トップページ


最新号・バックナンバー

立命館CLUB 【VOL.65】

立命館CLUB 【VOL.65】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━VOL.65━━━━
■□■ 2015.1.23  立命館CLUB-立命館の“今”を届けるメールマガジン-
■□■ http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/magazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 立命館CLUB会員の皆様、こんにちは。

 今号も嬉しいニュースが飛び込んできました!
 1月11日(日)~12日(月・祝)、東京都で開催された「第29回全国オール学生将棋選
 手権戦・個人戦」
において、将棋研究会中川慧梧さん(産業社会学部4回生)が悲願
 の初優勝を果たしました。本大会は小学生から大学院生までの現役学生であれば誰でも
 出場可能。251名が参加した今回、中川さんは並み居る強豪を抑え優勝を収めました。
  
 (写真左)表彰式 賞状授与の様子
 (写真右)入賞者の選手(左から)第3位:櫻井飛嘉さん(立命館1)・準優勝:谷下道大さん
    (東大4)・優勝:中川慧梧さん(立命館4)・第3位:入江明さん(東大院修士1)


 また、相撲部大元貴志さん(産業社会学部4回生)が1月に大相撲の入間川部屋に入門
 し、11日からの初場所デビューを飾りました。大元さんは序ノ口の取組の前に行われ
 る「前相撲」にて現在3勝0敗の成績を収めており、今後は階級の昇格に向けてさらなる
 稽古に励みます。
  
 (写真左)178cm・145kgの体格を活かした押し・寄りが武器の大元さん(右)
 (写真右)立命館大学相撲部(選手の左から2番目が大元さん)


 それでは、今号も学生や教職員の情報満載でお届けします。
 読者プレゼントは「立命館オリジナルミニゴーフル」です。
 
 応募方法は最後にお知らせします。お見逃しなく。
 それでは最後までお楽しみください。

▼学園ニュース▼

【1】吉田美喜夫総長の就任記者会見を実施

 1月8日(木)、朱雀キャンパスにおいて、吉田美喜夫・立命館総長の就任記者会見を行
 いました。会見には川口清史前総長も出席。固い握手を交わし、吉田総長へバトンが渡
 されました。任期は2015年1月1日から2018年12月31日までの4年間で、総長は立命館大
 学長も兼務します。
 吉田総長は「アジアのリーディング大学を目指し、さらにグローバル化を進めたい」と
 総長を務めるにあたっての抱負と決意を力強く述べました。
  
 (写真左)会見を行う吉田総長
 (写真右)固い握手を交わす川口前総長(左)と吉田総長(右)


 詳細はコチラをクリック≫
 
────────────────────────────────────────
【2】滋賀県との連携・協力に関する包括連携協定を締結

 滋賀県と立命館大学は、滋賀の活性化に向けた連携・協力に関する包括協定を締結しま
 した。
 立命館大学は1994年にびわこ・くさつキャンパス(以下、BKC)を開設して以来、産学
 官による共同研究開発など、滋賀県と積極的に連携事業を展開してきました。また、滋
 賀県内約36,000名の大学生のうち、ほぼ半数がBKCに通学していることや、昨年BKC開設
 20周年を迎えたことなどを背景とし、今回の協定の締結に至りました。

 今後は、学生による滋賀・びわこブランドの発信や滋賀発の産業の創造など、連携・協
 働を強力に推進していきます。
 
 吉田美喜夫・立命館大学学長(左)と三日月大造・滋賀県知事(右)

 詳細はコチラをクリック≫
 
────────────────────────────────────────
【3】年縞を軸とした環太平洋文明拠点シンポジウム「アジアの環境変化と人類」を開催

 12月19日(金)、衣笠キャンパスにて、年縞を軸とした環太平洋文明拠点シンポジウム
 「アジアの環境変化と人類」を開催しました。当シンポジウムは、地球の年輪である「
 年縞(ねんこう)」から7万年の地球環境を読み解くことを目的としたものです。考古
 学・災害地理学・古気候学などの専門家により年縞研究の最新の知見が紹介され、研究
 者や学生など116名が参加しました。

 今回は「アジアの環境変化と人類」をテーマとし、研究者による講演や研究発表が三部
 構成で行われました。冒頭の来賓挨拶において、西川一誠・福井県知事から福井県・水
 月湖の年縞研究への期待が述べられた後、第一部では中川 毅・総合科学技術研究機構
 教授(立命館大学古気候学研究センター長)が「年縞から読み取る環境変化と災害」を
 テーマに地球温暖化や気候変動などに関する講演を行いました。

 今後も、世界中の研究者から注目を集める福井県・水月湖の年縞研究の一層の進展が期
 待されます。
  
 (写真左)挨拶を述べる西川福井県知事
 (写真右)中川教授による講演の様子


 詳細はコチラをクリック≫

────────────────────────────────────────
【4】立命館大学硬式野球部 松岡憲次監督ご退任、20年の功績を称え感謝の集いを開催

 1995年から20年にわたり、立命館大学硬式野球部の監督を務められた松岡憲次監督が、
 2014年の秋季リーグをもって監督をご退任されました。松岡監督の功績を称え、1月11
 日(日)グランドプリンスホテル京都にて「感謝の集い」を開催。当日は硬式野球部の
 OB・OGをはじめ多くの関係者が集まり、松岡監督に感謝の意をお伝えしました。
  
 (写真左)藤岡重樹・硬式野球部OB会 会長から松岡憲次監督に感謝状が贈呈される様子
 (写真右)贈呈された感謝状やグローブ


 松岡監督は天理高校から立命館大学に進学、4回生の春季リーグ戦では投手としてチー
 ムを優勝へ導き、ベストナインにも選出されています。卒業後は、社会人野球の強豪プ
 リンスホテルで活躍され、1984年に現役を引退後、1995年に立命館大学硬式野球部の監
 督に就任されました。2014年5月には、関西学生野球リーグ創設後初となる通算300勝を
 達成されています。
 「選手の考えを徹底的に聞く」指導スタイルで、金刃憲人選手(東北楽天ゴールデンイ
 ーグルス)や金子侑司選手(埼玉西武ライオンズ)など多数のプロ野球選手を輩出しま
 した。

 今後は、立命館大学卒業後、日本新薬硬式野球部で選手・監督として活躍された後藤昇
 氏が新監督に就任されます。
 
 後藤昇・新監督(左)と松岡憲次・前監督(右)

 <松岡監督の通算成績>
 勝利数        308勝(関西学生野球リーグ)
 優勝回数(春秋)    12回
 全日本大学選手権    8回出場
 明治神宮野球大会    2回出場

──────────────────────────
 【その他学園ニュース】
 学園HEADLINE NEWSはコチラをクリック≫
 
 学園PICK UPはコチラをクリック≫

──────────────────────────

▼EVENT(公開講座)▼

 掲載しているイベントや公開講座は、天候や諸事情により、延期
 または中止になる場合があります。問い合わせ先やイベントホー
 ムページをご確認ください。

※[要事前申込]の場合は、各問い合わせ先にご連絡ください。
────────────────────────────────────────
【1】[@大阪][無料][申込不要]
   立命館大学情報理工学部 メディア情報学科オープンハウス
   「MEDIA INNOVATION 2015」


 メディア情報学科の最新の研究活動や成果について、講演やデモンストレーションを通
 じてご紹介します。当日はポスター展も同時開催していますので、是非お立ち寄りくだ
 さい。

 [日 時]2月20日(金)13:00~17:00 
 [場 所]グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階 
      大阪イノベーションハブ
 [参加費]無料
 [共 催]大阪イノベーションハブ/立命館科学技術振興会ASTER
 
 ※画像をクリックすると拡大されます。

 詳細はコチラをクリック≫

──────────────────────────────────────
【2】[@京都][有料・無料][申込不要]
    第3回 京都・大学ミュージアム連携スタンプラリー


 「京都・大学ミュージアム連携」では、今年も京都市内外の13大学14ミュージアムによ
 るスタンプラリーを実施中です。各ミュージアムで展覧会を見学してスタンプを集める
 と、抽選で素敵なミュージアムグッズが当たります。立命館大学からは、国際平和ミュ
 ージアムとアート・リサーチセンターが参加しています。

 [開催期間]3月31日(火)まで ※現在開催中
 [会 場]京都市内の13大学14ミュージアム 
      ※詳細は下記URLをご覧ください 
 [入場料]会場により異なる
 [主 催]京都・大学ミュージアム連携
 [スタンプラリー応募締切]3月31日(火)
 
 ※画像をクリックすると拡大されます。

 詳細はコチラをクリック≫

────────────────────────────────────────
【3】[@東京][有料・無料][要事前申込・申込不要]
   京都創生PR事業「京あるきin 東京2015 ~恋する京都ウィークス~」


 2月4日から約1ヶ月間、歴史・景観・伝統産業・観光など、多彩で奥深い京都の魅力を
 伝える様々なイベントを東京都内各所で展開します。スタンプラリーも実施しますので
 お好きな催しやお店をめぐりながら、京都の魅力を五感で感じてください。
 なお、立命館大学からは3月1日(日)12:30~14:00、文学部教授の美川 圭氏が「後白
 河法皇と源頼朝」をテーマに特別講座を実施します。

 [開催期間]2月4日(水)~3月2日(月)
 [会 場]各イベントにより異なる
 [入場料]会場により異なる
 [主 催]京都市/京都商工会議所/(公社)京都市観光協会/京都創生推進フォーラム
 [スタンプラリー応募締切]3月2日(月)
 
 
 詳細はコチラをクリック≫
 
────────────────────────── 
 その他の公開講座はコチラをクリック≫
──────────────────────────

▼EVENT(スポーツ/学芸)▼

【1】[@長野][無料][申込不要]
    スキー部「秩父宮杯・秩父宮妃杯 第88回全日本学生スキー選手権大会」


 いよいよスキー部の全日本選手権が始まります!男女ともに1部での好成績を目指しま
 す。応援よろしくお願いします。

 [日 時]2月25日(水)~3月2日(月)
 [場 所]長野県野沢温泉スキー場 他 ※競技種目により場所が異なる
 [入場料]無料

 詳細はコチラをクリック≫

──────────────────────────────────────── 
【2】[@京都][無料][申込不要]
   MoonWalkers「月に足つけて考えて展2015」


 「MoonWalkers」は、映像学部および映像研究科・望月茂徳准教授の研究室の学生によ
 って構成されています。当イベントはメディアアートの展覧会で、簡単な電子工作ワー
 クショップを始め、参加型のアートが数多く用意されています。

 [日 時]1月29日(木)~2月2日(月)13:00~19:30 
     (1月31日(土)は11:00~18:00、2月1日(日)は11:00~19:30)
      ※受付は展示時間30分前に終了
 [場 所]京都市中京区 元・立誠小学校
 [入場料]無料
 

  詳細はコチラをクリック≫
 
──────────────────────────
 
 その他のスポーツ・スケジュールはコチラをクリック≫
 
 その他のイベント・スケジュールはコチラをクリック≫
 
──────────────────────────

▼輝く学生インタビュー▼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第46回 輝く学生インタビュー
          それでも私は馬が好き!       
                     立命館大学馬術部 高島香さん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このコーナーでは、立命館でいまを精一杯頑張り、輝いている学生や団体を紹介してい
 きます。

 今回ご紹介するのは馬術部です。彼らの活動はほぼ365日、そのなかでも愛馬とともに
 学問とスポーツの両立を目指しています。
 インタビューに答えてくれたのは、高島香さん(政策科学部4回生・京都府出身)です。
 彼女は昨年12月に東京で開催された「第50回全日本学生馬術女子選手権大会」において
 見事準優勝を果たしました。今回のインタビューでは、馬術部での活動や準優勝に至っ
 た舞台の裏側などをお伺いし、馬術を通した彼女の“人間像”に迫りました。
 
 「第50回全日本学生馬術女子選手権大会」で準優勝を収めた高島香さん

 Q:まずは、馬術を始めたきっかけを教えてください。
 小学生の頃、京都の「東映太秦映画村」で乗馬体験をしたことがきっかけです。「乗馬」
 と言ってもただ馬にまたがるだけだったのですが、その時何か感じることがあったので
 しょうか、私は両親に「もう一度馬に乗りたい!」と言って聞かなかったそうです。こ
 れにはさすがに両親も根負けしてしまい、私は近所の乗馬クラブに入れてもらうことに
 なりました。乗馬クラブと言っても2~3ヶ月に1回程度馬に乗って歩く程度でしたが、
 当時はそれが楽しくて仕方なかったことを今でも覚えています。
 もともと動物好きな性格に加え、身体を動かすことも大好きだった私にとって、動物と
 触れ合いながらできる“馬術”はまさに「私のためのスポーツ」のようでした。

 Q:馬術のほかにスポーツの経験はありますか?
 中学生の頃は、乗馬クラブの活動を土日に行いながら、部活では陸上部に所属していま
 した。100m競走やハードル・リレーなどを専門とし、馬術に必要な基礎体力の強化に
 努めていました。ほかにもバスケットボールやテニスにも興味があり、部活後にレッス
 ンを受けるなど、様々なスポーツを楽しんでいました。

 Q:本格的に馬術に取り組みだしたのはいつ頃ですか?
 高校生になってからです。活動を馬術一本に集中させるため、馬術部の活動が活発な「
 京都府立洛水高等学校」に進学しました。以来、馬術漬けの日々を送っています。
 高校当時、全国大会の成績により馬術海外研修の全日本代表選手に認定され、オースト
 ラリアで海外研修を受けた経験もあります。

 Q:それでは、馬術とはどのようなスポーツか教えてください。
 まずは、こちらの動画をご覧ください。

 RS Collection 12: Equestrian Club (馬術部)
  

 馬術とは、馬に騎乗して運動の正確さや美しさなどを競うスポーツです。学生馬術競技
 においては馬場馬術・障害飛越・総合馬術が行われています。人によって選ぶ種目は異
 なりますが、私は3種目とも取り組んでいます。

 ~馬術競技の種類について~

馬場馬術(ばばばじゅつ/Dressage)
 規定の経路を演技し、馬の従順性・運動の正確さ・美しさ等を3人〜5名のジャッジが採点する
 採点方式の馬術競技。
障害飛越(しょうがいひえつ/Jumping)
 馬場内に設置された障害コースを規定時間内で走行し、走行タイムと減点方式で順位を競う
 競技。
総合馬術(そうごうばじゅつ/Eventing)
 馬場馬術・クロスカントリー・障害飛越の3種目を同一人馬で3日間をかけて行う、人馬共に最も
 ハードな馬術競技。
  
 (写真左)馬場馬術競技の一例
 (写真右)障害飛越競技の一例


 Q:馬術の特徴を教えてください。

 馬術はパートナーが“動物”という特殊なスポーツです。言葉ではコミュニケーション
 が取れないため、日々馬との信頼関係を築いてお互いのレベルを向上させていきます。
 馬は感情が豊かであり、また、あの大きな体からは想像がつかないほどに繊細な生き物
 です。そんな彼らの性格はとても純粋で、私の出した指示に彼らなりに一生懸命に応え
 てくれます。馬は話せるわけではないので、もちろん指示と違うことをしたり反抗する
 こともありますが、その失敗を積み重ね、上手くわかり合えることができれば技術の向
 上や成績にも繋がっていきます。まさに「相手のことを想うスポーツ」です。

 Q:馬術部の活動について教えてください。

 立命館大学馬術部は、1918年(大正7年)に創部され、今年4月で創部97年を迎えます。
 京都市北区柊野総合グラウンドに専用馬場を構え、全日本学生馬術大会での団体•個人
 優勝を目標に活動しています。活動日は火~日曜日に設定し、月曜は馬休(ばきゅう/
 馬の休みの日)としています。部員は現在7名、馬は13頭で、ほかにも犬と猫が2匹いま
 す。部員にはそれぞれ担当馬が振り分けられています。

 普段は学生自身が主体となって、馬の管理や練習内容の決定・出場する大会の選択など
 を行います。また、監督・コーチは日頃のアドバイス・サポートに加え、各選手の大会
 出場についての判断を行っています。
 何と言ってもシーズンが長いのが馬術部の特徴です。だいたい1~2月で調整した後、3
 ~12月がシーズン期間となります。年間試合数も約30にのぼり、多い月は毎週のように
 試合があります。
  
 試合の様子

 Q:日頃はどのような生活を行っていますか?
 馬は動物ですから世話が必要なので、馬術部には基本的に休みはありません。学生生活
 のなかで、常に優先順位の第一位に馬がきます。そんな部活、ほかにないですよね(笑
 )。

 毎日朝6時(冬のみ7時)に馬場に集合し、連絡事項を共有した後、担当馬に乗って練習
 を開始します。練習後は授業に出て、それ以外の時間は基本的に馬のお世話をしていま
 す。厩舎の掃除はもちろん、馬は餌を1日4回(朝食/昼食/夕食/夜食)食べるため、
 授業の合間を縫って当番制で世話をしています。そして、何かあったときのために24時
 間誰かが厩舎にいなければいけないので、こちらも当番制で夜は厩舎に泊まりこんで世
 話をします。朝が早いため必然的に夜寝るのも早くなり、意図せず健康的な生活を送っ
 ています(笑)。

 Q:活動面での苦労はありますか?
 皆さんのご想像通り、馬術はお金のかかるスポーツです。したがって運営費の面では非
 常に苦労しています。例えば馬の餌代(13頭分)だけで月7~8万円は必要になります。
 さらに輸送費や治療費などで常に資金は不足しています。大学からの補助金もありがた
 く活用させていただいていますが、それだけでは間に合わず、部員がアルバイトをして
 馬の餌代を稼いでいます。ちなみにアルバイトは京都競馬場の競走馬の監視で、毎年馬
 術部として依頼をお受けしています。稼いだお金はすべて馬の餌代に消え、自分のお金
 としては一切残りません(笑)。

 馬術の道具も高いですが、もちろん自費のため、自分がアルバイトをして買うか、親に
 援助をお願いするかになります。周りにも「そんなお金のかかるスポーツよく続けられ
 るなぁ」と言われます。

 Q:そこまでして馬術を続けられる理由とは何でしょうか?

 「馬が好きだから」です。人から見れば、「物好き」だと思いますよ。お金にならない
 アルバイトをして、馬に餌をやって。馬にも感情があるので、反抗されると腹が立つと
 きもあります。でも、それもご愛嬌(笑)。むしろ、本当に馬が好きじゃないと馬術は
 続けられないと思います。
 

 そしてもう一つの理由は、こんな私を理解してくれる周りの方々のサポートのおかげだ
 と思っています。馬術は決して一人で出来るスポーツではありません。監督やコーチは
 もちろん、馬付き・記録係・撮影係・雑用など、あらゆる面でのサポートのおかげで、
 初めて試合に出場することができます。部員のみならず、大学の枠を超えて、関西圏の
 他大学の馬術部員同士で助け合うこともよくあります。

 学問との両立面においては、数多くの友人に支えてもらいました。自分一人では何も出
 来なかったですし、周りの支えがあってこそ4年で卒業出来ることになったと思います。
 何より、今まで私のやりたいことを全面的にサポートしてくれた両親には、本当に感謝
 しています。
 「自分は一人ではない」ということを、馬術を通して学んだ大学生活でした。

 Q:「第50回全日本学生馬術女子選手権大会」準優勝獲得、おめでとうございます!
   今大会はどのような大会ですか?また、今のお気持ちを聞かせてください。

 地方大会を勝ち抜いた総勢32名が出場した今大会は、自馬(担当馬)ではなく貸与馬を
 用いるルールでした。初めて乗る馬を3~5分で見極めて競技に挑むため、騎手としての
 実力が試されます。競技は障害飛越と馬場馬術で、それも毎回乗る馬が変わってくるの
 で、決勝当日は合計6頭もの馬に乗りました。

 実は今大会、万全の体制で臨んだわけではありませんでした。前月の別の試合に出場し
 た際に落馬し、肩の骨が折れてしまったのです。仕方なく今大会までの1ヶ月は休養に
 専念し、ようやく馬に乗ることができるようになったのは本番1週間前、それも2~3回
 乗った程度でした。

 しかし、長年培った「独自の感覚」はそう簡単には忘れません。本番でも、自分の感覚
 と馬を信じ、各馬の良い部分を引き出すことに専念した結果が「準優勝」に結びついた
 と考えています。
  
 表彰式の様子

 結果に対しては、もちろん悔しさもあります。ただ、今大会優勝した彼女とは高校から
 の友人で、数々の試合を共に戦い、プライベートでも仲良しの間柄です。今後戦う機会
 も滅多にないので、彼女とは「最後はこういう形で終われてよかったね」という話をし
 お互いをたたえ合いました。
  
 (写真左)準優勝を決め笑顔の高島さん
 (写真右)高島さん(左)と優勝した吉田なな美さん(右)


 Q:今後の馬術との付き合い方について、どう考えていらっしゃいますか?
 4月からは関東に行き、乗馬用品(馬具)の販売のお仕事をします。就職活動をするに
 あたっても、やはり「馬と離れる」ことは頭にありませんでした。就職後も学生レベル
 よりもさらに上を目指して、馬術を続けていきたいと思っています。

 Q:馬術部の今後の試合日程を教えてください。
 当大会はシーズン最初の試合で、後輩たちが出場する予定です。馬と人間が一体となっ
 た美しい演技を、是非ご覧ください。応援よろしくお願いします!

 [@兵庫][無料][申込不要]
 ひょうごスプリングホースショー2015(馬場馬術競技会)

 [日 時]3月7日(土)・8日(日) 
 [場 所]三木ホースランドパーク
 [入場料]無料
 [主 催]兵庫県馬術連盟

 馬術部の公式HPはコチラをクリック≫

 
──────────────────────────
 いかがでしたでしょうか。

 「自分を見失わず、周りの人さえ大切にしていれば
 勝手に結果はついてきます!」と笑顔で語ってくれた彼女。
 純粋な心で馬と語り合う
 いつも明るく前向きな彼女の姿勢が
 サポートしてくれる方々を魅きつけているのだろうと感じました。

 ぜひ、これからも応援をよろしくお願いします。
──────────────────────────

▼編集後記▼

 本学音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成された、日本のロックバンド「くる
 り」
。その中でボーカルを務める岸田繁さん(1999年産業社会学部卒)が、NHK総合テ
 レビで放送される「ファミリーヒストリー」に登場します。

 「ファミリーヒストリー」は、著名人の家族の歴史を丁寧な取材のもと浮き彫りにして
 いくドキュメント番組です。「家族の歴史について知っていることはほんのわずか」と
 いう岸田さんは、以前から「祖父の胸にあった、撃たれた跡はなんなのか?」「戦争中、
 母の実家はなぜ上海に渡ったのか?」といった数々の疑問を抱いていたそうです。
 今回の放送では、関係者の証言や古い記録からその謎が紐解かれ、激動の時代を生きた
 彼の家族の真実が明らかになっていきます。

 くるりは2011年に番組スタッフからの熱いオファーを受け、書き下ろしの新曲「Remember
 me」を提供。昨年10月からは、同曲が番組のテーマ曲として使用されています。
 自らのルーツを知った後、岸田さんの目に“家族”はどう映るのか…
 また、テーマ曲「Remember me」をどのような心境で歌うのでしょうか。

 番組は1月23日(金)22:00より放送されます。是非ご期待ください。

 <番組概要>
 NHK総合「ファミリーヒストリー」
 毎週金曜 22:00~22:50 
 (再)毎週金曜16:05~16:55


 「くるり・岸田繁~京都に生きる誇り 運命を変えた上海~」
 1月23日(金)22:00~22:50放送

 詳細はコチラをクリック≫

 (立命館CLUB事務局 堀井)

▼第65号読者プレゼント▼

 今回は「立命館オリジナルミニゴーフル」1缶を2名様にプレゼントします。こちらは神
 戸風月堂とのコラボレーションによる商品で、12月から立命館大学(衣笠・BKC・朱雀)
 と一部附属校の生協にて販売しています。商品の缶には立命館の原点ともいえる広小路
 学舎や学祖・西園寺公望揮毫の「立命館」の文字をあしらいました。なお、このゴーフ
 ルの売り上げの一部は、在学生の支援などを目的とした「未来人財育成基金」へ寄付さ
 れます。
 

 プレゼントをご希望の方は、下記URLよりお申し込みください。
 なお、プレゼントの抽選結果は次号でお知らせします。

 <応募締切:2/2(月)>

 【パソコンの方はコチラをクリック】

 【携帯電話の方はコチラをクリック】
 
 ※上記フォームがご利用できない場合は、下記必要事項を明記の
  うえ、立命館CLUB事務局までメールにてご連絡ください。

 応募先:立命館CLUB事務局(rclub@st.ritsumei.ac.jp)
 応募必要事項
 (1)名前: (2)プレゼント送付先住所: 
 (3)電話: (4)今回のメルマガ内容に関する感想:
 (5)プレゼント発表時の氏名公開:可  否
  (否の場合はイニシャルで表記いたします。
   ご希望のペンネームがございましたらご連絡ください。)

▼第64号読プレ当選発表▼

 多数のご応募ありがとうございました。
 第64号の読者プレゼント当選者の発表です。 
 プレゼント到着まで今しばらくお待ちください。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ★・M・Tさん    (奈良県)  ★
 ★・JUMBOさん   (京都府) ★
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★

 次回のご応募もお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次回配信予定は2月13日(金)です。お楽しみに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆バックナンバーはこちら
 http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/magazine/
◆立命館CLUBホームページ
 http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/
◆立命館大学ホームページ 
 http://www.ritsumei.jp/index_j.html
◆配信先の変更・解除はコチラ
 https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mbsd-meljr-a849c83c0a4b477a2a6d631dde627b21
[注意]
※リンク先は、時間の経過と共に変更・消去されることがあります。
 ご了承ください。
※メールマガジンを転載、その他の利用によって生じる事象につい
 て、立命館大学では一切の責任を持ちません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 発行:立命館大学立命館CLUB事務局
■■ 〒604-8520京都市中京区西ノ京朱雀町1番地
■■ TEL:075-813-8118
■■ FAX:075-813-8119
■■ ご意見、お問い合わせなどは、下記までお願いいたします。
■■ メール rclub@st.ritsumei.ac.jp