ※Zoomウェビナー(オンラインセミナー)に初めてご参加される方は「ウェビナーに参加 (参加者) - Zoom Support」以の参加方法解説をご覧ください。

SCHEDULE

10:00

開会あいさつ

10:05

企画趣旨説明

10:10

トークセッション1

嗅覚と環世界

東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授

東原 和成

10:50

五感の中の味嗅覚 -ヒトにとっての"自然な感じ"とは-

国立研究開発法人産業技術総合研究所 上級主任研究員

小早川 達

11:30

食行動に関わる顕在意識と潜在意識

立命館大学 食マネジメント学部 教授・立命館大学 RARAアソシエイトフェロー

和田 有史

12:10

休憩

13:20

トークセッション2

身体の自在化からこころの自在化へ

東京大学 先端科学技術研究センター 教授

稲見 昌彦

14:00

五感統合の編集による感覚と自己のデザイン

東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授

鳴海 拓志

14:40

五感統合で拓くバーチャルエコノミー

国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間拡張研究センター センター長・
立命館大学 RARAフェロー

持丸 正明

15:20

休憩

15:40

ディスカッション

フードテックの現状と五感拡張への期待

宮城大学 食産業学群 教授

話題提供:石川伸一

16:40

閉会あいさつ

関連情報

ページトップへ