[ Sun ] の記事一覧

2017.09.24

PhD defence(その2)

前回から引き続き、コペンハーゲン大の博士後期課程のRasmusの口頭試問・公聴会について、ご報告したいと思います。
博士論文が無事に学外審査員(南デンマーク大学のDr. Caserottiとバーミンガム大学のDr. Greig)からOKをもらうと、口頭試問・公聴会をスケジュールします。

今回の口頭試問・公聴会はBispebjerg Hospitalの大講義室で行われましたが、大学院生や教員がほぼ全員出席してました。(その理由は後でご説明します)

流れとしては:

1)院生の口頭発表(全て英語)
2)”opponents”(学外審査員)からの質問(全て英語)
3)審査結果の発表

という順番です。

まず、本人からの口頭発表ですが、ただただ見事!という印象です。



デンマーク人は大学の専門授業は運動生理学も含め、英語の教科書を使って勉強します。
そのため、英語の専門用語にも精通しており、学内での研究発表や国際学会での発表でも流ちょうに英語で発表するだけでなく、レベルの高い質疑応答で激しい議論を繰り広げることができます。。

が、何と、南デンマーク大学のDr. Caserottiとバーミンガム大学のDr. Greigからはそれぞれ30分ずつの質疑応答がありました。(主査・副査からの質問はありません)



まさにお互いに立ち話をするかのように、議論を続けます。基本的には教員から質問の攻撃を受け、それを何とか凌ぐ、という感じでしたが。。聞いている方も疲れるくらい、延々と続きます。

そして、学外審査員からの質疑応答が終わると、審査員が会場の聴衆を残したまま、別室に移動して直ぐに審査を行います。

およそ5〜10分後に、審査員が戻ってきて。

正式に学位授与を推薦します!
と宣言し、盛大な拍手で祝福されます。

で、そのまま、研究所で祝賀会です(笑)



興味深いのは、発表を行った院生と研究所のメンバーだけでなく、院生の家族や友人、被験者の高齢者など、様々な人たちが祝賀会に訪れて、Rasmusを祝っていたことです。

日本の審査システムとあまりにも違って驚くことも多かったですが、院生自信が研究者として自立することを大学が促し、また学位が確定すれば(タイムリーに)皆で盛大にお祝いする、という習慣はとても貴重だと感じました。

satoshi


下の写真は近所のローゼンボー城の写真です。
素敵な公園の中にあるので、眺めも良い。

2017.09.17

PhD defence(その1)

先日はコペンハーゲン大の博士後期課程の院生の口頭試問(PhD defence)がありました。 
完全に一般公開で実施するのですが、とても興味深い設定でした。 

審査を受けた博士後期課程のRasmusは医師でもあります。 
コペンハーゲン大のPh.Dプログラムは3年間で構成されています。 

デンマークでは基本的に博士論文はデンマーク語ではなく、英語で執筆します。さらに、博士論文自体の執筆には院生自身が責任を持って執筆・編集することになっていて、学内の教員である主査(Dr. Kjær)と副査(Dr. Holm)はほとんど細かな内容の修正は指導しないそうです。 



(博士論文は冊子としてカバー付で書籍のようにまとめられており、口頭試問の当日には、参加者”全員”に配布されます。) 

では誰が博士論文の指導を行うのか、ということになりますが、ここで学外審査員の出番です。学外審査員は”opponents”(議論の相手?)と呼ばれており、執筆された論文を細かくチェックした上で、必要に応じて修正を指示します。 

コペンハーゲン大学のDr. Dela以外に、南デンマーク大学のDr. Caserotti(イギリス人)とバーミンガム大学のDr. Greig(イタリア人?)は共にデンマーク語を話しませんので、二人の先生方とは執筆のやりとりも全て英語になります。 

このメールでの博士論文のやりとりが一般的に言われる、博士の学位を取得するための最初の審査(事前審査)となり、全てメールベースで行われます。大半の場合、最初の執筆でOKが出ることはほとんどなく、学外審査員が一旦 reject(否認)としたうえで、大幅な修正を加えた後に博士論文を再提出(場合によっては複数回のやりとり)となるそうです。 

今回のRasmusの博士論文は2つの研究プロジェクトから構成されていますが、そこから3本の学術論文を別途執筆しており、そのうちの2つは既に国際雑誌に掲載されている質の高い研究プロジェクトです。 



晴れて全ての修正が承認されれば、口頭試問・公聴会がスケジュールされます。 
口頭試問と公聴会については次回、また詳細にご報告します。 

satoshi 


写真のSøerne (The Lakes)はコペンハーゲン市内にあり、3つの池が繋がっています。
もともとは貯水池として利用されていたようですが、今は池の周りをジョギングや散歩で利用する方が多いようです。


2017.09.10

院生の予備実験

僕自身がコペンハーゲン大で実施予定の実験はまだスタートしていませんが、先日研究所の院生達が、新しいトレーニング実験に向けた予備検討を行っていたので、そのご報告をしたいと思います。

 

Dr. Holmの研究室では、現在大規模な臨床実験が進んでおり、高齢者に対する運動介入も実施しています。

レジスタンス運動(一般的に言われる”筋トレ”)には色々な種類があり、ダンベルやマシンを使ったトレーニングから、自分の体重のみを用いた運動(腕立て伏せや懸垂など)まで様々です。

 

高齢者の体力やライフスタイルに合わせて、様々な運動様式を提案すべきだと思いますが、その中でベルトなどを用いて運動している筋肉への血流を制限することで、通常の運動時よりも強い疲労感を引き起こし、その結果として比較的軽い負荷(軽いダンベル)でも筋肥大を引き起こす運動形態があります。(昔僕自身もその研究に少し関わったことがあります。。)

 

この運動形態をまず自分たちで試してみよう、ということで、院生達が市販されている伸縮性のベルトとダンベルを使って予備検討を行っていました。

具体的な運動として、上腕二頭筋を鍛えるために、アームカールの運動をダンベルを負荷として用いてトレーニングします。

12回の運動をほぼ毎日行って、3週間でどれくらい肥大するか、を観察するそうです。

 

運動プログラムを始める前と、3週間後にDXAX線の骨密度測定装置で、上肢と下肢の筋肉量を除脂肪量として評価することができます)、超音波法を用いた筋肉の厚みの測定、を実施して上肢の肥大を評価します。

 

今回の予備実験を行っているのが元陸上部の投擲選手から、全く日頃運動していない院生まで様々なので、どういった応答が起こるか、、もうすぐ結果が出るそうなので楽しみです。

 

satoshi


p.s. 写真はコペンハーゲンのカナルツアーのボートからの写真。天気の良い日は気持ちいいです。


2017.09.03

Copenhagen ジャズ・フェスティバル

コペンハーゲンは音楽の分野でも様々なイベントを開催します。

ジャズ・フェスティバルもその一つです。コペンハーゲン市内にはジャズバーなるものが複数あり、毎晩のように様々なアーティストが演奏していますが、年1回のジャズ・フェスティバルでは10日間の間、街中がジャズミュージックに浸ります。


コンサートホールやライブハウスだけでなく、公園やカフェ、路上などいたるところでジャズが演奏されるので、ジャズが聞こえない瞬間がないくらい。



10日間で何と1300のコンサートが開催され、250,000 人の来客がコンサートに訪れるそうです。



 1979年からスタートしたコペンハーゲンのジャズ・フェスティバルも来年で40周年を迎えるようですが、ヨーロッパの中でもこのジャズ・フェスティバルは、国際的な音楽シーンで重要な位置づけとなっているそうです。

国際的なジャズだけでなく、デンマーク発祥のジャズミュージックも演奏されます。

ノラ・ジョーンズなど世界的なアーティストも多くデンマークを訪れ、コンサートを開催するようですが、さすがに大物アーティストのチケットは直ぐに売れ切れたようです。 

アパートの目の前でも色々なジャズの演奏が毎晩のように鳴り響いてました。

たまにはカフェでコーヒーを飲みながらゆったりとジャズに耳を傾けるのも良いですね。

 

satoshi

 


この写真は近所に時たま現れる大道芸人です。一人が中に浮いてるこのトリック、未だに謎です。。

 

2017.08.27

エッシャーのだまし絵(オランダ・ハーグ、その3)

オランダの画家であるM.C.エッシャーの美術館(Escher in het paleis)に行ってきました。

http://www.escherinhetpaleis.nl/?lang=en

 


最近美術館ネタが多いと思われるかもしれませんが、実はそこまで美術館マニアではありません(汗)。ただ、このエッシャーのだまし絵は子どもの頃から大好きで、今回初めてその実物を鑑賞することができて感動しました。

 

この「滝」は皆さんもどこかで見たことがあるのではないでしょうか?

永遠に循環し続ける滝の水(笑)

水車に流れ落ちる水がまた滝まで戻ってくる様子を自然に描いたこの絵は、従来の遠近法の描写ではなく、背景の図や水の流れの描写で遠近感を引き起こしているそうです。何かよく分かりませんが、とにかくじっと見続けてしまいます。

 




館内はエッシャーの絵画だけでなく、エッシャーの生い立ちに関する資料や、トリックの映像や、ワークショップなど、子どもから大人までが楽しめる展示が沢山あり飽きさせない空間を創っています。

(上記のリンクから美術館の様子がご覧頂けます)

 

satoshi

 

2017.08.20

Zollverein Coal Mine(ドイツ・エッセン、その2)

ドイツのエッセンにヨーロッパスポーツ科学会議にて院生の発表が終わった後、エッセンにある、ツォルフェアアイン炭鉱遺跡は2001年にユネスコの世界遺産に登録されています。

https://www.zollverein.de/service/english-page

 


1986年までは2.4億トンの石炭が掘り出され、毎日8,000人の労働者が炭鉱地帯の地上と地下で働いていたそうです。現在は炭鉱の跡地に博物館も設置されており、エッセンの観光名所の一つになっています。


 

とにかくこの遺跡群の広いこと!とてもじゃないですが、半日では歩いて全てを見て回るのは無理でした。

 

 

博物館も以前、工場施設だったと思われる建物の中に建設されてますが、博物館に繋がるエスカレーターは石炭を運ぶ通路(?)だったのか、とてつもなく長い。。(上から見下ろしてみました)

 

 

博物館内に入るのは有料ですが、遺跡群の敷地内は自由に地域の住民が出入りしていて、犬の散歩をしていたり、バンドが野外でライブ演奏の練習をしていたり、複数の飲食店もありました。

イメージしていたユネスコ世界遺産とは少し異なる印象でしたが、地域と上手く融合している雰囲気が楽しかったです。

 

satoshi

 

2017.08.13

マウリッツハイス(オランダ・ハーグ、その2)

オランダのハーグを訪問した際に有名な美術館であるマウリッツイハイス美術館を訪問してきました。

https://www.mauritshuis.nl/nl-nl/bezoekinformatie-japans/



外観は大きな屋敷みたいです。地下から入りますが、真横の河川よりも低い位置に入り口があり、不思議な感覚に陥ります。

(川が氾濫したりしないのかな、と心配になるくらい)

 

広々とした部屋に絵画が展示されています。とても最先端だなと思ったのは、美術館内は無料でWi-Fiが繋がるのですが、美術館のアプリが配信されており、美術館内の案内から個々の展示物の詳細な説明まで全てがスマホのアプリ上で確認可能です。

絵画の説明は英語での音声ガイダンスもあります。通常は音声ガイダンスは有料で貸し出しているのが一般的かと思いますが、アプリ利用は全て無料でした。



作品リストから興味のある作品を見つけて、地図上でそれがどこに展示してあるかを確認できるので、時間が無い場合は興味のある作品だけをピックアップして鑑賞することもできます。

 



平日に訪問したからか、特に観光客でごった返している様子もなく、美術館内は比較的空いていました。オランダを代表する画家のレンブラントの「デュルプ博士の解剖学講義」やフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」も含め、多くの作品をじっくり自分のペースで楽しむことができるのがマウリッツイハイスの魅力の一つだと思います。

 

satoshi

 

2017.08.06

Midsummer’s Eve

デンマークでは夏で最も夜が短くなる夏至を盛大にお祝いします(北欧は特に冬の間、日があたる時間が極端に短くなるからでしょうか?)。

この日は街中でパーティーが深夜まで続きます。

 

(この日も研究所の皆さんは午後にはそわそわし出して、15時頃には皆いなくなりました。。)

 

この夏至のお祝いは”Sankt Hans (Saint John’s Eve)”と呼ばれており、1600年代から焚き火を起こしてそれを囲み、皆で食べて・飲んで・歌って祝ってきたそうです。コペンハーゲンの各地ではバンドが演奏をして、暗くなる前から焚き火が目につきました。


もともとは、ほうきに乗った魔女を焚き火で追い払う、という儀式から始まったそうで、実際に魔女の人形を焚き火の中で燃やしている風景も見かけられます。

 

 

上記画像は以下より転載(8-4-2017)

http://www.roervig.dk/hvad-sker-der-i-roervig/sankt-hans-paa-roervig-havn-100-aars-jubilaeum/

(現在はもちろん燃やしているのは薪などですが、1617世紀にかけてwitchcraft(魔女の信仰)で捕らえられた1000名もの男女が焚き火で処刑されたとか。。)

 

デンマーク人は夏のピークである夏至の美しい夕暮れを鑑賞しながら家族で食べて・飲んでお祝いします。夏は晩の10時くらいまで明るいので、僕は普段は既に寝ている時間ですが、写真撮影のために夜更かししました(笑)

 

Satoshi

 

2017.07.30

Frederiksberg Hospitalでの実験

先日はコペンハーゲン大学で実施されている臨床実験の見学に行ってきました。いつも行っているBispebjerg Hospitalではなく、コペンハーゲンにある別の大きな病院であるFrederiksberg Hospitalです。

 

 

こちらで共同研究をしている医師の先生は肝臓にカテーテル(チューブ)を入れるという特殊な試技が可能で、加齢に伴う栄養障害のメカニズムの解明について、他の研究機関では実施が困難な実験を日々行っています。

 

Grithは現在Dr. Holmの研究室にいる博士課程の院生ですが、3人の可愛い子供達の母でもあります。3人目の産休から復帰して早速臨床実験を主導しています。

実験の詳細はまだ公開できませんが、高齢者を対象とした運動と栄養介入を用いて、加齢に伴う筋肉量と筋機能の低下を予防する手段を検討しています。

 

写真は被験者に食べてもらう朝食(主にたんぱく質で、代謝を測定するために安定同位体というアミノ酸が混合されています)、Grithが作りました。被験者の高齢者はまずい!って怒鳴ってましたけど(笑)。

この朝食を摂取する前後で、どれくらいの新しい筋肉が生成されるかを評価します。写真でお見せできないのが残念ですが、被験者の高齢男性は体の至る所にカテーテルが挿入されています。でも被験者さんは全く平気な様子でずっと本を読んでました。。

 

後日、Grithは研究所全体の早朝セミナーで現在進行中のプロジェクトについて発表しました。異なる専門分野からの鋭い質問は僕もう〜ん、、”と悩むほど。Grithは質疑応答も頑張ってこなしてました。

 

satoshi

2017.07.23

バイキング船博物館

先日はデンマークから電車にって西に40分ほど行った街、ロスキレにあるThe Viking Ship Museumに行ってきました。

 

http://www.vikingeskibsmuseet.dk/en/

 

バイキングと聴くと、海賊とか少し乱暴なイメージがあるかもしれませんが、実はデンマーク人にとってバイキングはとても身近な存在です。デンマークのどこに行っても、バイキングに関する博物館や砦、お墓など、何かしらバイキングの歴史が目につきます。

 

Viking Ship Museumには1000年以上前の実際に海に出ていたバイキング船が展示されています。この屋内の施設でバイキングの歴史を知ることができます。博物館は海に面していて、外の景色とマッチしてとてもきれいです。

 

また屋外では実際にバイキング船を制作しているところを見学したり、木材と工作道具を使って船を作り、水に浮かべて遊べる場所もあり、子どもたちが楽しめる施設になっています。

実際にバイキング船に乗って船を漕ぐ体験もできます。

(写真の船ではこの後実際に帆を張って風力で進んでました)

 

金槌や釘、ノコギリを使って子どもたちか自由気ままに工作してるのですが、スタッフは別に監視もしてなくて、親御さんが見守る中、自由気ままに好き勝手に遊んでました。ちょっと危なっかしいな、と思う反面、この自由なところもデンマークらいしいな、と感じました。


一番ムキにになって船作ってたのは僕も含めてお父さん連中でしたけど。。

 

satoshi