[ Tue ] の記事一覧

2017.11.21

教職を目指す

 週末の寒波は結構強く、11月中旬なのに琵琶湖北岸の山頂付近は積雪で白くなっています。これからの季節、北風はこれらの山々を越えて吹くため、BKCは寒い季節を迎えます。キャンパスの木々も多くは葉を落とし、木枯らしに震えているように感じます。皆さんも風邪などひかれませんように気をつけましょう。
 昨日、キャンパスを講義に向かうために急ぎ足で歩いていると、保健センターからの放送が流れていて、インフルエンザ予防接種のお知らせをしていました。今年は既に各地で流行の兆しがみられていますので、気をつけましょう。

 先日、大阪府のある小学校に体育授業の研修のために行ってきました。小学校6年生の器械運動(跳び箱)の授業が実践されていましたが、先生の指導に対して、児童全員が真剣に取り組んでいて、とても勢いのある授業でした。「台上前転」から「首跳ね跳び」へと発展する技に挑戦する内容で、練習する場(教材)が多く用意され、各児童が自分の課題に応じた場で練習に取り組んでいました。iPadも有効に活用されており、各自の技の出来栄えをチェックして、技の改善に取り組んでいました。何よりも感心したのは、跳び箱やロイター板、マットなどを全員で動かし、場の設定や後片付けに取り組んでいたことです。日ごろから、担任の先生が全員で協力して取り組む事の大切さを指導されていることが良くわかります。また、月末に同校の違うクラスの授業を見せて頂けるので楽しみです。

 教員を目指す3回生が自主ゼミを立ち上げて、教員採用に関する勉強を行っています。本日のゼミでは、「教員の志望動機」「教育時事問題に対する対応」について勉強しました。教員の志望動機は、各自漠然とした思いは持っているのですが、それを活字に起こしてまとめる作業に苦慮していました。自分の思いを箇条書きで良いので文字に起こし、それをブラッシュアップする事が効果的です。

 また時間の許す限り、教育問題に関する多くの書籍や答申などに目を通しておきましょう。また、管理職試験問題などにも目を通し、校長・教頭に求められている資質・能力を知ることで、教員としてどのような事を大切にしなければならないのかを知ることが出来ます。
 筆記試験対策も大変だと思いますが、体調管理をしっかりとして有効に時間を使いたいものですね。



【司】

2017.11.14

嬉しい出来事

 過日、私が元勤務をしていた学校のPTA役員さんから、京都に来られるとの連絡を頂いたので、「どこか観光ですか」と伺うと、「息子 (元勤務校の卒業生)が、立命館大学を志望しているのでBKCを下見に行きたいと思っています」との事で、先週末に来られました。
 大学のキャンパスを見学して、充実した施設とキャンパスの広さに感嘆し「是非、進学をさせたい」との事でした。残念ながら志望学部はスポーツ健康科学部ではありませんでしたが、教え子が立命館大学を志願してくれることは大変嬉しい出来事で、是非合格してもらいたいと思っています。
 その後「北野天満宮」へ一緒に出かけ、合格祈願をしてきました。


 先週末の京都の紅葉は、まだ少し先かなと思う程度でしたが、観光客の数は凄く多かったですね。特に京都駅は、新幹線が到着するたびに多くの方が改札から出てこられて、バスターミナルの方向へ向かっていました。京都駅には、巨大なクリスマスツリーが飾られていました。

 後期の教職の関する授業「保健体育科授業研究」では、先週までコモンズで実技の模擬授業を行っていましたが、今週は教室で、保健と体育理論の模擬授業が行われています。各自が作成した指導案に基づき授業を行うのですが、学習資料や学習ノートなどもよく工夫されていて、指導内容に明確な意図を感じさせる内容も見られました。人前で指導をする事には慣れてないと思うのですが、中には「既に教員を数年かやってるのではないか」と思われるほど堂々と落ち着いて模擬授業をしている学生さんもいて、頼もしく思っています。

【司】

2017.11.07

体育授業勉強会

 先日の台風通過以降、一段と秋が深まった感があります。
 先週の三連休、京都には多くの観光客の方々が訪れ、東福寺・清水寺・嵐山など紅葉の名所を含め、多くの観光スポットで「秋の京都」を楽しまれた事だと思います。私の故郷の方々数名も京都観光を楽しんでいたようで、Facebookにはその様子が掲載されていました。嬉しいですね。
 BKCの木々も紅葉して美しい季節となりました。キャンパスを歩いていると、紅葉と青空のコントラストの美しさに、思わず立ち止まって見上げしまいます。


 先日、正門から少し離れた歩道脇に「あけび」を見つけました。幼少期、あけびは私たちのおやつの様な存在で、野山に入り競って見つけたものでした。少し赤身かがった(私たちは「リンゴあけび」と呼んでいました)のが果実が透明で甘みが強く一段と美味しいので、見つけた場所は極秘にして、次の年も取りに出かけました。子どもの頃、山々で作った「基地」やあけび・野イチゴ・山菜のとれる場所は仲間だけの秘密の場所であり、異年齢集団の中で代々引き継がれる場所でもありました。遠い昔の出来事です。

 【智】先生のゼミ(3回生)では、体育実技について指導法の勉強を定期的に行っています。先日はバレーボールの指導法を【智】先生が指導している様子をお伝えしましたが、今回は学生二人が先生役となって、サッカーの指導法について勉強を行いました。

 基本的なスキル(パス・ドリブル・シュート)の習得では、上手く行うためのコツを指導する事により、学習者が上達する事を体感する事が出来ていました。
 また、簡易ゲームでは、学習指導要領にも示されている「ボールを持たない人」の動きに着目して、空いたスペースに入り込んで有利な状況を作り出す事に焦点を当てた指導法を行っていました。

 一時間の体育授業の中で、どのような「学び」があったのかを学習者がしっかりと理解(認識)する事が必要で、獲得した知見(技能や戦術)を確認できる評価が必要です。
 指導後の意見交換では鋭い意見が出され、指導した者も参加した者も多くの事を学んだ時間となったようです。

【司】

2017.10.31

秋のBKC

 二週続けての「週末台風」・・・。皆様被害等はありませんでしたか。
 月曜日の講義の事を考えて、ヒヤヒヤしながら台風の動きを見ていました。
 高知県で生まれ育った私にとっては、台風そのものは特別なものではなく、平素からそれなりの備えを当たり前としていました(停電の時の備え・避難場所・道路が寸断された時の迂回路の確認)。高知県は昔から「台風銀座」と呼ばれていて、毎年それなりの規模の台風が襲来し、洪水・堤防決壊・土砂崩れなど身近な場所で発生してきました。高知県内市町村の発展の歴史は、まさに自然災害との闘いの歴史であり、災害から雄々しく立ち上がる人々の歴史でした。
 近年、関東や東北北海道に巨大台風が上陸する事が多くなり、日本全国、台風に対する「備え」が必要だと思っています。「備えあれば患えなし」。日頃から「最悪の状況を想定して」備えをしておきましょう。


 今日、31日は「ハロウィン」ですね。巷では仮装した人々が楽しい時間を過ごしているのではないでしょうか。

 台風一過の影響でしょうか、昨日関西地方に「木枯らし一番」が吹いたとの報道も。
 急激に寒くなった、BKCの情景を撮影してきました。


大学院ウィークのフラッグも。

ウエストウイング(セントラルサーカス方向)

先週、教職員の定期健診がありました。体重は30代とほとんど変化は無いのですが、医師から「メタボですかね・・・」と言われました。体内組織の老化が進んでいるのか、筋肉(ほとんど脂肪??)が重力に勝てなくなりつつあります。
写真はレントゲン車です。
 
 皆さん、毎日忙しい日々を過ごしている事と思いますが、たまには上を向いて歩いてみませんか。

【司】

2017.10.24

各種研修会への参加

 「台風21号」・・・10月中旬以降にこんな巨大台風が日本直撃するなど、やはり地球温暖化(海水温の高温化)が原因なのでしょうか。また、台風が発生するかもしれないと言われています。大阪・京都・滋賀は、日常生活をしていると交通の便も良く、距離的にも近い感覚がありますが、昨日の様な状況では、高速道路は大渋滞で全く動かず、JRは不通(大幅な遅延)、一般道も大渋滞。各所で大きな影響が出ました。

 今回は、一週間中に参加した研修会の様子をお知らせします。
 19日の木曜日、【智】先生の3回生ゼミで、「球技(バレーボール)」の授業づくり演習が行われました。バレーボールの特性や用具の準備、基本的なスキルの指導法などについて実技を入れながらの講義でした。参加する生徒の体格や運動能力を考慮した単元計画の立て方や授業の進め方について大変勉強になりました。


 20日の金曜日、立命館附属中高等学校(長岡京・宇治・守山・慶祥)の保健体育科を担当されている先生方(30人を超える)の研修会に朱雀キャンパスに行って来ました。このような教科単位の研修会は初めての取り組みということで、まず各附属学校の体育授業の取り組みや生徒の実態等を交流し、次に新学習指導要領では体育授業がどのように変わるのかなどについて研修しました。
その後、グループに分かれて意見交流が行われ、附属学校の課題を明確にして、体育授業の活性化を図る方向の意見が出されました。
[私と【智】先生が講師として参加しておりました。写真を撮ることを忘れていて、文字のみですみません]


 21日の土曜日、京都市教育委員会主催の第12期「京都教師塾」が京都市総合教育センターが開催され、視察に行って来ました。大学3回生・大学院M1の中で、京都市の教員を希望している学生を対象として行われている講座で、今回は250人が参加しているとの事でした。午前中は入塾式、午後からは講演とグループ討議が行われました。

 講演会は、大谷大学教授(元堀川高校校長)の荒瀬克己先生から、「教師に求められるもの」と題して話があり、参加者は熱心にメモをとりながら真剣に聞いていました。その後、グループに分かれ講演会の振り返り、また「どのような教師になりたいか」をテーマに討議が行われました。
(内部の撮影は控えさせて頂きました)


【司】

2017.10.17

朱雀キャンパス2

 秋雨前線が日本列島に横たわり、先週末から雨が降っています。また、フィリピンの東海上を北上している「台風21号」の影響が今週末から日本列島にも影響しそうな予報が出ています。

 天候が悪いので気温も上がらず、肌寒い日が続いています。実技を伴う講義で運動する学生さんにとっては、体調管理が難しい季節ですね。実技が終わったらしっかりと汗を拭きとり、乾いた服に着替えておきましょう。

 先週末に朱雀キャンパスに行く機会がありました。以前、ブログで少し紹介しましたが、今回は第二弾とさせていただきます。

 千本通に面した入り口から入ると、まず立命館大学の創設者「中川小十郎」先生の胸像が目に入り、胸像の上には明治二年に「藤原(西園寺)公望」公によって書かれた書が掲げられています。


 胸像の後ろには、円形の展示ブースがあります。その中には、「孟子像」が立っています。


 立命館大学の「立命」は、中国の古典「孟子」(盡心章)の一節、「殀壽貳わず、身を修めて以って之れを俟つは、命を立つる所以なり」(人間には、若死にする人もあれば、長生きする人もある。それはすべて天命で決められていること。だから生きている間は、わが身の修養に努めて天命を待つのが人間の本分を全うすることなのである)という考えに由来しています。「立命館」は、人間がその本分を全うするために懸命に勉強に励む場所を意味しています。学問に携わる者として身の引き締まる言葉ですね。

また、西園寺公望公の写真とレリーフが展示されています。


 朱雀キャンパスに行く事があれば、展示ブースの中に入ってみて下さい。

 朱雀からの帰り道、自宅の最寄り駅で電車から降り、西の空を見るときれいな夕焼けを見る事が出来ました。
 
【司】

2017.10.10

京都散策3

 10月の三連休は如何お過ごしでしたか。と言っても昨日の月曜日は授業日でしたので、大学で講義を受けていたという学生さんが多いのではないでしょうか。私も月曜日は4コマ担当しているので、頑張りました。

 先週は随分と涼しい日々が続いたので、「このまま本格的な秋か」と思ったのですが、この連休は比較的気温が高く、30度近くまで気温が上昇し、少し動くと汗ばんでくるという状況でした。着る服に悩みます。


 私事ですが、大学への通勤のためJR京都線・琵琶湖線を利用しています。各車両の一角(定位置)には、立命館大学の広告ポスターが掲載されているのをご存じですか。南草津から京都方面に向かう車両で言うと、進行方向前寄り左側の入り口の所です。今回の広告ポスターは、スポ健の海老先生の活動の様子が「おいしく楽しい食事ができれば、アスリートはもっと強くなれる」と題して紹介されています。嬉しいですね。
 JRに乗られたら是非探してみて下さい。


 先週は毎日バタバタとしていて、ブログの事を全く考える事が出来ずに過ごしていました。これでは何も書くことが無い・・・ということで、日曜日自宅から歩いて「桂離宮」へ行ってみました。当然、事前予約のしていなかったので中に入る事はできませんでしたが、入り口で待機していた職員の方に色々と話を伺いました。

 桂離宮は、正親町天皇の第五皇子誠仁親王(陽光院)の第六皇子の智仁親王が、豊臣秀吉の養子となり、その後秀吉に嫡男が誕生してことで、養子解消した償いとして3000石を与えられ、「八条家(桂宮家)」を創設した後、八条家の別荘として造営されています。この3000石は他の宮家と比較しても非常多く、秀吉の申し訳ないという気持ちが石高に出ていますね。
 


 自宅の近くにある事は知っていたので、参観をしたいと調べた事がありました。興味のある学生さんは、参考にしてみて下さい。
 桂離宮参観申し込みは、http://sankan.kunaicho.go.jp/(宮内庁ホームページ)へ。参観希望日の3ケ月前から受け付けています。当日参観の受付もあり、午前11時から先着順に受け付けているようです。今の季節は観光シーズンなので、結構すぐに整理券(当日受付枠20名・各午後3回)配布予定数をオーバーするとの事でしたので、事前予約がお勧めです。


【司】

2017.10.03

京都散策2

 後期セメスターも始まり1週間が経過しました。一通り講義のオリエンテーションが終わり、講義の概要を把握された事と思います。春先の意欲が高い時期に多くの講義にエントリーをして、よく考えてみると時間と気持ちに余裕が無くなっている学生さんが、講義をキャンセルする場合が多いですね。人は「幾つになっても勉強は出来る」と言います。私もそうだとは思っていますが、勉強する環境が整っていて最も効率よく勉学に集中できる時期は、まさに「今でしょう」とも思っています。後期の授業にエントリーした学生さん最後まで頑張って下さい。
 一雨ごとに季節が進み、ずいぶんと涼しくなってきました。先週土日に夏用の布団をクリーニングして、毛布を出しました。季節の変わり目なので体調を崩さないようにしましょう。

 昨年京都に越してきて、近畿圏内の神社仏閣や城郭に行く事を目的としてバイク(250ccのスクーター)を購入しました。しかし、中々気持ちと時間の余裕が無くて、自宅駐輪場でシートがかかったままの状態です。50km程しか走行していないのでバッテリーが上がる事を気にしています。
そんな日曜日、気分転換のためバイクに乗り京都市内(桂川を北上して「嵐山」方面へ)を走ってみました。

 皇居の「二重橋」、岩国市の「錦帯橋」、長崎の「眼鏡橋」などと並び有名な「渡月橋」があります。秋の観光シーズンですね・・・橋の両端歩道は観光客の方々であふれかえり、一部車道を歩いている方もおり、路線バスや観光用の人力車が中々進めない状態でした。

 
 嵐山は紅葉で有名な観光スポットですが、まだ少し早いですね。山全体が広葉樹に覆われているので、色づいた様子は素晴らしいと思います。大学進学で関西以外から来ている学生さん、時間と気持ち(お金も)に余裕があれば、京都や大阪、奈良や滋賀の観光地へも足を伸ばしてみては如何でしょうか。私はまた紅葉の時期に訪れたいと思います。


【司】

2017.09.26

スポ健運動会

 本日から後期セメスターが始まりますね。講義と体育会・サークルなどの両立、バイトをする方は更に忙しい日々が続きます。朝昼晩の食事をしっかりととって、規則正しい生活を心掛けてください。

 9月24日(日)は、スポーツ健康科学部の運動会が開催されました。昨年は雨で中止になりましたが、今年は爽やかな秋晴れの中でしたね。
 私は午前中だけの参加となりましたが、その様子を少しだけお伝えしたいと思います。運動会全体のついては、記録(写真)をとっていた学生さんもいたので、別の機会で確認していただければ幸いです。よろしくお願いします。

 当日は、9時過ぎにコモンズに行きましたが、既に早朝から実行委員の皆さんが準備を頑張ってくれていて、会場準備、パワーポイント確認作業や万国旗の取り付け作業を行っていました。事前準備を含めて大変な作業量だったと思います。ご苦労様でした。


 私事ですが、中学校の体育教員として「体育祭」の企画・運営を長年行ってきました。体育祭の目標、体育祭を行うことによって生徒にどの様な力を身に付けさせるのか、また開会式から種目、演技、応援、閉会式などの具体的な方法、保護者・地域との連携など多くの事を企画して実施する事が求められてきました。
 皆さんの動きを見ていると、すぐにでも学校などで対応する事ができるなぁと感心しました。

各組の団長紹介と組みわけが発表された後、アイスブレーキングを行い各組の団結を強くする取り組みが行われました。自己紹介や人間知恵の輪、「台ちゃんゲーム(1m四方の台に何人乗れるか)」など楽しい内容でした。



 午後からの種目説明も事前に撮影した動画で説明があったので、とても理解しやすいと思いました。(学校でも取り入れると児童生徒が理解しやすいですね)


 企画運営する学生さん・参加する学生さんとも、趣旨を理解して「協力して楽しもう」という温かい雰囲気が感じられました。楽しい時間をありがとうございました。
 
【司】

2017.09.19

日体大との交流会

 皆様、台風18号の被害はありませんでしたか。九州や四国、近畿など台風が通過したところを中心として大きな被害がありました。台風が太平洋上で発生した当初は、台湾から中国大陸の方向へ進むのではないかと予想されており、小中学校の中には「秋の運動会」を予定されていた所も多かったのではないでしょうか。

 18日の月曜日、恒例の立命館大学【智】先生のゼミ生と日体大・白旗先生のゼミ生の授業交流会参加のため東京に行ってきました。台風一過。新幹線からはきれいに富士山を見ることができましたが、東京に着くと南からの風が関東地方に吹き込み、33度と厳しい残暑でした。


 品川から渋谷、田園都市線で桜新町へ移動して日体大に向かいました。昨年も感じましたが、グラウンドや体育館の施設設備の凄さに圧倒されましたね。




 授業交流会では、立命館大・日体大とも「ゴール型」の教材で授業を行いましたが、授業の目的や対象学年が明確に設定されており、よく計画された授業展開となりました。実際に小学生や中学生を対象として授業を展開するには改善の余地が多くありましたが、授業実践後の意見交換会では、その点が出され、具体的な改善点も理解出来たのではないでしょうか。

 大きな成果は、教職という同じ目標を持つ他大学の学生さんと授業交流や意見交換が出来た事ではないでしょうか。学生さんの感想の端々にその部分を感じる事が出来ました。日本の子ども達が体育を好きになる事ができるよう、お互いに刺激しながら今後とも研鑽を積んでいきましょう。

 情報交換会二部も大変盛り上がり、等身大の大学生の本音を聞くことが出来て楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 交流会を企画をして頂いた【智】先生・白旗先生、連絡を取り合って具体的なプログラムを作ってくれた学生さんに感謝です。
 
【司】