2019.08.18

大学図書館について

お盆休みの終わりに台風10号がやってきましたが、
みなさまのご家庭は大丈夫でしょうか?

先日、久しぶりに映画館に行ってきました。
今回観た映画は、「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」
というタイトルの映画で、ニューヨークにある官民協働の
巨大図書館を扱ったドキュメンタリーです。
http://moviola.jp/nypl/

 (atsushi)20190825-01
(https://www.iwanami-hall.com/movie/ より引用)

その映画を見ながら、図書館がただ単に本を蔵書するだけでなく、
ニューヨーク市民の結節点として重要な働きをしていることに
非常に感銘を受けました。

私は昔から本が好きだったので、
今でもよく大学の図書館に行くのですが、
今では、グループ学習できる部屋が出来たり、
データベースがオンライン化されていたりと
自分が学生の頃とはずいぶん違っているところもあります。
ただ書籍や雑誌を読み、学習するという点では、
昔と変わらず、図書館に行くとでほっとします。

現在、夏休み期間ですが、中学生や高校生の方も
申請をすれば、立命館大学の図書館を利用することが出来ます。
http://www.ritsumei.ac.jp/library/news/article.html/?news_id=696

オープンキャンパスとはまた違う、大学の魅力を知って頂くために、
ぜひ立命館の図書館を利用してみてください。
きっと「知」とは何かを感じられる機会になると思います。

それでは、また。失礼致します。
良い休日を
Atsushi