トップページ


最新号・バックナンバー

立命館CLUB 【VOL.98】

立命館CLUB【VOL.98】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━VOL.98━━━
 ■□■ 2016.6.24 立命館CLUB-立命館の“今”を届けるメールマガジン-
 ■□■ http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/magazine/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 立命館CLUB会員の皆様、こんにちは。

 紫陽花の雨露が、美しく輝く季節になりました。哲学の道や下鴨神社などでは、
 ホタルも飛びはじめています。しとしと降る雨は風情がありますが、九州では
 先日来の大雨により、土砂崩れなどの被害が発生しています。被害にあわれた
 皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、 一日も早く復旧されますよう
 お祈り申し上げます。

 さて、読者の皆様は「AED」の使い方をご存知でしょうか?
 産業社会学部4回生中倉茜さんが、心肺停止状態となった男性に対して適切な救命
 処置を実施したとして、中京消防署から感謝状を贈呈されました。
 中倉さんは、就職活動の面接に向かう途中、意識を失った男性を取り囲む人だかりに
 遭遇。一緒に居合わせた、会社員の女性と連携して救命にあたりました。3回生の
 授業で普通救命講習を受講し、普段からAEDの場所を気にしていたそうです。今回、
 近くの銀行のATMにAEDがあるのを思い出し、それを使い心肺蘇生を行いました。
 この勇気ある行動で、男性は救急車内で心拍が戻ったそうです。授業での知識が
 非常に役に立ち、「気付いたら動いていた」そうです。
 
 それでは、今号も学生や教職員の情報満載でお届けします。

 読者プレゼントは、『混ぜる教育~80カ国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学
 APUの秘密~』
です。

 応募方法は最後にお知らせします。それではお楽しみください。

▼学園ニュース▼

 ───────────────────────────────────────
 【1】2016年度第1回「びわ湖の日」連続講座を開催

 6月11日(土)、立命館大学びわこ・くさつキャンパスのエポックホールにて、
 2016年度第1回「びわ湖の日」連続講座を開催、約100名が参加しました。1996年7月に
 施行された滋賀県環境基本条例で7月1日が「びわ湖の日」に定められました。琵琶湖や
 滋賀の環境について学ぶことを目的とした「滋賀県と立命館大学との連携・協力に
 関する包括協定」(2015年1月締結)にもとづく事業の一環として、昨年度から連続
 講座を実施しています。今年度のテーマは「自然と暮らしの接点、滋賀の食を考える」
 をテーマとし、第1回講座「琵琶湖が育む<食の滋賀>の魅力発信」では、唐澤武彦・
 星野リゾート ロテルド比叡総支配人から「ロテルド比叡の取組み」について、
 井澤裕司・経済学部教授から「立命館大学食科学部(2018年4月開設予定)の役割」
 について、それぞれ報告があり、その後、対談が行われました。
 
 講演の様子

 ───────────────────────────────────────
 【2】アジアジュニア陸上で藤田選手が金メダル・アジアの頂点に!!

 6月3日(金)からの4日間、ベトナムのホーチミンにて、アジア各国の世代の
 代表(U20)が集う「第17回アジアジュニア陸上競技選手権大会」が開催されました。
 立命館大学から日本代表として男子走高跳に出場した藤田渓太郎選手(スポーツ健康
 科学部1回生)が2m16の自己タイ記録で優勝し、金メダルを獲得しました。藤田選手を
 上回るベスト記録を持つ選手を抑えての優勝に「2月のスウェーデン合宿の経験が
 生かせました」と笑顔で話しました。今大会は、7月にポーランドのブィドゴシュチュ
 で開催される「U20世界陸上競技選手権(世界ジュニア)」の選考も兼ねており、
 すでに参加標準記録を突破している藤田選手は今回の優勝で代表入りに大きく前進
 しました。6月24日(金)から愛知県・パロマ瑞穂スタジアムにて開催される
 「第100回日本陸上競技選手権」にも出場を予定、活躍が期待されます。
 
 優勝した藤田渓太郎選手

 ───────────────────────────────────────
 【3】男子・女子バスケットボール部「西日本学生バスケットボール選手権」で
    3位入賞


 6月6日(月)~6月12日(日)、「第65回西日本学生バスケットボール選手権大会」が
 行われ、バスケットボール部の男子・女子がともに3位という結果を残しました。
 男子の出場校は108チーム、女子は83チームの中での3位入賞です。男子は、初戦に
 大差で勝利し、勢いに乗って順調に勝ち進み、準々決勝では昨年度優勝校・近畿大学を
 66-61で接戦を制しました。準決勝では大阪学院大学に惜しくも敗れましたが、名古屋
 経済大学との3位決定戦にはしっかりと勝利し、堂々の3位となりました。さらに、
 個人としても優秀選手賞に福永雅刀選手(情報理工学部4回生)、3ポイント王に大野
 巧人選手(スポーツ健康科学部1回生)が選出されました。女子は、初戦の中部大学に
 勝利すると、そのまま勢いで勝ち進み、準々決勝では昨年準優勝した関西学院大学を
 下しました。愛知学泉大学(今年の優勝校)に準決勝で敗れてしまいましたが、大阪
 体育大学との3位決定戦は62-55で勝利、3位入賞を決めました。さらに、当大会の
 優秀選手賞に坂本美樹選手(産業社会学部4回生)が選ばれました。
  
 (写真左)男子試合の様子(写真提供:立命スポーツ編集局)
 (写真右)女子の試合の様子(写真提供:立命スポーツ編集局)


 ───────────────────────────────────────
 【4】三井アウトレットパーク 滋賀竜王でスマフォアプリの実証実験を実施

 6月5日(日)・6日(月)の2日間、三井アウトレットパーク 滋賀竜王にて、
 メディアエクスペリエンスデザイン研究室(野間春生・情報理工学部教授)が開発した
 スマートフォンによる買い物支援システムの実証実験としてスタンプラリーゲーム
 「iPhoneで たからさがし しよう!」を実施しました。親子連れをはじめ、120組
 以上のグループが参加、宝箱を模した小型電波発信器を組み込んだプレートが施設内
 10箇所に設置され、プレートに「てくPico」というアプリを起動したiPhoneをかざす
 ことで宝物を獲得、宝物の獲得数に応じて、最後に景品が渡されました。今回の実証
 実験により、スタンプラリーゲームがシッピングモールの回遊性を高め、滞在時間を
 延ばし、さらには歩行距離も伸びることも明らかになり、健康増進面でも今後の
 実用化が期待されます。
  
 (写真左)会場の様子
 (写真右)iPhoneアプリ「てくPico」の画面


 ──────────────────────
 その他学園ニュースはコチラ≫
 ──────────────────────

▼EVENT(公開講座)▼

 掲載しているイベントや公開講座は、天候や諸事情により、延期または中止になる
 場合があります。問い合わせ先やイベントホームページをご確認ください。
 ※[要事前申込]の場合は、各問い合わせ先にご連絡ください。
 ──────────────────────────────────────
 【1】[@東京][無料][要事前申込]
  第110回中国理解講座「中国茶セミナー」第2回 中国茶の淹れ方&飲み方

  出張や旅行で中国を訪れた際、訪問先の会社やレストランで、お茶のサービスを
  体験された方もいらっしゃるかと思います。「どうやって飲めばいいの?」と
  戸惑われたことはありませんか?中国のお茶について知っていれば、滞在がもっと
  楽しくなると思います。

  [日 時]7月15日(金)18:30~19:45
  [場 所]立命館大学 東京キャンパス(サピアタワー8階)
  [入場料]無料
  [その他]定員30名(7月12日(火)申込締め切り)
  
  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────────────────
 【2】[@京都][無料][申込不要]
  立命館土曜講座「悪党たちの国際関係~世界の越境犯罪に迫る」
 
  [日 時]◆7月2日(土)14:00~16:00
        「東南アジアの人身取引」
        (本名純・立命館大学国際関係学部教授)
         ◆7月9日(土)14:00~16:00
        「ラテンアメリカの麻薬産業」
        (福海さやか・立命館大学国際関係学部准教授)
        ◆7月16日(土)14:00~16:00
        「武装勢力は国境を越える〜シエラレオネ内戦の事例から」
        (岡野英之・立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)
        ◆7月23日(土)14:00~16:00
        「テロと過激主義運動」
        (河野毅・東洋英和女学院大学国際社会学部教授)
  [場 所]立命館大学 末川記念会館講義室
  [入場料]無料
 
  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────────────────
 【3】[@滋賀][無料][要事前申込]
  ひらめき☆ときめきサイエンス

 「ひらめき☆ときめきサイエンス」は、立命館大学の研究機関で行っている最先端の
 研究成果について、体験・実験・講演などを通して、科学の楽しさ・難しさ・不思議さ
 を感じてもらえるプログラムです。小学校5・6年生、高校生の皆さんのご参加をお待ち
 しております。

  ◆高校生対象
  (1)「画像処理を用いた古代文字である甲骨文字の認識」
     (孟林・立命館大学理工学部助教)

  [日 時]7月24日(日)9:45~16:00
  [場 所]立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  [参加費]無料

  (2)「スポーツ健康科学部夏期体験セミナー」
     (伊坂忠夫・立命館大学スポーツ健康科学部教授)

  [日 時]7月24日(日)
       午前の部  9:35~12:00
       午後の部 13:30~15:55

  [場 所]立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  [参加費]無料

  (3)「光の不思議な性質の理解とそれを利用した盗聴不可能な暗号通信の体験」
     (山下茂・立命館大学情報理工学部教授)

  [日 時]8月6日(土)10:30~17:00
  [場 所]立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  [参加費]無料

  ◆小学5・6年生対象
  「計算しない算数体験?結び目で算数しちゃおう!」
  (船田智史・立命館大学理工学部講師)

  [日 時]8月18日(木)10:40~16:00
  [場 所]立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  [参加費]無料

  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────
 その他の公開講座はコチラ≫
 ──────────────────────────

▼EVENT(スポーツ/学芸)▼

 ──────────────────────────────────────
 【1】[@東京][有料][申込不要]
  柔道部(女子)「平成28年度全日本学生柔道優勝大会」

  女子5人制に出場します。1回戦の相手は朝日大学です。

  [日 時]6月25日(土)9:00開会式 9:30試合開始(予定)
  [場 所]日本武道館(東京都千代田区北の丸公園2-3)
  [入場料]一般1,000円 学生500円
  
  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────────────────
 【2】[@京都・大阪][有料][申込不要]
  サッカー部(男子)「第94回関西学生サッカーリーグ(前期)」 
 
  4月に始まった関西学生リーグ戦、残り2試合となりました。

  ◆京都産業大学戦
  [日 時]6月25日(土)14:00~
  [場 所]山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場(宇治市広野町八軒屋谷1)
  [入場料]大人1,000円 中高生400円 小学生以下無料
 
  ◆大阪体育大学
  [日 時]7月3日(日)14:00~
  [場 所]J-GREEN堺・メインフィールド(大阪府堺市堺区築港八幡町145)
  [入場料]大人1,000円 中高生400円 小学生以下無料

  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────────────────
 【3】[@長野][無料][申込不要]
  軟式野球部「第39回全日本大学軟式野球選手権大会」

  関西六大学代表として全国大会で戦います。前日に行われる福山平成大学対日本
  体育大学戦の勝者との対戦です。

  [日 時]7月3日(日)9:00~
  [場 所]県営長野野球場(長野県長野市東和田857)
  [入場料]無料

  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────────────────
 【4】[@東京][有料][要事前申込]
  メンネルコール「第55回明立交歓演奏会」

  明治大学グリークラブと立命館大学メンネルコールによる合同演奏会。男声合唱なら
  ではの力強く深みのあるハーモニーを心ゆくまでお楽しみください。

  [日 時]7月2日(土)13:30開場 14:00開演
  [場 所]杉並公会堂大ホール(東京都杉並区上荻1-23-15)
  [入場料]全席自由 1,500円(チケットはe+で取り扱い)
   
  詳細はコチラ≫

 ──────────────────────────────────────
 【5】[@京都][有料][要事前申込]
  立命館大学応援団吹奏楽部「SUMMER CONCERT2016」

  第一部Symphonic Stage、第二部Pops Stage、第三部Stage Marching Showと三部
  構成になります。第二部ではスーパーマリオブラザーズや魔女の宅急便コレク
  ションなど、第三部ではオペラ座の怪人、子供から大人まで楽しめる演目となって
  います。

  [日 時]7月16日(土)17:00開場 17:30開演
  [場 所]八幡市文化センター大ホール(八幡市八幡高畑5-3)
  [入場料]前売500円 当日800円 高校生以下無料(要学生証)

  詳細はコチラ≫  

 ──────────────────────────
 その他のイベントはコチラ≫
 ──────────────────────────

▼輝く学生インタビュー▼

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  第71回 輝く学生インタビュー
            「やるしかないねん」が信条
                      立命館大学体育会ボクシング部

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このコーナーでは、立命館でいまを精一杯頑張り、輝いている学生や団体を紹介して
 いきます。今回ご紹介するのは、立命館体育会ボクシング部です。インタビューに
 答えてくれたのは、ライトフライ級山本遼平さん(産業社会学部3回生・京都府
 出身)
です。ボクシングの魅力や今後の抱負についてお伺いしました。
 

 Q. 立命館体育会ボクシング部のメンバーはどのような構成ですか?
 選手・マネージャーを合わせて13名います。選手は、4回生2名・3回生5名・2回生1名・
 1回生5名です。マネージャーは女性と男性1名ずつおり、女性マネージャーは事務的な
 ことも含めボシング部全体をサポートし、男性マネージャーは将来トレーナーになる
 ことを目指し選手たちをサポートしてくれています。衣笠の学生がほとんどですが、
 4回生・2回生に1名ずつBKCの学生もいますし、3回生には女性選手が1名います。

 Q.ボクシング部の特徴・魅力を教えてください。
 立命館大学のボクシング部は、「絶対にこの時間に来る。この練習をしないと
 いけない」というのではなく、「自主性」に任されています。メニューも監督から
 指示されるのでなく、自分の体調に合わせて各自決めていますし、試合前にコンディ
 ションを整えるために休むこともできます。
 上回生は、実践練習後にサンドバック練習というのが基本的な流れですが、実践練習が
 終わるとクールダウンをしつつ、1回生に基礎練習や技術を教える時間を設けています。
 ボクシング部には専門のトレーナーがいないため、先輩から後輩に教えています。
 今年、創部80年を迎えますが、先輩から後輩への指導は、伝統として受け継がれている
 ことです。今の時期は反復練習ばかりのため、1回生からすると、あまり面白くない
 時期だと思います。しかし、「どうすれば強くなれるか」を自分で考えることができ
 れば、1回生も必ず強くなれると期待しています。
 
 ボクシング部の練習場所は原谷第二尚友館

 Q.ボクシング部の活動内容を教えてください。
 月~土曜日が全体練習、木曜日は自主練習の日としています。試合がない日曜日は
 休みです。夏合宿が9月にあり、1年に1回のイベントになります。関西リーグが5月
 中旬頃から始まるため、春休みくらいから「試合モード」に切り替わります。
 そのため、他の団体のように新歓でお花見に行くことや、プロレス同好会のように
 パフォーマンスをすることもありません。関西リーグ以外には、10月頃に京都府選手権
 があり、新人戦としても位置づけられるため、デビュー戦となる選手が多いです。
 12月に同志社大学主催の大会があり、ボクシング部としての大きな試合は、関西
 リーグ・京都府選手権・同志社大学主催大会の3つです。個人戦は、国体や全日本選手権
 など全国の試合になります。

 Q.女性の選手が1名在籍していると伺いましたが、どのような選手ですか?
 他大学に女性ボクサーがいることは知っていました。立命館大学ボクシング部に入部
 するとき、女性が1名おり、マネージャーかなと思っていました。しかし、選手として
 入部することを知り、「ほんまにいるんや!」と驚きました。彼女は、大学入学前から
 ボクシングをしていたそうで、最初から動きも機敏でフォームもきれいでした。
 練習メニューは男女で違いはありません。男性とは身体の強さも、力の差もあるので
 怪我をさせないように、パンチを寸止めするなど考慮して練習しています。しかし、
 練習の熱心さや技術の向上などに高い意識を持っていますので、男子部員も「負けて
 られへん!」と刺激を受けています。
    
 女子選抜選手権の様子(赤が立命館大学の女子選手)

 Q.関西リーグについて教えてください。
 まず1部~3部まであり、1部・2部は団体戦、3部は個人戦のリーグになっています。
 参加大学の数はどのリーグも同じくらいですが、選手のレベルがまったく違います。
 2部の大学にも1部で活躍できる選手はいますが、ほんの一握りだと思います。
 現在、立命館大学は2部リーグにいます。2部の優勝チームと1部の最下位チームの入れ
 替え戦で勝たないと1部にあがれません。2部では泥臭い試合が多いですが、1部は
 レベルも高く面白い試合が多いので、早く1部にあがりたいと思っています。

 Q.試合は団体戦だけですか?
 リーグ戦は団体戦のみですが、7月の京都府予選は、全日本選手権の予選も兼ねており、
 個人戦になります。この予選で勝ち抜くと、近畿大会があり優勝すると全国での試合に
 なります。個人戦には1部リーグにいる選手も当然出場できるので試合レベルは必然的
 に高くなります。トーナメントなので、くじ運も少しありますが、優勝するためには
 実力が絶対に必要なので、日々の練習もがんばっています。
 
 試合後の集合写真(写真提供:立命スポーツ編集局)

 Q.試合前の減量は日頃から気をつけていますか?
 「普段からストイックに節制している人」と「直前で一気に落とす人」に分かれます。
 立命館大学ボクシング部は7割が「普段から節制している人」だと思いますが、残りの
 3割は試合前に苦しんでいるタイプですね。私の場合は2~3kg程度の減量ですが、多い
 人だと10kg近く落とさないといけません。減量と言っても、普段の食生活で油っぽい
 もの食べない・白米を抜いてみるなど、一人暮らしでもできることを中心に行って
 います。
 私は自宅生で、親が食事面のサポートをしてくれて助かっています。また、自宅の
 宇治市から、1時間半ほどかけて衣笠キャンパスまで自転車で通学しています。朝練と
 して家の近所をランニングしたのち、自転車で通学するのが日課で、おかげで自然と
 身体も絞れ、朝から活き活きと活動できているように感じています。

 Q.他大学との交流はありますか?
 合同練習や練習試合を行っています。個人的には、京都府代表に選ばれたとき、
 同志社大学ボクシング部の監督が、京都府代表の監督をされていたご縁で、同志社
 大学の練習に参加させてもらうことがあります。やはり、立命館の選手だけで練習を
 すると単調になってしまいます。他大学と合同練習をすることで技術も学べ、立命館に
 はいない選手のタイプも経験できると思います。

 Q.ボクシング部の活動中に注意していることはありますか?
 注意していることは、3つあります。
 一つ目は「無断欠席をしない」こと。例えば、あの人と練習をやろうと考えていた
 のに、無断欠席されるとサンドバックなどの練習しかできなくなります。試合前の
 調整で休むこともできますが、他の選手に迷惑をかけないよう、必ず連絡を入れる
 ようにしています。
 二つ目は、「毎朝走る」こと。強制メニューではありませんが、強くなるためにはスタ
 ミナも必要です。試合前にも走りこんでいる選手は多いと思います。
 三つ目は、「怪我をしない」こと。当たり前ですが、軽い怪我でも注意することが大切
 です。私自身のことですが、練習中に負った怪我をあまり気にせず、練習を続けて
 いたら悪化し、リーグ戦直前の4月に手術をしないければいけなくなりました。軽量級の
 ポイントを一番かせがないといけない立場にいたのに一試合も出られず、その結果、
 2部の3位という順位となり、とても悔しい思いをしています。
 まだ完治したわけでなく、もしかすると今年一年、棒に振るかもしれないと考えると、
 怪我には神経質なくらい注意する必要があります。「ちょっと痛いな」と思う日は、
 しっかりアイシングをして練習を休むことも大切です。でも、部員は1部にあがりたくて、
 怪我をしても練習してしまうので、今回の自分の怪我を教訓にしてほしいと思います。

 Q.ボクシングの試合を見る際のポイントを教えてください。
 やはりボクシングを知っている人と試合を観に行くことです。打ち合っている音も
 大きく聞こえて、初めての観戦は迫力だけで満足してしまいます。隣にボクシングを
 知っている人がいると、「今、こんなパンチもらったから、腹にきいてるわー!」、
 「相手の打ち終わりにカウンター狙ったけど、空振りした」など、解説もしてもらい
 ながら見るのがいいと思います。
 何試合か見ると、選手同士のタイミングなどが分かってきます。細かなところですが、
 選手からすると「見てくれているんだ」と嬉しくなります。テレビで見る世界戦より、
 学生のレベルは当然高くないですが、生で観戦するほうが楽しいですし、テレビでは
 伝わらない臨場感も楽しめると思います。
    
 関西学生リーグの様子(写真提供:立命スポーツ編集局)

 Q.試合にはOBの方々も応援に来てくれますか?
 試合の応援には毎回来てくれます。強い大学同士の戦いになるとOBの方々で会場は
 入りきらないくらいになるそうです。リーグ戦は大学対抗のため、OBの方々の応援で
 超満員になり、応援席の熱気もすごいと思います。

 Q.これまでの試合で印象に残っていることはありますか?
 やはり、全国大会出場です。高校では2回、大学でも全国大会に2回出場しました。
 毎週日曜日にリーグ戦を戦っていますが、全国大会になると連日試合があります。
 しかも、計量も毎日あり、試合で身体もヘロヘロになるけれど、体調管理もしないと
 いけない。試合が終わるまでは「もう、嫌やだ」としか思えませんが、試合が終わる
 頃には顔見知りが増え、選手や監督との繋がりもでき、「次の試合までに、もっと強く
 なってやる」と思います。

 Q.対戦相手の分析はしていますか?
 そうですね、多少はしています。国体の場合はトーナメントで、誰が出てくるか
 わからないので、対戦相手が右利きか、左利きくらいしか確認できません。
 リーグ戦は団体戦になるので、どの階級に誰を出すかの推理戦でもあります。
 この 階級は1回生をだしてみようかなど、対戦相手の資料を見ながら決めています。
 
 リングサイドからは仲間が熱い声援を送ります(写真提供:立命スポーツ編集局)

 Q.休日はどのように過ごされていますか?
 オフの日も走っています(笑)。練習日のように、ダッシュするわけではなく、
 ゆっくりランニングをしています。家の近所を10kmくらい走り、ハーフマラソンにも
 挑戦しています。たぶん、走ると安心するんだと思います。
 テレビでもボクシングの試合を見て、YouTubeでもボクシング関係の動画を検索して
 います。結局は、ボクシングが一番好きなのだと思います。

 Q.特技はありますか?
 中学2年生くらいまで、乗馬を習っていました。障害物を飛び越えることもできます。
 今でも馬は乗りこなせると思います。

 Q.好きな言葉・モットーはありますか?
 好きな言葉は、「やるしかないねん」です。怪我をしているのにもかかわらず次の
 試合に出なくてはいけない。不安だったときに、高校時代の先輩から言われた言葉
 です。「くよくよしていても、試合の日は待ってくれない。弱気なことを言っても、
 やるしかない。それなら、『どれだけいい結果を出すか』それだけを考えろ」
 と教えてくれました。

 Q.将来の夢を教えてください。
 私は産業社会学部子ども社会専攻で、教職課程も取っていて、将来は小学校の先生に
 なりたいと思っています。もうすぐ、教育実習もあり、練習や試合との両立が難しく
 なりますが、「ボクシングをしているからできない」というのは単なる言い訳だと思う
 ので、がんばりたいと思います。
 もう一つの夢は、ボクシング部の監督になることです。小学校の先生をしながら、夜は
 立命館大学ボクシング部の監督というのが、一番の理想です。私自身が、立命館の
 ボクシング部で成長できたので、いずれはボクシング部にお返ししたいと思っています。

 ~~~
 いかがでしたでしょうか。
 パンチを当てるだけでなく、相手の攻撃交わしながら、自分のペースに持ち込む。
 身体だけでなく、頭も使うスポーツです。パワーやスピードに加え、一瞬の駆け引きで
 勝負が決まるところが、ボクシングのおもしろさであると感じました。


 今回インタビューはできませんでしたが、ボクシング部の女子選手・生田菜穂さん
 (文学部3回生・大阪府出身)
にもコメントをいただきました。
 小学生の頃は空手を習っていて、ボクシングにも興味を持ち始めました。高校では
 バスケットボール部に所属していましたが、部活を引退後、近くにあったボクシング
 ジムに入会しました。大学でもボクシングを続けたいと思い、気付いたらボクシング部に
 入部していました。どの試合も、減量が1番大変で、初めての試合の時は、前日の夜中に
 サウナに行ってなんとか落としたことが、今となっては思い出です。将来のことは、まだ
 ぼんやりしていますが、ボクシングと勉強を両立させることが、今の目標です。

▼編集後記▼

 現在、放映されている女子ホッケー日本代表 「さくらジャパン」が出演している
 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)のテレビCMをご覧になられた
 方はいらっしゃいますでしょうか。実は、その撮影場所として、昨年度完成した
 立命館大学大阪いばらキャンパス(OIC)のホッケー場が使用されているのです。

 OICのホッケー場は、ホッケー競技用の人工芝を敷設し、自動散水・照明など
 国際規格の設備が整った施設であるため、ホッケー日本代表チームの強化合宿などに
 も利用されています。実際、リオデジャネイロ・オリンピックへの出場が決まった
 「さくらジャパン」は、OICでの強化合宿や海外チームを招聘しての強化試合などを
 複数回行っています。

 さらに、「さくらジャパン」には、立命館大学から2名の卒業生が選出されました。
 リオ五輪出場が内定している林なぎさ選手(2009年産業社会学部卒業・岐阜県出身)
 阪口真紀選手(2012年法学部卒業・鳥取県出身)に、リオ五輪への意気込みを伺いました。

 ~~~
 ●林なぎさ選手
  CMとして放映されることで、普段ホッケーを見ることが少ない方の目に触れる機会が増え、
  とても嬉しいです。リオへ向けてがんばりますので、ぜひ熱い応援をお願いいたします!

 
 ●阪口真紀選手
  OICフィールドは、最高の練習環境で、自慢のホッケー場です。立命館の代表として、
  がんばります!応援よろしくお願いいたします!

 ~~~


 実はこの撮影は、寒風吹きすさぶ2月に行われました。練習の熱気が伝わり、
 とても2月とは思えませんね。この夏のリオ五輪は、女子ホッケーから目が離せません。
 彼女たちの活躍に注目です。

 (立命館CLUB事務局 伊東)

▼第97号読者プレゼント▼

 今回は、崎谷実穂著・柳瀬博一著、糸井重里解説『混ぜる教育~80カ国の学生が
 学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密~』
5名様にプレゼントします。
 是非ご応募ください。
 

 プレゼントをご希望の方は、下記URLよりお申し込みください。
 なお、プレゼントの抽選結果は次号でお知らせします。

 <応募締切:7/4(月)>

 【パソコンの方はコチラ】 

 【携帯電話の方はコチラ】 

 ※上記フォームがご利用できない場合は、下記必要事項を明記の
  うえ、立命館CLUB事務局までメールにてご連絡ください。

 応募先:立命館CLUB事務局(rclub@st.ritsumei.ac.jp)
 応募必要事項
 (1)名前: (2)プレゼント送付先住所: 
 (3)電話: (4)今回のメルマガ内容に関する感想:
 (5)プレゼント発表時の氏名公開:可  否
  (否の場合はイニシャルで表記いたします。
   ご希望のペンネームがございましたらご連絡ください。)

▼96号読プレ当選発表▼

 多数のご応募ありがとうございました。
 97号の読者プレゼント当選者の発表です。 
 プレゼント到着まで今しばらくお待ちください。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★
 ★・U.S.さん    (福岡県)★
 ★・茨木幹夫さん  (千葉県)★
 ★・dさん      (三重県)★
 ★・T・Yさん    (大阪府)★
 ★・谷口昭典さん  (大阪府)★
 ★・居合道剣士さん (滋賀県)★
 ★・T.M.さん    (福井県)★
 ★・Ken.Nishiさん  (埼玉県)★
 ★・田所軍兵衛さん (愛媛県)★
 ★・tou_buriさん  (奈良県)★
 ★★★★★★★★★★★★★★★★

 次回のご応募もお待ちしています。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次回配信予定は7月8日(金)です。お楽しみに。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆バックナンバー
 http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/magazine/
 ◆立命館CLUBホームページ
 http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/
 ◆立命館大学ホームページ 
 http://www.ritsumei.jp/index_j.html
 ◆配信先の変更・解除
 https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mbsd-meljr-a849c83c0a4b477a2a6d631dde627b21
 [注意]
 ※リンク先は、時間の経過と共に変更・消去されることがあります。
  ご了承ください。
 ※メールマガジンを転載、その他の利用によって生じる事象につい
  て、立命館大学では一切の責任を持ちません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■ 発行:立命館大学立命館CLUB事務局
 ■■ 〒604-8520京都市中京区西ノ京朱雀町1番地
 ■■ TEL:075-813-8118
 ■■ FAX:075-813-8119
 ■■ ご意見、お問い合わせなどは、下記までお願いいたします。
 ■■ メール rclub@st.ritsumei.ac.jp
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━