加藤周一現代思想研究センター

加藤周一現代思想研究センター
(Research Center for Shuichi Kato and the Japanese Contemporary Thoughts, Ritsumeikan University)

本研究センターは、加藤周一文庫※に収められた膨大な蔵書と遺稿類の研究およびそこで得られた知見の社会への発信・活用、国際的知識人の育成をその活動目的としています。
研究センターには、学内外から政治思想史、日本文学史、文化人類学、ジャーナリズム論、図書館学等の研究者が集い、加藤周一の知の世界の全容解明とその発信を行います。

加藤周一(1919年~2008年)は、戦後日本を代表する国際的知識人であり、洋の東西にわたる視野のもとに日本文学史や日本美術史を研究する。海外で翻訳された著書は50冊近くにのぼるが、代表作である『日本文学史序説』は七ヶ国語に翻訳され、海外の日本研究者にとっての必読文献である。本学国際関係学部で客員教授、国際平和ミュージアムの初代館長を務めた。

※加藤周一文庫について


研究体制
  • センター長:鷲巣 力(衣笠総合研究機構/教授)

研究テーマ
  • 戦後日本の知識人とコスモポリタニズムの研究
    ①基盤研究グループ「加藤周一文庫を基盤として」
    ②研究成果活用グループ「加藤周一文庫デジタルアーカイブの構築と活用」

お問い合わせ

立命館大学衣笠リサーチオフィス内
加藤周一現代思想研究センター事務局
TEL:075-465-8225
FAX:075-465-8342
e-mail:rcsk@st.ritsumei.ac.jp


ページトップへ