トップページ


最新号・バックナンバー

立命館CLUB 創刊!

▼創刊号のご挨拶▼

■□ 2012.4.13   ━VOL.1━
□■ 立命館CLUB
■□ ‐立命館の“いま”を届けるメールマガジン‐


立命館CLUB会員のみなさま

 はじめまして。立命館CLUB事務局です。
 このメールマガジンは、会員のみなさまに立命館の“いま”を伝
 えるとともに、参加可能な講演会やイベント情報をお届けする無
 料の情報配信サービスです。月2回、みなさまにお届けいたしま
 す。後半に読者プレゼントもございますので、最後までぜひお楽
 しみください。

▼学園ニュース▼

【1】15年ぶりにキャンパスでの入学式を開催!

 1998年に入学式会場をキャンパスから学外施設(府立体育館
 、京セラドーム大阪)に移して以来、15年ぶりに入学式をキャ
 ンパス内で開催いたしました。今年の学部新入生は、衣笠とびわ
 こ・くさつキャンパスを合わせて7,508名、大学院入学者は
 1,149名となっています。
 

 式辞では川口清史学長が「立命館の持つ多様性の中で、新しい可
 能性を切り開く変革の文化、気風をぜひわがものにして欲しい」
 「君たちが大学で学び自己を創り上げていくことは、君たち自身
 の未来を創るだけではなく、日本社会、さらには地球と人類の未
 来を創っていくことになる」と呼びかけました。

 その後、学部新入生代表が挨拶を行いました。文学部代表として
 挨拶した岩手県出身の学生は、震災で苦労しながらも、たくさん
 の方に助けてもらった経験を話し、「大学で心理学を学び、社会
 の役に立つことで恩返ししたい」と述べ、これから始まる学生生
 活への抱負を語たりました。

 
それぞれのキャンパスの様子はコチラ↓↓↓
<衣笠キャンパス・朱雀キャンパス>
http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/10315/date/4/year/2012
<びわこ・くさつキャンパス>
http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/10322/date/4/year/2012


【2】「JAPAN NEXTキャンペーン」に
   立命館大学・立命館アジア太平洋大学が協力


 立命館大学と立命館アジア太平洋大学は、内閣官房知的財産戦略
 推進事務局が「JAPAN NEXTキャンペーン」の一環とし
 て3月27日(火)に韓国の延世大学において開催するシンポジ
 ウム「KOREA NEXT,JAPAN NEXT~新しい東ア
 ジア世界の創造における日本と韓国の若者の役割~」を延世大学
 とともに実施しました。

  
講演を行なう藪中・立命館大学特別招聘教授) グループワークで報告する学生

詳細はコチラ≫
(学園HEADLINE NEWS)
http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/10272/year/2012
(学園PICK UP)
http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/10308/date/3/year/2012

--------------------------

【3】理工学部教授 谷泰弘研究グループ
   
レアアースフリーのガラス研磨を実現へ技術開発

 谷泰弘教授の研究グループは、株式会社アドマテックス、株式会
 社クリスタル光学、九重電気株式会社との共同研究開発で、複数
 の新たなガラス研磨材料の開発に成功し、レアアースフリーのガ
 ラス研磨技術を実現しました。

 レアアース(希土類)の一種で液晶テレビ等のガラス基板の研磨
 材として使われる「酸化セリウム」を全く用いずに、供給リスク
 の無い、価格の安い代替砥粒の使用が可能になることが期待され
 ます。

 また、谷教授と村田順二助教らの研究グループは本年2月に「ガ
 ラス研磨用エポキシ樹脂研磨パッドの開発」が評価され、日本機
 械学会「日本機械学会賞(論文)」を受賞しています。

続きはコチラ≫
(研磨技術の開発報告記事)
http://www.ritsumei.jp/news/detail_42_j.html
([日本機械学会賞(論文)]記事)
http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/10129/year/2012
--------------------------

その他学園ニュースはコチラ≫
(学園HEADLINE NEWS)
http://www.ritsumei.jp/news/index_j.html?year=2012&publish=
(学園PICK UP)
http://www.ritsumei.jp/pickup/index_j.html?year=2012&date=4

▼EVENT(公開講座)▼

※[事前申込制]の場合は各事務局で行います。
リンクURLから詳細確認の上、応募要項にそって応募ください。

【1】[@京都][申込不要][有料]
  ≪朱雀キャンパス公開講座≫
 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」
 シリーズ12「窓としてのスポーツ・鏡としてのスポーツ」
 第1講:コーチ・カーター


 [日 時]5月19日(土)13:00開場/13:30開演
 [参加費]一般800円/京都シネマ会員500円
 [場 所]立命館大学朱雀キャンパス5F 大ホール
  ※映画上映後、ゲストを招き対談と茶話会を行います。
  対談:大家友和さん(プロ野球選手)×
     漆原 良(立命館大学産業社会学部准教授)
--------------------------
  続きはコチラ≫
http://www.ritsumeihuman.com/cinema/index.html
--------------------------

【2】[@大阪][事前申込制][有料]
 ≪大阪・京都文化講座≫
 『哲学・思想の宇宙をめぐる-大阪・京都の思索の系譜』

 [テーマ]大阪の知的風土─[懐徳堂]─


 [日 程]5月8日(火)より全8回
 [時 間]14:00~15:40
     (90分の講演と10分の質疑応答)
 [講 師]湯浅 邦弘氏(大阪大学大学院文学研究科 教授)
 [参加料]1回2000円(※事前申込制)
     (全8回一括申込の場合14,000円)
 [定 員]各回98名*定員になり次第締切らせていただきます
 [会 場]立命館大阪キャンパス 演習室2+多目的室
--------------------------
 続きはコチラ≫
http://www.ritsumei.jp/life-09/e09_10kyo.html
--------------------------

  その他の公開講座はコチラ≫
http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/event/

▼EVENT(学術/スポーツ)▼

【1】[@滋賀][アメフト]
 
  第62回ひょうたんボウル


 [日程]2012年4月29日(日)14:30~
 [対戦]関西大学カイザース
 [場所]滋賀県立長浜ドーム
 詳細はコチラ≫http://www.ritsumeikanpanthers.com/

--------------------------
【2】[@京都][能楽部]
   薪能

 [日程]4月23日(月) 18:00~20:00
 [場所]立命館大学衣笠キャンパス以学館前広場
    (雨天時は以学館2号ホール)

 本学能楽部が以学館前広場に設置する特設舞台において、
 伝統行事「薪能」を開催。
 かがり火の明かりの中で舞う能は、見る人を幻想的な世界へ
 誘います。是非、キャンパスへ足をお運びください!

なお当日の模様は、立命館ライブストリーミングテレビ(rtv)
の学生によってU‐streamで配信されます。
http://ustre.am/BoJS

--------------------------
【3】[@滋賀]
   新歓祭典~キミの世界が開くとき~

 [日程]4月21日(土)12:00~18:30
 [場所]立命館大学びわこ・くさつキャンパス

 衣笠・BKC両キャンパスの新入生全クラスによる模擬店や、課
 外自主活動団体によるステージ、体験企画が盛りだくさん!
 
 詳細は新歓実行委員会のHP(大学外部サイト)に随時更新され
 ます。
--------------------------

その他のスポーツ・スケジュールはコチラ≫
http://www.ritsumei.ac.jp/event-sports/sports/schedule.html/

その他のイベント・スケジュールはコチラ≫
http://www.ritsumei.ac.jp/event-sports/event/schedule.html/

▼立命館LIFEのススメ▼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マイスポーツドリンクを持参してスポーツに新しい楽しみを
 海老 久美子・スポーツ健康科学部教授
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/html/virtual/ebi.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 立命館の学び・研究を通して、日常生活を少し豊かに、楽しくす
 るコーナー。第1回にご紹介するのは、海老久美子・スポーツ健
 康科学部教授です。

 今回のテーマはズバリ、「運動時の栄養補給について」です。
 近頃は日本全国マラソンブームで、昼夜問わず、たくさんのラン
 ナーの姿を目にします。特に気候の良くなるこの時期に、運動を
 始める方も多いと思います。

 そんな方のために運動時の栄養補給について海老先生に伺ってき
 ました。楽しくスポーツをするためにも、正しい栄養補給を学び
 ましょう。

◆楽しく運動するには、上手な水分補給が不可欠
 水分補給というと当たり前の印象を持つ方が多いと思います。
 海老先生の元にも、「水分補給は当たり前。トップアスリートで
 はあるまいし、特別な対応は必要ない」という声が寄せられるそ
 うです。

 しかし、実はときおり運動する一般の方にこそ、水分補給は重要
 なテーマなのです。もちろんトップアスリートは、毎日過酷なト
 レーニングを行い、水分補給や栄養補給についても気を使ってい
 ます。そんな彼らの走行時間は3時間前後に過ぎません。

 これに対し、一般の方の場合、フルマラソン級の距離を普段から
 走っておらず、かなり無理をしていることになります。その状況
 が場合によっては6時間近く続くのです。アスリート級とはいか
 なくても、彼らと同等に水分補給や栄養補給に気を使わなければ
 ならないのです。喉の渇きを感じて一気に補給するのではなく、
 喉の渇きを感じる前に、適度なタイミングで適切な栄養補給が必
 要になるのです。

◆運動で失われる栄養補給に作られたスポーツドリンク
 運動で汗を流すことで失われるのは、水分・ナトリウム・糖質で
 す。これら3つの補給できるように作られたものが、スポーツド
 リンクです。みなさまの中でも愛飲されている方も多いと思いま
 す。

 しかし、このスポーツドリンク、その意味を知れば、手作りする
 こともできます。スポーツドリンクは、塩分が0.1~0.2%
 、糖分が5%前後でデザインされています。
 通常、一般的なジュースには、糖分が10%ほど含まれます。

 しかし、糖分が高すぎると逆に水分の吸収を妨げてしまうため、
 糖分の割合を高くし過ぎず、5%前後に抑えています。この割合
 さえ守れば、自分オリジナルのドリンクを作ることも可能です。

◆マイスポーツドリンクを作ってランニングに新たな楽しさを
 プロアスリート選手が、自分専用のスペシャルドリンクをよく持
 参していますが、これらも、このような考え方をベースにどのよ
 うな割合で、何を加えてつくることが自分に合うのか、選手それ
 ぞれのこだわりを考えて作られたものが多いようです。

 例えば、エネルギー源を摂取するための糖質は砂糖にするか、は
 ちみつにするか。ナトリウムでは、自然塩のように他のミネラル
 も入れたものにするか、純粋にナトリウムだけを入れるのか、自
 分のこだわりに合わせてデザインすることができます。

 ぜひ、みなさんもマイスポーツドリンクを作られてみてはいかが
 ですか。一リットルの水に40~60グラムのお砂糖かハチミツ
 を入れ、0.1%くらいのお塩を入れて、好みでレモン等の果汁
 を絞る。これだけでも充分美味しいものが出来ます。

 このレシピを、地産地消の観点で地元ならではの食材を加えてみ
 るのもよいでしょう。きっと何で作っているのか、原材料の話題
 で運動仲間と持ちきりになると思います。

◆スイカは食べるスポーツドリンク
 ちなみに、スポーツドリンクというと特別な飲み物のイメージが
 ありますが、日本の食文化には昔から登場してきます。

 例えば、日本人は冷茶を飲むときに、煎茶ではなく麦茶を好みま
 す。これは麦茶にはカフェインが含まれないため、利尿作用がな
 く、長時間の農作業をするのに最適だからと考えることもできま
 す。この麦茶にお砂糖やお塩を加えて飲む昔ながらの風習があり
 ますが、これはまさにスポーツドリンクと同じ成分になるわけで
 す。

 また日本には昔から「食べるスポーツドリンク」があります。例
 えばスイカです。スイカにも塩をかけて食べる風習がありますが
 あれはまさに水分・塩分(ナトリウム)・糖分の摂取なのです。し
 かも、スイカは水分量が90%以上と豊富なうえ、ガブ飲みはで
 きないところも優れものです。

 熱い夏や海やプールで運動した後にスイカを食べるのは、まさに
 理想的な栄養補給なのです。他にも、トマトやキュウリ等、夏野
 菜に塩をかけたものも「食べるスポーツドリンク」になります。

◆身体の修復を促す万能補給食「きなみつ飴」
 いままで水分補給の話ばかりをしてきましたが、運動後の身体の
 修復を考えてオススメしたいのが、きなみつ飴です。きなこは大
 豆の粉なので、たんぱく質やカルシウム、イソブラボンを摂取す
 ることができます。

 レースの時に糖分・塩分・水分は取れますが、体の回復を考える
 とたんぱく質が欲しいところです。ただ、卵や肉をレース前後に
 食べることはなかなか難しいです。しかし、この飴だと簡単に作
 ることができて携帯もしやすいので、長時間の運動をする時には
 重宝します。

 実際に野球部やテニス部のマネージャーに作ってもらい、ベンチ
 にいる時間や途中の切り替え時にこの飴を食べてもらっています
 が、大好評です。カルシウムやイソブラボンやミネラルは骨の健
 康を保つために必要なものなので、みなさんにもお勧めです。

 
(出典元:野球食のレシピ 海老久美子著 (株)ベースボールマガジン社発行)

◆単なる数字分析ではない栄養学の本当の面白さ

 一般的に栄養学というといろいろな食品を数字で分析し、良し悪
 しを判断したり、カロリー計算しているイメージがあると思いま
 す。
 けれど、私たちは栄養素で判断して食べることはしていません。
 何をどのように摂取するかは、その国や土地の食文化や環境と密
 接にかかわっています。そこを紐づけて考えていくと、いまの風
 習の背景が理解でき、食に対する考え方が変わると思います。

 食を楽しく・おいしくしていく一つの材料として栄養学的なアプ
 ローチをすることが、栄養学の面白さなのだと思います。

 ぜひ、みなさんで手作りスポーツドリンクときなみつ飴を持参し
 て楽しく安全な運動を。そこに栄養という知識を加えて新たな楽
 しさを増やしてみてはいかがでしょうか。
                         [END]

--------------------------
 みなさん、海老先生のお話はいかがでしたでしょうか。海老先生
 の栄養に関するお話は、朝のNHKラジオ「すっぴん」でも聞く
 ことができます。
 隔週木曜日9:15頃の「働き盛りの食べ方」のコーナーを海老
 先生が担当しています。ぜひこちらの番組もチェックしてみてく
 ださい。

http://www.nhk.or.jp/suppin/foodcourt/tabekata.html
他にも毎日新聞Web版(水曜日隔週・夕刊)にて「エビさんの食
べるスポーツ」も好評連載中です。
http://mainichi.jp/life/health/chie/archive/

┏◆きなみつ飴レシピ
 【材料】(作りやすい分量) 
  ┣きな粉50g
  ┗はちみつ大さじ3杯
 1.はちみつを電子レンジで加熱し(30秒~1分)煮立てる。
 2.分量のきな粉を加え、練り合わせる
 3.まな板にきな粉の打ち粉をし、2をのせ、一度まとめて細
   い棒状に伸ばす
 4.好みの大きさに切って、きな粉をまぶす。

▼読者プレゼント▼

 第1号の読者プレゼントは、インタビューに登場した海老久美子
 先生の著書『野球食のレシピ』です。サイン入りで1名の方にプ
 レゼントいたします。

 全114レシピのエネルギー・栄養素量まで明記されたうえ、食
 事
や栄養に関する情報が満載の必読本です。ちなみにレシピに使
 用している写真はRecO Studio(スポーツ健康科学部
 研究棟実習室)で撮影されたものです。

 プレゼントご希望の方は、必要事項を明記の上、立命館CLUB
 
事務局までメールにてご連絡下さい。なお、プレゼントの抽選結
 果は次回第2号でお知らせいたします。
 みなさまからのご応募お待ちしております。

【応募先】立命館CLUB事務局(rclub
st.ritsumei.ac.jp)
【応募必要事項】

(1)名前:
(2)プレゼント送付先住所:  
(3)電話番号:
(4)海老先生へのメッセージ(簡単で構いません):
(5)今回のメルマガ内容に関する感想(簡単で構いません):
(6)プレゼント発表時の氏名公開:可  否 
(否の場合はイニシャルで表記いたします。ご希望のペンネームが
 ございましたらご連絡下さい)
 

▼編集後記▼

 桜も満開となり、心がウキウキする季節となりました。

 今回、メルマガを作るにあたり、どんな情報を発信しようかと、
 色
々調べてみましたが、私も知らなかったような面白い企画など
 もたくさん見つかりました。文字数が多くなってしまいますので
 掲載するのに限りがございますが、できる限り発信して行きたい
 とおもっております。

 今後とも立命館CLUBをよろしくお願いします。

 (立命館CLUB事務局 矢吹)

 
 (衣笠キャンパス至徳館(旧中川会館)と充光館の間の桜道)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回配信予定は4月27日(金)です。2週間後をお楽しみに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆立命館CLUBホームページ
 http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/
◆立命館大学ホームページ 
 http://www.ritsumei.jp/index_j.html
◆配信先の変更・解除はコチラ
 https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mbsd-meljr-a849c83c0a4b477a2a6d631dde627b21

[注 意]

※リンク先は、時間の経過と共に変更・消去される事があります。
ご了承ください。

※メールマガジンを転載、その他の利用によって生じる事象につい

て、立命館大学では一切の責任を持ちません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 発行:立命館大学 立命館CLUB事務局
■■ 〒604-8520京都市中京区西ノ京朱雀町1番地
■■ TEL:075-813-8118
■■ FAX:075-813-8167
■■ ご意見、お問合せ等は、下記までお願いいたします。
■■ メール rclubst.ritsumei.ac.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


No.1の記事一覧

※読みたい記事をクリックいただくとその場所まで画面が移動します。