トップページ


最新号・バックナンバー

立命館CLUB 【VOL.28】

立命館CLUB【VOL.28】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━VOL.028━
■□ 2013.06.07
□■ 立命館CLUB-立命館の“今”を届けるメールマガジン-
■□ http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/magazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 立命館CLUB会員のみなさま、こんにちは。

 先日、フランス・カンヌで開催された「第66回カンヌ国際映画
 祭」において、コンペティション部門に出品されていた立命館大
 学客員教授・是枝裕和監督の作品『そして父になる』が、「審査
 員賞」を受賞しました。日本映画が同賞を受賞するのは、198
 7年「親鸞 白い道」以来26年ぶりの快挙となります。

 是枝監督は、2005年度より本学客員教授に就任され、産業社
 会学部で専門特殊講義「映像論」をご担当いただいています。


受賞を喜ぶ是枝監督
『そして父になる』は10月5日(土)より全国で公開
『そして父になる』は10月5日(土)より全国で公開

 今号も学生や教職員の情報満載でお届けしたいと思います。
 読者プレゼントは、「立命館オリジナルハンドタオル&ピン
 バッジ」です。
 応募方法は最後にお知らせします。お見逃しなく。

 それでは、最後までお楽しみください。

▼学園ニュース▼

 【1】日本の大学で初!今年9月、中国の大学と新学部を共同設置

 立命館大学と大連理工大学(中国)が、共同で開設準備を進めて
 きた「国際情報ソフトウェア学部(以下、新学部)」を、9月に
 大連理工大学キャンパス内に開設することが正式に決定しました。
 日本の大学が海外の大学と学部を共同設置することは初めての取
 り組みです。

 新学部は中国の教育制度のもと、理論と実践のバランスがとれた
 国際的に活躍できるグローバルIT人材を育成することを目標とし
 ます。

 立命館大学の教員が現地で日本語で授業を行い、卒業に必要な単
 位の3分の1を提供します。入学定員は100名、そのうち2年
 間の成績上位40名は3年次に立命館大学情報理工学部へ転入学
 し、両大学の学位を取得することができます。


新学部が設置される大連理工大学の金州新区キャンパス


中国政府教育部より発行された認可証を持つ川口清史・学長(中央)、
八村広三郎・情報理工学部長(右)、大久保英嗣・情報理工学部教授(左)


 詳細はコチラ≫
 http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/11865/year/2013

──────────────────────────

 【2】地域社会の発展・人材育成のための連携協定を姫路市と締結

 石見利勝市長(元立命館大学政策科学部長)と川口清史学長は、
 今年2月に行った懇談の中で、「地域と大学が連携協力を進め、
 地域の抱える課題の解決等に取り組んでいくことが重要」という
 点で意見が合致し、今回の協定締結の運びとなりました。


協定を締結した石見利勝・市長(左)と川口清史・学長(右)

 石見市長は、「立命館大学には、姫路というフィールドを生かし
 て、教育・研究を進めていただきたい」と述べられました。また、
 川口学長は、「歴史都市防災研究所をはじめ、大学の有する知的
 ・人的資源をいかして、姫路のまちづくりに貢献していきたい」
 と語りました。

 詳細はコチラ≫
 http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/11856/year/2013

──────────────────────────

 【3】弓道部男子団体が関西新記録を更新する5連覇を達成

 5月25日(土)と26日(日)の二日間、グリーンアリーナ神
 戸にて44大学が参加する「第57回関西学生弓道選手権大会」
 が開催され、弓道部男子団体が5連覇を達成し、自身の持つ同大
 会の連続優勝記録を更新しました。今回の優勝で通算優勝回数は
 12回目を数えます。


優勝したチームのみなさん

 今後は、6月30日(日)に明治神宮にて開催される「第25回
 全国大学弓道選抜大会」の優勝を目標に、厳しい練習を重ねます。

 詳細はコチラ≫
  http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/11875/date/5/year/2013

──────────────────────────

 【4】びわこ・くさつキャンパスの茶室で英語基準留学生を対象
    とした茶道体験を開催


 今回の企画は生命科学研究科の呼びかけのもとで行われ、インド
 ネシア・エチオピア・キルギスタン出身の英語基準留学生が参加
 しました。

 参加した留学生は慣れない作法に苦戦しながらも初めて触れる茶
 道を楽しみ、総勢20名近くのにぎやかなお茶会となりました。
 参加後には「今回の茶道体験は、日本文化の理解を深めるために
 とても良いものだった」といった感想が聞かれました。


お点前の体験に挑戦する留学生たち

 詳細はコチラ≫
  http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/11860/date/5/year/2013

──────────────────────────

 その他学園ニュースはコチラ≫
 (学園HEADLINE NEWS)
 http://www.ritsumei.jp/news/index_j.html?year=2013

 (学園PICK UP)
 http://www.ritsumei.jp/pickup/index_j.html?year=2013&date=6

──────────────────────────

▼EVENT(公開講座)▼

 掲載しているイベントや公開講座は、天候や諸事情により、
 延期または中止になる場合があります。問い合わせ先や
 イベントホームページをご確認ください。

 ※[要事前申込]の場合は、各問い合わせ先にご連絡ください。

 【1】[@大阪][無料][要事前申込]
   立命館大学大阪茨木新キャンパス構想説明会


 本学は、大阪茨木新キャンパスの2015年4月の開設に向けて
 準備を進めています。

 このたび、新キャンパスの計画概要および本学の教育・研究の取
 り組みや学生の諸活動について、構想説明会を開催いたします。
 ぜひお気軽にご参加ください。

 [日 程]6月29日(土) 15:30~17:00
 [会 場]茨木市福祉文化会館 5階文化ホール
 [参加費]無料
 [申込方法]インターネットまたはFAXにてお申込みください。
      ※申込締切日:6月14日(金)

 インターネット申込フォーム
 https://www.bir.co.jp/ritsumeioic/
 FAX申込フォーム
 http://www.ritsumei.jp/news/pdf/headline130529.pdf

────────────────────────── 
 【2】[@京都][無料][申込不要]
    玉井誠子・写真展「ニジェールのおんなのこ」開催

 2010年~2012年、青年海外協力隊として西アフリカ等で
 活動されていた玉井誠子さんは、アフリカの女性に魅力を感じ、
 写真を撮り始めました。今回はニジェールで暮らす女性たちの姿
 を瑞々しくとらえた写真展を開催します。

 [日 程]6月12日(水)~7月2日(火) 
      月曜日~金曜日 10:00~17:00

     ※6月18日(火)16:15~玉井誠子氏講演会
 [会 場]衣笠キャンパス明学館1階
      立命館大学国際協力資料センター
 [入館料]無料


 
 詳細はコチラ≫ 
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/in/cger/kunl/documents/tenji.pdf

────────────────────────── 
 その他の公開講座はコチラ≫
 http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/event/
────────────────────────── 

▼EVENT(スポーツ/学芸)▼

 【1】[@京都][有料][申込不要]
     男声合唱団メンネルコール 第52回明立交歓演奏会 

 立命館大学メンネルコールと明治大学グリークラブは、約半世紀
 にわたる交流を一度も途切らせることなく続けています。男声合
 唱ならではの力強く深みのあるハーモニーを心ゆくまでお楽しみ
 ください。

 [日 程]6月30日(日)14:30開演(14:00開場)
 [開 場]八幡市文化センター 大ホール
 [入場料]一般500円(全席自由)

────────────────────────── 
 【2】[@滋賀][無料][要事前申込]
    国際協力団体IROHA 「Share The World」 

 国際協力団体IROHAはカンボジアの教育支援と自立支援をしてい
 る団体です。設立資金の半分を支援してカンボジアに公立中学校
 「IROHA SCHOOL」を建て、現在その運営にも携わっています。

 6月29日(土)は、カンボジアと縁のあるシンガーソングライタ
 ー・森源太さんをゲストに迎え、カンボジアの現状とIROHAの活
 動を紹介します。

 [日 程]6月29日(土)13:00~17:00
 [会 場]びわこ・くさつキャンパス セントラルアーク1階 
 [入場料]無料
 [申込方法]下記URLよりお申込みください。
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/3c0ca4e3248609

──────────────────────────
 その他のスポーツ・スケジュールはコチラ≫
 http://www.ritsumei.ac.jp/event-sports/sports/schedule.html/

 その他のイベント・スケジュールはコチラ≫
 http://www.ritsumei.ac.jp/event-sports/event/schedule.html/
──────────────────────────

▼輝く学生インタビュー▼

▼輝く学生インタビュー▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第16回 輝く学生インタビュー
 「生涯現役 ~珠算にゴールはない~」
 立命館大学珠算部 部長 河野翔太さん(経営学部4回生)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 このコーナーでは、立命館でいまを精一杯頑張り、輝いている
 学生や団体を紹介していきます。

 今回ご紹介するのは、立命館大学珠算部部長の河野翔太(こうの
 しょうた)さんです。

 昨年10月に開催された「平成24年度全日本通信珠算競技大会」
 において、珠算部は団体総合競技(一般の部)で5年ぶり13回
 目の日本一という快挙を成し遂げました。
 また、個人としても河野さんが「第8回西日本珠算競技大会」で
 個人総合競技に優勝するなど輝かしい成績を残しています。

 現在、部長として珠算部を引っ張っている河野さんにインタビュ
 ーしてきました。


インタビューに応じてくれた河野さん

 Q:そろばんを始めたきっかけを教えてください。

 叔父と叔母が珠算教室を開いていたこともあり、両親から薦めら
 れて始めました。5歳の頃でした。
 初めは、数字や文字に親しみ、そろばんの使い方を覚えるという
 ものでした。その後、テキストを使ってそろばんを覚えていきま
 した。
 テキストをこなしていくうちに計算できる桁数が増えていくこと
 が楽しくなっていました。
 ある程度そろばんを覚えると検定試験を受けるのですが、合格す
 るとそろばんに「○級合格」というシールを貼ってもらえること
 が喜びでした。

 そろばんを始めて8ヶ月ほど経過したとき、初めて大会に出場し
 ました。検定とは違う雰囲気を感じ、賞状やトロフィーを貰って
 いる先輩を見ていると、「自分も先輩のように賞を取りたい!」
 と思うようになりました。
 初めての遠征は、広島県の因島でした。そろばんをしていると
 「全国各地に行けるんじゃないか」と思いました。


 Q:大切にしているそろばんはありますか?

 小学1年生で、そろばん検定1級に合格した時に、両親から買っ
 てもらった初めてのワンタッチそろばん(*)です。定価が約8万
 円という高価なもので、これまで以上に珠算を頑張ろうという気
 持ちになりました。
 今でも、このそろばんを使用しています。そろばんに汗が落ちて
 珠の滑りが悪くなることもあるのですが、修理をしながら愛用し
 ています。そろばんケースには、タイマーや鉛筆など必要なもの
 全てが入るようになっているのも便利です。

 (*)ワンタッチそろばん…そろばん上部にボタンがついており、
   ボタン1つでご破算が可能なタイプのそろばんのこと。


 Q:立命館大学に進学を決めた理由を教えてください。

 10歳ほど年上の従姉が立命館大学珠算部に所属していたことも
 あり、小さい頃から珠算部について楽しそうな話を聞いていたの
 で、入りたいと思っていました。
 その後、実際に、学生オフィスの方が高校に来てくださり、話を
 聞いたことが決め手となりました。


 Q:珠算部について教えてください。

 珠算部は創立20年が経過している伝統ある部です。現在は、男
 性7名、女性6名の計13名の部員がいます。部員の大半が最高
 の10段を保有しており、部室では競いながら練習を行っていま
 す。
 ちなみに、10段に合格するには、短い制限時間の中でほぼ10
 0%の正解率を出すことが求められます。また、短時間で6桁×
 6桁のような大きな計算をするため、計算のスピードはもちろん、
 スピーディーかつ丁寧に答えを書くことも必要です。


珠算部 部室の様子
ホワイトボードには、今後の大会の予定がびっしりと書き込まれています!


 Q:珠算の大会について教えてください。

 大会によって多少種目が違いますが、掛け算・割り算・みとり算・
 伝票算などを行います。個人競技は各種目の総得点で順位を決め、
 団体競技は団体戦にエントリーした各個人の競技得点の総計によ
 って順位を決定します。この他、種目別競技として、フラッシュ
 暗算(*)や読上算・読上暗算もあります。

 1問につき10秒もかけられないので、答えを書く時間さえもっ
 たいない状況で、常に、書きながら次の計算をしています。試合
 中は、そろばんの珠を弾く音よりも鉛筆で答えを書いている音の
 方が大きいです。そろばんを使ってよい問題でも、珠算式暗算と
 いう「そろばんの珠をイメージ」して計算する方法が早いので、
 ほとんど暗算で計算しています。
 読上算の場合、問題は何千兆という桁もあり、答えは「京」まで
 いきます。

 (*)フラッシュ暗算…コンピュータの画面にフラッシュ式で表示
   される数字の問題を、珠算式暗算を用いて計算するもの。


 Q:大会に臨むうえで大切なことは何ですか?

 珠算で大切なことは2つあります。第1に日々の練習量です。多
 いときは、毎日2時間程度の練習をします。そうした練習量は確
 実に成績に反映されてくると思います。ただ、大会で練習の成果
 をそのまま出すことは難しいことです。どれだけ練習しても、必
 ず結果に結びつくものではありません。なぜなら、満点が当たり
 前の珠算ではプレッシャーが大きいためです。そこで第2に大切
 なのが、精神力です。本番のプレッシャーに負けず、いかに成績
 を残せるかという勝負です。精神力をどのように鍛えるべきか悩
 んでいますが、僕は多くの大会に出ることで精神力が鍛えられて
 いるように感じます。


 Q:河野さんにとって、珠算の魅力は何ですか?


 僕は「珠算にゴールはない」と思っています。個人で日本一をと
 ったとしても満足はしません。「ゴールがないからこそ、いつま
 でも珠算を続けることができ、成長し続けられるのだ」と思いま
 す。

 また、年代が違う多くの方と出会えることも魅力のひとつです。
 大会で出会う方は、珠算をやっていないと決して出会うことがな
 かった方々ばかりです。同じ「珠算」に熱中しているというのは
 1つの「縁」だと思います。昔は勝つことだけを目的に大会に出
 場していました。今では新しい珠算仲間と出会えることも大会に
 出場する楽しみになっています。

 みんな同じようにそろばんを弾いているように見えるのですが、
 実は人によって解き方や鉛筆の持ち方が違います。たとえば、桁
 数が大きくなると一度に計算できないため、分割して計算します。
 その際、僕は6桁×5桁から計算していますが、人によってプロ
 セスが異なります。また、そろばんで弾く場合にも省略の仕方は
 人それぞれです。そういうことを知っていくのも面白いですね。

 
 Q:珠算をしているからこその癖はありますか?

 数字を見ると、何でも珠に置き換わってしまうことです。頭の中
 にそろばんがあって、数字として捕らえるのではなく珠として捕
 らえている感覚です。フラッシュ暗算をするときも、そんな風に
 珠に置き換わっているのですぐに計算できます。

 高校は商業科だったのですが、電卓を使う授業では叩くふりをし
 ていました。また、電卓を打つ前に答えがわかってしまうので、
 答えを打つだけということもありました。

(記事の最後にフラッシュ暗算を実践してもらった動画があります。)



 Q:部長として、何か苦労されていることはありますか?

 珠算部に対する「個人の思いがバラバラである」と感じています。
 珠算の団体戦は、個人の成績を合計して勝敗が決定します。つま
 り、団体戦といっても個人の意識が強くなってしまいがちです。
 大会のときだけ珠算部として臨んで勝っても意味がないと思いま
 す。日々の練習から珠算部としての意識を持ち、大会で勝つこと
 が重要だと思っています。そのためにも個人としての練習はもち
 ろん、部としての連帯感をもう少し持ってもらえるように日々努
 力しています。

 あとは、何でも自分でやってしまうということです。後輩に任せ
 ることで、後輩を育てるということができていません。その点は、
 部長としてもっとマネジメントできるようにしていきたいと思い
 ます。


 Q:今後の珠算部の目標を教えてください。


 「全日本通信珠算競技大会」の連覇です。昨年の優勝が偶然では
 なく、真の力だと証明したいです。過去、先輩方が築いてくださ
 った「強い立命館」を再び世の中に伝えたいと思います。

 
 Q:河野くん自身の目標は何ですか?

 僕は、母校である愛媛の商業高校に教員として勤め、珠算部の顧
 問になりたいと思っています。そのためにも、まずは教員採用試
 験に合格することです。
 「自分の育てた生徒を珠算日本一にすること」が夢です。

 また、珠算部は全国的に減っている状況なので、「珠算」を盛り
 上げていきたいです。
 商業高校の教員となり、全国商業高等学校協会と連携し、スポー
 ツと同じくらい取り上げてもらえるようにメディアに働きかけて
 いきたいです。また、大会の運営方法も変えていき、これまでの
 イメージを払拭して発展させていきたいと思っています。


 ★あなたもフラッシュ暗算のスピードを体感!★
 フラッシュ暗算とはどれくらいのスピードなのでしょうか。
 昨年、河野さんに実演していただいた動画をご覧ください。


 ちなみに…こちらはギネス級の速さだそうです↓


──────────────────────────
 いかがでしたでしょうか。

 結果に満足することなく、常に向上心を持っている河野さん。
 部長としての悩みを持ちながらも、伝統ある珠算部を盛り上げて
 いこうという想いが伝わってきました。
 また、素敵な将来の夢を熱く語る河野さんの姿が印象的でした。

 大会連覇に向けて、日々頑張っています。
 引き続き応援をよろしくお願いいたします。
──────────────────────────

▼編集後記▼

 5月28日、文学部において、「地域アドバイザーボランティア」
 の認定式が行われました。
 これは昨年5月に締結された「京都歴史回廊協議会と立命館大学
 文学部との地域アドバイザーボランティア制度に関する協定書」
 に基づくものです。

 「地域アドバイザーボランティア」として認定されるには、文学
 部が同協議会の会員を対象に提供する聴講科目の履修と、論文審
 査を経る必要があります。認定後は、学生の研究や授業に協力し
 ていただくことになっています。

 この仕組みは、地域の人々が地域にある大学を利用して主体的に
 学び、教育補助者として大学で活躍するという新しい形の地学連
 携です。

 今回初めて認定を受けた4名のうち、細田茂樹さんと櫻井昇さん
 は本学の卒業生です。また、細田さんは現在、同協議会常任幹事
 や京都史跡ガイドボランティア協会の副会長も務めておられます。
 卒業生と大学の新たな関わり方が、今後どのように発展していく
 のか楽しみです。


今回認定された4名の方々

 (立命館CLUB事務局 堀井)

▼第28号読者プレゼント▼

 今回は、「立命館オリジナルハンドタオル&ピンバッジ」です。
 3名様にプレゼントします。


夏にぴったり!さわやかな配色のハンドタオルです!

 プレゼントをご希望の方は、下記URLより必須事項を明記のう
 え、立命館CLUB事務局までお申し込みください。なお、プレ
 ゼントの抽選結果は次号でお知らせします。

 【PCの方はこちら】
  https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mbsd-oekcs-56c4828b83b7298508e5197dc24b61ce
 【MBの方はこちら】
  https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mbsd-oekbt-021bc76cab8b8dee6fb681ad47bb33dc

 <応募締切:6/17(月)>

 ※上記フォームよりお申し込みができない方は、下記必要事項を
  明記のうえ、立命館CLUB事務局までメールにてご連絡くだ
  さい。
 応募先:立命館CLUB事務局(rclub@st.ritsumei.ac.jp)
 応募必要事項
 (1)名前: (2)プレゼント送付先住所: 
 (3)電話: (4)今回のメルマガ内容に関する感想:
 (5)プレゼント発表時の氏名公開:可  否
  (否の場合はイニシャルで表記いたします。
   ご希望のペンネームがございましたらご連絡ください。)

▼第27号読プレ当選発表▼

 第27号の読者プレゼント当選者の発表です。 
 プレゼント到着まで今しばらくお待ちください。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ★・比良 さやかさん  (兵庫県)★
 ★・岡本 妙子さん   (福岡県)★
 ★・のんた1号さん    (大阪府)★
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 次回のご応募もお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次回配信予定は6月28日(金)です。お楽しみに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆バックナンバーはこちら
  http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/magazine/
 ◆立命館CLUBホームページ
  http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/
 ◆立命館大学ホームページ 
  http://www.ritsumei.jp/index_j.html
 ◆配信先の変更・解除はコチラ
  https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mbsd-meljr-a849c83c0a4b477a2a6d631dde627b21

 [注意]
 ※リンク先は、時間の経過と共に変更・消去されることがあります。
  ご了承ください。
 ※メールマガジンを転載、その他の利用によって生じる事象につい
  て、立命館大学では一切の責任を持ちません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■ 発行:立命館大学立命館CLUB事務局
 ■■ 〒604-8520京都市中京区西ノ京朱雀町1番地
 ■■ TEL:075-813-8118
 ■■ FAX:075-813-8119
 ■■ ご意見、お問い合わせなどは、下記までお願いいたします。
 ■■ メール rclub@st.ritsumei.ac.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━