[ activity ] の記事一覧

2017.09.22

自己流ストレス・マネジメント

お疲れ様です。Hitomiです。
今日はグッと寒くなりましたね。あいにくのお天気なので気分もへこみがちですが、エレベーター前のベランダでは、nao先生のガーデングのお花達が色鮮やかに咲き誇っています。空が曇りでも、こういうところに色があるとやっぱりいいですねぇ。


衣笠では、先週の記事を見てくださった事務のO田さん(スポ健立ち上げの頃にこちらにいらっしゃったそうです!)&O倉さんが、猫写真を見せてくださったり、猫情報(なわばりがあるので他の建物に行くと別猫がいるらしい、等)を教えてくださったりと思いがけず楽しいコミュニケーションがありました!可愛いは正義です。

というわけで水曜日に1週間ぶりにBKCに戻ってきました。戻ってきてあらためて後期の予定を見ていたら思ったよりカレンダーが埋まっていました。んん?
結構、キャパシティがいっぱいになってきた予感がします。といっても、もともと平均的に不安が高いタイプなのでおそらくそもそものキャパシティ量がアメリカ土産のショットグラスくらいしかありません。
そして、今抱いた不安は最悪の状況を勝手に予感させ、さらなる不安を呼び寄せます。これはまずい。非常にネガティブなスパイラルに陥りかけている。

さぁ、こんな時どうするか。まず、一つ目の方法は私が精神的に強くなり一人でこのストレスを跳ね返すこと。…いやいや32年間この性格と付き合ってきたわけですから。もう手遅れ。今から性格を変えている時間はない!
ではどうするか?二つ目の方法。社会心理学でストレスを緩和するための方法と言えば、ソーシャル・サポート!他者からの援助を求めることです。


ソーシャル・サポートはこのように①評価の過程と②実際にストレスがかかった後の心身の健康に効果をもたらすと言われています。前者は愚痴を言ったり弱音を吐いたりできる人間関係があることで不安をやわらげ、状況を気楽に考えたりできるようになります。後者は、実際にストレスが生じるイベントに直面した後で、落ち込んだ気分を上向きに回復させたり、問題解決のための有益な資源や情報を獲得することに貢献します。

私の場合、今必要なのは前者ですね。まだ来ていない未来、ストレスを生じさせる可能性のある事柄に対して不安を感じています。「きっと大丈夫だ!」という気分になることが必要です。

続いてソーシャル・サポートの種類です。ソーシャル・サポートは大きく分けると以下の2種類に分けられます。



ふむふむ。私の場合、道具的サポートは授業の仕方を教えてもらったり効果的な時間管理についてアドバイスをもらったりすることですね。これは同僚の先生に求めるのが良いでしょう。また飲みに行きたいです。
ただ社会情緒的サポートは私以上の仕事をこなしている方々には言い辛いですね。自分の無能感を感じてしまうのでかえって危険です。

社会情緒的サポートは誰から提供されると効果的かというと、配偶者・家族・恋人…う~ん、独り身のアラサーに鋭い刃が突き刺さります。ということは友人感覚でお話しできる同業者以外の方…

事務さん…!!

ということで前置きがすごく長かったですが、今日のランチはS村さんとD松さんにお付き合いいただきました…!私がしゃべってばかりでしたが、すごく良い気分転換になりました…。ありがとうございます。



私のプチカウンセリング?以外にもFDのことやS村さんの旅行の話を聞くことができてとても楽しかったです。

事務さん達に、道具的サポートだけなく社会情緒的サポートまで提供していただいているおかげでなんとかやっています。いつも感謝しております、ありがとうございます!
他の方々も、よければまたご一緒してください。

よくへこむくせに、しぶとい性格なのでたぶん大丈夫でしょう。
よし、回復したところで後期も頑張ります!よろしくお願いします。

Hitomi


2017.09.18

アメリカ訪問

8月31日から9月9日まで、Masa-T助教とGrace課員と小生の3名でアメリカに行ってきました。今回は、アメリカ大陸を東から西へ、5カ所訪れ、合計6大学と連携・交流の話をさせてもらいました。Masa-T助教の計算によると、アメリカ大陸の総移動距離: 約2,4188km、そのうちFlight:約2,3543 km、Drive: 約645 kmでした。

1カ所目は University of North Carolina at Greensboro
 

空港からのアクセスは良く、現在、AthleticsならびにKinesiology学部の建物は、改修されていて、次年度にはリニューアルが終わるようです。迎えてくれた学科長、プログラムディレクターを含め皆さんとても優しく迎え入れてくれて、訪問の最初の大学としてもスムーズに交流ができました。

2カ所目は East Stroudsburg University of Pennsylvania
 

この大学は、GATプログラムでの連携先です。今回、その第一号であるT.Sくんの激励も兼ねて訪問しました。元気にやっていて安心しました。大学院担当のキース教授からもよく頑張っているという評価をもらいました。詳しくは、学部・研究科のFBに載っていますのでご覧ください。
https://business.facebook.com/rits.spoken/?hc_ref=ARRGpXLiVkT2jKH8aI5qUiLE8QioIilzdmatWvHMBU-2c8Fk8uTBKcSVfnmAb7qW-Bk

3カ所目は Purdue University
 

ここは、月面着陸した、ニールアームスロングさんの出身大学で、月に残した足跡がキャンパスの芝生に再現されていました。この大学では、アリス教授が朝から夕方まで、手厚くアテンドしてもらいました。おかげで、学部長、学科長をはじめ多くの先生方との懇談、授業、施設見学もさせてもらいました。

4カ所目は Spalding University
 

ここの大学の学長は、大西洋を手こぎのボートで、単独で横断した女性です。弁護士であり、この大学の出身者であると聞きました。凄い冒険です。なんと最初は、ハリケーンに遭遇したため中断し、2回目の挑戦で成功したとのことです。この大学のHead Athletic TrainerはJun Matsunoで、本学の卒業生です。卒業生がいるおかげで、この大学でもしっかり交流させてもらいました。

5カ所目は San Jose State University
 

カリフォルニア州のサンノゼに有る大学です。大阪体育大学で勤務されていたDr.Tsuruikeが5年前から勤務していて、今回のコーディネイトをしていただきました。学部長、学科長とのミーティングだけでなく、アスレティックトレーニングの実際、ならびに大学野球のスカウティングシステムについても聞かせてもらい、NCAAに関わることも学ばせてもらいました。San Jose State Universityのあと、Stanford Universityを訪問して、全日程を終了しました。

 今回の滞在は、非常に充実して、かつ有意義なものでした。Masa-T助教とGrace課員が、事前に先方大学と十分に折衝し、入念に準備してもらったおかげです。
 今回の交流はあくまでも、種をまいたようなものです。今後、さらにケアをしながら大きな実になる交流になるようにしていきます。その果実は、学部・大学院の教育・研究につながると確信しています。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
先週火曜日は、年に2日間おこなう教授会FD研修会でした。スポーツ健康科学部の教職員が一堂に会して、朝から夕方まで、教育、研究、入試、社会連携など多岐にわたって議論し、情報共有します。今年は、文科省からも専門官をお招きしたレクチャーも取り入れました。
【忠】

2017.09.15

ねこあつめ in 衣笠キャンパス

お疲れ様です。Hitomiです。
BKCに姿を見せないので「あいつサボってやがるな」とお思いの皆さま、違うんです。今日は…というか今週は、BKCではなく衣笠キャンパスでお仕事中です。
身体的に疲れはしないものの、集中力を使う仕事が中心なので終わる時間にはふらふらです~。


↑いつ来ても立派な図書館

昼休み、ネタ探しがてら散歩をしていたところキャンパスの中庭で猫を発見しました。
猫…!(喜)
昔は実家で飼っているのもあり犬派でしたが、猫も結構人に懐くということを知ってからツンデレな態度もまたオツ…と思えるようになりました。
そもそも猫とか犬とか以前に動物が大好きです。大学時代夏休みに北海道の牧場で数週間住み込みのバイトにチャレンジしたくらいには動物好きです。
(動物関係の仕事に興味を持っていましたが、この時体がついていけずに1週間寝込み、散々迷惑をかけたうえで肉体労働は向かないことを自覚しました。切ない思い出…)

看板を見るに、どうやら猫達はここに居ついている様子。



アイドルのおっかけのごとく毎日通って3匹確認しました。涼しい時間帯がねらい目のようです。



しかし、衣笠キャンパスにはよく来ていますが猫がいることはまったく気づきませんでした。
ブログのネタ探しと思って注意してみてみると色々気づくものですね。

来週の火曜まで衣笠に通う予定ですが、それまでに新しいにゃんこに会うことはできるのでしょうか!?
こうご期待!!

Hitomi

2017.09.12

附属学校訪問1

 水田では、稲穂が黄金色に実り「首を垂れている」稲の刈り取り作業をしている一方で、まだ穂が青い稲もあります。そんな水田の一角に「コスモス(秋桜)」が咲いていました。色とりどりの花が、自己主張するかのように咲いている様子を見ると、少し嬉しくなってきます。近所の青果店では栗を見つけました。早速、栗ご飯にして頂きました。
秋ですね。
 
 月曜日(9月11日)に、立命館宇治中高等学校に行って来ました。訪問の趣旨は、附属学校保健体育科の先生方の研修についてと大学教員との協働について検討する事でした。
 大学を出る前に、立命館宇治卒業の【智】先生のゼミ生4回生【I井くん】にスポ健事務室前でばったりと会ったので、学校への行き方を聞くと「駅からはずっと坂道でからバスに乗った方が良いですよ」とアドバイスを頂きました。
 夕刻からの会議であったため、午後2時頃に大学を出発して、京都駅を経由し奈良線に乗って、最寄り駅の「新田」駅まで電車で移動しました。
 会議まで少し時間があったので、I井くんのアドバイスを聞かず歩くことにしました。10分程あるくと、前方に長い坂道が・・・。やっぱりバスに乗れば良かった・・・と反省。坂道を歩くこと20分、立命館カラーの校舎が見えた時はホッとしました。


 学校に着いた時は放課後だったので、多くの部活動が練習に励んでいました。グラウンドでは、アメフト・陸上・サッカー・ラクロス。体育館では、バトントワリング、バドミントン、バスケットが練習をしていました。生徒数の割には体育館は少し手狭な感はありましたが、各部活とも工夫して熱心に練習に取り組んでいました。生徒のほとんどが気持ちよい挨拶をしてくれました。
 高校からアメフト部があったりラクロス部があるというのは、さすがに立命館附属校だなぁ。
 校舎内のスペースには、各種大会で獲得したトロフィーや表彰状が展示してあり、卒業生の中で現在プロスポーツで活躍している選手のユニフォームや活躍の様子がパネルで紹介されていました。
 立命館附属の生徒の皆さん、スポーツ健康科学部へ多く進学してくれることを期待しています。
 
【司

2017.09.11

夏の活動

9月も2週目に入りました。これから秋に向かいますが、まだまだ夏の名残の感じですね。

暑い夏から秋にかけて、疲れがどっと出てくる時期ですので、くれぐれも体調管理には気をつけてください。特に、受験生のみなさんにとっては、大事な時期になりますので。

今回ブログで紹介するのは、今年の夏に新しく体験したこと2つです。

1つは写真にありますように、初めて乗馬を体験しました。サラブレッドのお馬さんで、レースにも出ていたそうです。
         

   「人には添うてみよ、馬には乗ってみよ」

といわれるように、人も馬も実際に突き合ってみたり、乗ってみなければそれぞれの持ち味、良さは分からないもの。今回、教えてくれた指導者によれば、やはり馬ごとに乗り心地は違うようです。
いずれにしても初めて大きな馬にまたがり、目線が高く、見晴らしは爽快でした。また、お馬さんがパカパカと「なみあし」で歩いてくれましたが、やはり内もも(内転筋)でしっかりしめておかないとバランスは取りずらく、内転筋をしめて体幹筋を使うので、自ずと姿勢は良くなります。割合に、姿勢良く、なみあしでまたがれていたので、はやあしまで体験させてもらいました。
お馬さんにまたがらせてもらった感触、目線、動き、いずれも新鮮な感覚で、また乗りに行きたくなりました。今回は水口にある乗馬クラブで体験させてもらいました。みなさんにも体験をお勧めします。



 もう一つの体験は、琵琶湖大橋Walkです。琵琶湖には、2つの大きな橋がかかっています。大学に近い、大津・草津にかかっているのが近江大橋。それより北の大津・守山にかかっているのが琵琶湖大橋です。1.4Kmほどあり、写真のように中央部が大型船を通すために盛り上がっています。この橋を往復しました。風も良く通り、琵琶湖の景色も一望できました。車は結構走っていますので、注意が必要ですが、サイクリスト、ジョギングをする人も結構見かけました。
お近くまで行かれたら一度歩いてみてください。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
 先週末まで10日ほど、アメリカへでかけていました。大学を5カ所ほど回る強行軍でした。同行いただいたMasa-T助教、事務室のSae女史のおかげで非常に有意義な出張となりました。別の機会で紹介します。
【忠】

2017.09.06

場所を変えて

9月。ヨーロッパ/スペインに場所を変えました。
サバティカル(研究専念期間)をいただき、約半年間スペインでの活動になります。教員になって〇年…いろんな事情があって機会がなかったのですが、ようやく頂いた時間ですので大切に過ごしたいと思います。

現地にたどり着くまでに、ハプニングもありましたが、それはまた次回にぼちぼちと。

日本で準備をしている間、わからないことが多かったおかげで、いろんな方との出会いがありネットワークもできました。
例えば、参考にした文献(!)は、「立命館スポーツ健康科学」(立命館大学スポーツ健康科学会 発行)。
これは、毎年発行されていて、学会長の挨拶に始まり、学会講演抄録、修士論文の概要、スポ健・学会の活動などが収められています。その中にあった、【真】先生の“サバティカル @University of Hawaii (2017年, 第7巻, pp. 16-28)”を参考にしつつ準備開始。


(参考文献!著者: 【真】先生)

アメリカ・ハワイとヨーロッパの違いもあり、比較しながら準備していくのはなかなか楽しい経験でした。スペイン領事館は、東京だけでしたので、出向くたびに一日が潰れていったり…。準備する書類も違いました(アメリカでは必要だったツベルクリン検査証明書や英語能力証明書などは、スペインの場合には要りませんでした。ただ、無犯罪証明書なるものがスペインの場合には必要で、何やらどきどきしてしまいました)。

丸2ヶ月かかって、ようやくビザ発行。ビザの受け取り時、すべての説明が終わった後、領事館の方から「どんな研究をいているの?」と、興味を持って頂き、ほんの少しだけでしたが話をさせてもらい、これまたいい思い出になりました。


2016年8月8日から始まった準備記録。ちょうど1冊完成!(なかなかの出来栄えになりました。案外、几帳面かもしれません)。

そんなこんなで始まる生活です。ゼミっ子のことが気になりつつの生活になりますが、少しずつ現地のことを含めて書いていきたいと思います。

ippo




2017.09.05

キャンパス訪問

 先週末の台風15号が太平洋岸を北上した影響で、日本列島に北の冷たい風が運ばれてきました。関東では急激に気温が下がったようですが、関西でも朝晩はっきりと涼しくなりました。先週金曜日夕刻、南草津駅で電車を待っていた際、ふと見上げた空に「いわし雲」が浮かんでいました。つい最近までは、「入道雲(積乱雲)」が空全体を包むようにあり、夕刻雷と共に激しい雨が降っていました。秋の雲は上空高いところにできるようですね。「天高く・・・」ですかね。


 先日、所用があり朱雀キャンパスへ行っていました。BKCで勤務をしていると、衣笠キャンパス同様訪れる機会が少ないキャンパスです。
 京都市中京区西ノ京朱雀にキャンパスがあります。私は自宅から阪急に乗り、「大宮駅」で下車、歩いてキャンパスまで行きました。近くには、JR山陽本線、地下鉄東西線の「二条」駅があり、大変便利なところです。
 また、北東方向に約300m程行くと、世界遺産の「二条城」があります。この二条の地は、織田信長や豊臣秀吉も「二条城(共に現在は無い)」を築城しており、京都において当時から大変重要なところなんですね。

 外観が煉瓦造りで、趣のある建物です。一歩入ると「しーん」とした静けさが私を迎えてくれました。まず目に入ったのは、西園寺公望公が書かれた「立命館」の書と立命館大学創始者「中川小十郎」先生の胸像です。その像を見て右手に進みますと、立命館大学の開学の歴史に関する説明書きや開校当時の様子がジオラマ展示してあります。また、円筒形の説明ブースもあり、本学の成り立ちを学ぶことができるようになっています。







 BKCの学生さんの中には、あまり朱雀キャンパスに行くことの無い方もいると思いますが、是非足を運んでみては如何でしょうか。
 
【司】

2017.09.04

嬉しい知らせ その2

先週は、O塚先生の嬉しい知らせを報告しました。
今週は、研究科修了生同士のおめでたいお話です。

修了生に二人に両サイドを挟まれ嬉しい顔をしています。右手の森嶋君は、大学院1期生で、博士号取得第1号です。修士、博士とも総代の俊才で、そのあと、ポスドクを経て現在は、関東の大学で講師として勤務しています。左手の文香さんは、修士を修了して、メーカーで働いた後、COIの仕事を手伝ってくれました。

     

お二人ともGTO研究室で熱心に研究し、研究成果を数多く発表してくれています。お似合いのカップルです。入籍を済まされ森嶋君の勤務先の近くに住んでいるようです。結婚式は、森嶋君の地元である葛飾柴又(そう!寅さんで有名なところ)にある浅草寺だそうです。雷門、仲見世などいつも観光客で賑わっていますね。素敵な結婚式になるでしょう。
    

学部・研究科を巣立っていった卒業生・修了生の活躍、幸せの報告は、スポ健ファミリーの滋養、元気の素です。是非、嬉しい報告を多数待っております。これからも幸せのお裾分けをお願いします。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
1月ほど前ですが、「第一子誕生しました!」との連絡を、学部1期生のMayuさんから頂きました。結婚式にもよんでもらい、家族が増えた嬉しい報告も頂き、ありがたい限りです。元気な男の子ですので、逞しく育って欲しいです。
【忠】

2017.09.03

Copenhagen ジャズ・フェスティバル

コペンハーゲンは音楽の分野でも様々なイベントを開催します。

ジャズ・フェスティバルもその一つです。コペンハーゲン市内にはジャズバーなるものが複数あり、毎晩のように様々なアーティストが演奏していますが、年1回のジャズ・フェスティバルでは10日間の間、街中がジャズミュージックに浸ります。


コンサートホールやライブハウスだけでなく、公園やカフェ、路上などいたるところでジャズが演奏されるので、ジャズが聞こえない瞬間がないくらい。



10日間で何と1300のコンサートが開催され、250,000 人の来客がコンサートに訪れるそうです。



 1979年からスタートしたコペンハーゲンのジャズ・フェスティバルも来年で40周年を迎えるようですが、ヨーロッパの中でもこのジャズ・フェスティバルは、国際的な音楽シーンで重要な位置づけとなっているそうです。

国際的なジャズだけでなく、デンマーク発祥のジャズミュージックも演奏されます。

ノラ・ジョーンズなど世界的なアーティストも多くデンマークを訪れ、コンサートを開催するようですが、さすがに大物アーティストのチケットは直ぐに売れ切れたようです。 

アパートの目の前でも色々なジャズの演奏が毎晩のように鳴り響いてました。

たまにはカフェでコーヒーを飲みながらゆったりとジャズに耳を傾けるのも良いですね。

 

satoshi

 


この写真は近所に時たま現れる大道芸人です。一人が中に浮いてるこのトリック、未だに謎です。。

 

2017.09.01

愛を叫べ

Hitomiです。
最近、右からも左からもおめでたい話題が聞こえてきてびっくりしっ放しです!

ご本人達は「(結婚しても)変わらないですよー」と言っていましたが、なんとなく表情が輝いて見えるのは私の気のせいではないはず。
「安定」からは程遠い仕事ですから、共に歩むと決めた奥様の覚悟も相当なものだったと思います。
仕事に研究に家庭生活に、さらに飛躍されますことをお祈りしています!!

そしてもう一つ素敵な話題が。
ab研のK崎さんのご就職が決まったとのことで、送別会に顔を出させていただきました。
初めてお会いした時はあまりの美人オーラに思わず圧倒されてしまいましたが、話してみたらすごく気さくで面白い方で…くだらない話題にもお付き合いいただき、学生時代に戻ったかのようにお腹を抱えて笑いながらお喋りできたのがいい思い出です。

同領域だと気軽に「ではまた学会で~」ができるのですが、専門が違うとそうもいかないのでちょっと寂しいですね。
でもだからこそ、つながったご縁を大事にして、こちらから会いに行きたいと思っています。

また東京でぜひ飲みましょう!

Hitomi