[ Sun ] の記事一覧

2017.11.19

ユヴァスキュラ大(その1)

先日、フィンランドのユヴァスキュラにあるユヴァスキュラ大学に訪問し、共同研究の打ち合わせをしてきました。
ユヴァスキュラ大学のLaakkonen先生はこれまで学会等で交流をしつつ、メールで共同研究について協議してきましたが、Laakkonen先生が今年度から研究費を獲得したため、具体的な共同研究の内容について情報交換しました。




ユヴァスキュラ大学の研究施設はとても素晴らしく、スポ健の研究施設と同様に、細胞・遺伝子のレベルから臨床までの実験環境が整っています。研究内容も自然科学から社会科学の分野まで幅広い研究が行われています。
大学院生やポスドクなど様々な若手研究者たちが日々議論しながら研究を実施している姿はこちらにもエネルギーを与えてくれるかのような熱気を感じました。興味深かったのは高齢者を対象とした研究で、なんと300人以上もの地域住民を対象とした介入研究(トレーニングや栄養摂取に関する研究)を一気に進行させる大変大規模な実験が進行していました(我々の介入研究と比較してほぼ3倍以上の規模)。

データも膨大なので、様々な専門分野の先生方がそれぞれ分担しながらデータを収集しています。測定にも同時に20〜30人の学生が関わるらしく、その連携も素晴らしいものでした。
Laakkonen先生は特に中高年女性を対象として性ステロイドホルモンと健康に関する研究を行っています。今後は性ステロイドホルモンの代謝の観点からフィンランドと日本の二国間の比較を行うだけでなく、動物モデルも用いて遺伝子レベルでの観点からも探索を行う予定です。



フィンランドを訪問した10月末の時点では既に雪が降っていました。訪問期間の最終日には朝はマイナス3度で、道路はもちろん池の水もうっすらと氷が張っていました。もちろん室内は暖房が効いているのでそこまで寒さは気にならずに済みました。



滞在期間中はフィンランドで人気のあるスポーツであるアイスホッケーの観戦に行くことができました。プロチームの対戦はとても刺激的で、フィンランド訪問の良い思い出になりました。

satoshi

2017.11.12

マーストリヒトの名物

今回はオランダの名物(食べ物)をご紹介したいと思います。

新しい街に来ると、最初に行くのがスーパーマーケット。そこで食べ慣れている食品が手に入るかどうかのチェックは、そこでの生活基盤を築く上でとても重要です。

オランダはデンマークと同様、酪農が盛んですので、乳製品は豊富で比較的安く手には入ります。特にチーズは様々な種類が取りそろえられていますが、僕はチーズの種類が分からないので、どれが美味しいのか分からず恐くて手が出せません。。(たまに強烈な臭いのチーズもあるので。。)

オランダ、マーストリヒトの名物はフラーイと呼ばれるフルーツパイです。
幾つか種類がありますが、最も人気なのはアップル味(まさにアップルパイ)。
パン屋さんやカフェでも食べれますが、僕がお世話になっているマーストリヒト大学のSchool of Nutrition and Translational Research in Metabolismでは、毎月院生の誕生日のお祝いをするのに、ランチルーム(休憩室?)で皆で一緒にフラーイを食べます。
コーヒーと一緒に頂くフラーイは最高です!




また、とても興味深いのは街で観光客や地元の人が常に食べているのがフリッツと呼ばれるフライドポテトです。アメリカンなイメージがありますが、もともとはベルギーが発祥の地だそうです。
地元の人たちには気軽なスナック菓子(?)として親しまれています。またアメリカのようにフライドポテトをケチャップで食べることはせず、マヨネーズをつけて食べるのが特徴です。

地元料理でのお勧めはZoervleisと呼ばれる馬肉のシチューです(下の写真の右側)。少し甘めですが、寒い晩に食べると体の芯まで温まります。馬肉の代わりに牛肉で提供するレストランもあるようです。
最初に食べた時はやはりフライドポテト付いてました。もちろん、マヨネーズ付(笑)。





しかし全体的にどれを見ても地元料理はカロリーが高めなような気がします。

国ごとの肥満率を比べてみると、オランダの肥満率は10%を超えていて、肥満率3%程度の日本に比べると高めです。

オランダもデンマークと同様に自転車の利用を推奨しており身体活動量は他国と比べると高いと推測されますが、やはり食生活の影響は大きいですね。

satoshi



2017.11.05

オランダ、マーストリヒトより

今回からオランダでの生活を中心とした情報を発信していきます。

オランダのマーストリヒトはアムステルダムから南に電車で約2時間半の距離にある人口12万人程度の街です。マース川が街を突き抜けるように南北に流れており、街を行き来する度に橋を渡ります。



ベルギーとドイツの国境に隣接しているため、オランダ以外の文化を感じることができます。事実、他国との距離が本当に近く、街の周囲220kmが他国との国境で、たった6kmがオランダ領に含まれます。

マーストリヒトから空港まで電車で移動する際には、マーストリヒトからアムステルダムの空港に行くより、ベルギーのブリュッセル空港の方が1時間程度早く到着するくらいです。

マーストリヒト大学を中心として、国際的なネットワークも幅広く、ヨーロッパはもちろん、アジアからも沢山の留学生が大学で学習・研究に取り組んでいます。

マーストリヒトはオランダで最も古い町とも言われており、その歴史はローマ人がマース川に橋を作った1世紀から始まっています。マーストリヒトは「マース川を渡る街」という意味を持つそうです。



マース川が中心にありその西側が繁華街、東側に行政関係の施設や大学などが点在しています。

デンマークと同様に、街の移動はその多くが自転車で、通勤時間は自転車道が詰まりそうになるほど沢山の自転車が行き来します。今住んでいるアパートから研究室までは、街の北西から南東に街を横断するとイメージの移動ですが、自転車なら15分あれば余裕で移動できる距離です。

マーストリヒト大学では、Luc van-Loon教授の研究室にお邪魔します。運動と栄養摂取が筋肉に与える影響を検討する様々な臨床研究を実施している研究室で、この分野では世界のトップといっても過言ではないくらいの業績を生み出しているとても活発な研究拠点です。

今後はここでの生活もブログをつうじてご紹介していきたいと思います。

satoshi

2017.10.29

Journal Club

Dr. Holmの研究グループは大学院生が集まって2週間に1度、順番にジャーナルクラブを実施します。
ジャーナルクラブとは、事前に配布された英語論文に目を通し、それを昼休みの時間にみんなの前で発表し意見交換し合う勉強会です。
各自が事前にメールで配布された論文を手に持って部屋に集まり、担当の院生が研究の背景、実験方法、結果そして考察について発表します。



そしてその後、各々がその論文に関する疑問点あるいは改善すべき点などを指摘し、ディスカッションします。発表内容や質疑応答のやりとりは日本で我々がやるのと特に違いはありません。発表用にスライドを作らない、というのはわざわざその発表だけのためにスライドを作る手間が省けて気軽に発表できるので、これはこれで良いシステムだなと思いました。

特に英語論文の場合はそれを読み込むのみの読み込むのもにも時間がかかるのでスライドの準備までしていると大きな負担になりかねません。スライド作成に要する時間を論文自体を読み込むことに使用することで、より質の高いディスカッションも可能になります。

発表準備のハードルを低くすることで気軽に自分の読みたい論文を読む。そういったアプローチはとても有用であると感じました。
特に午後の時間にコーヒーを片手に論文をディスカッションする、というのもとても楽しいものです。僕も4〜5回ほど参加させていただきましたが、それぞれの論文で印象に残ることが多く、なぜかほとんどのの論文の概要を未だに思い出すことができます。


また面白いなと思ったのはこのジャーナルクラブにはポスドクも参加してますが教員は参加せず、基本的に大学院生のみで運営されています。教員がいない方が、変なプレッシャーがかかることなく発表できるのかもしれません。

大学院生がお互いに刺激し合って学習する前向きな姿勢が、コペンハーゲン大学の研究力を高める一つのきっかけになっていると感じました。

satoshi

2017.10.22

Standing Desk

デンマークでは、デスクワークが必須となるオフィスではスタンディングデスクを提供することが法律で定められているそうです。
自転車での通勤・通学を推し進めるなど、デンマークは国民の日常生活での活動量を増やす取り組みが活発です。

僕が研究所で借りている机も見た目は普通のデスクですが、電動式で自由に机の高さを調節することができる優れものです。
我々は日常生活で12時間ほど座位の状態を続けていますので、そこに睡眠時間も加わると24時間のうち、19時間程はじっとしていることになります。

スタンディングデスクはこういった座位の状態を少しでも少なくするために、立位で仕事ができるように開発されたものです。

スタンディングデスクが長期的に健康維持・増進に繋がるかどうかについては様々な研究結果が報告されており、未だ議論が続いているようです。しかし、少なくともじっと座ったままの不活動は健康にマイナスの影響しか与えませんので、個人的にはスタンディングデスクは有用だと思います。

ただ、最も難しいのは、それを実際にどうやって使ってもらうか、でしょうか。
研究所内で観察すると、座っている状態と比較して、立位の状態で仕事をしている人を見かける頻度は圧倒的に少なかったです。

デンマーク人に尋ねても、皆ほとんど使ってないね、というコメントでした。
僕自身もここに来てから使っている頻度は?と聞かれると。。。毎日は使ってない、というのが答えです。かなり意識しないと、座ったままで作業を続けてしまいがちです。


運動は健康に良いことは皆知っていても、実際にそれに取り組む人が少ないのと同じで、立位の状態を促すような何かしらのリマインドが必要だな、と思いました。

スタンディングデスクを使ってみた運動効果への個人的な感想ですが、立位の状態で仕事をするのは意外にエネルギーを消費するようです。
このブログも立ったまま書いてますが、30分くらい経つと体が徐々に火照ってくるのが分かります。ずっと立った状態でデスクワークをするのはつらいですね。

日本にもこういった制度が取り入れられたら面白いな、と思いました。
(スタンディングデスク、日本で購入するとかなり高価ですが。。)

Satoshi

2017.10.15

Arla Food Fest

先日アーラ(Arla:デンマークを中心とする世界的な食品会社で、特に乳製品の生産は北欧でもトップ) のアーラ・フードフェスティバル(Arla Food Fest)に参加してきました。

この時期はフードフェスティバルと呼ばれる食のイベントがコペンハーゲンの各地で開催されているのですが、アーラ・フードフェスティバルはその一環です。

特に子どもが楽しむイベントとして毎年実施されているようです。



アーラのフェスティバルは単にコンサートや試食の乳製品を提供するだけではなく、子供たちに様々なゲームや試食などをつうじて食育を提供することを目的としたイベントとして毎年実施されています。

アーティストによるコンサートも盛大ですが、特に乳製品を中心とした食品の情報(栄養価や乳製品の生産過程など)を子供たちが楽しめる形で自然に学習できるイベントブースを複数作っており、それぞれ異なるアプローチで子ども達を飽きさせないような工夫が凝らされています。

通勤で毎朝通るKing’s Gardenでイベントの広告が目につき、 面白そうだったので、今回は家族で参加してきました。

先ずはネットでチケットの購入です(有料ですが、会場内ではサンドイッチやジュースなどの飲料(特に乳製品)が至る所で配布されており、かなりお得。
チケットの購入後にeチケットがメールで送られてくるので、それを携帯に保存して(あるいは印刷して)、会場に出向きます。

会場には様々なブースが設置されています。それぞれのブースにはクイズや特定の行動の指示が記載されており、それぞれの作業をこなす中で食品の生産方法から企業の環境保護まで、食に関する様々な情報を学ぶことができます。



特に面白かったのは、子供が参加する1kmレースです。事前に予約が必要だったのですが、1〜2kmのコースを親子で進む途中に様々なチェックポイントがあり、子供たちがチェックポイントで準備されている変わった食材(?)を試食し、講師から情報提供を受けることでゼッケンにチェックマークを入れてもらいます(1kmコースの場合は6つのチェックポイント)。

すべてをチェックポイントを無事に通過してゴールに到達すると、プレゼントの入ったエコバッグと全員にゴールドメダルが授与されます!



子供たちが日頃苦手とするビーフジャーキーや、ブルーチーズなど、ちょっと臭みのある食べ物も幾つか提供されていましたが(今年は特にチャレンジングな食べ物が準備されてるよ!と事前にホームページで告知されてました。。)、子供たちもゲームとあって、顔くしゃくしゃにしながら、半泣きで(?)頑張って試食してる姿が微笑ましかったです(笑)。


ゴール地点では、フルーツが取り放題!



下の写真はシュークリームと見せかけて中に”ブルーチーズ”入り(笑)



アーラがスポンサーしているだけあって、会場内で牛乳は飲み放題で、サーバーが至る所にありました。



こういったゲーム性を兼ねたイベントをつうじて、家族で楽しく食育を体験することもできるんだな、とただただ感心する一日でした。

satoshi


会場では味覚の”UMAMI”(うま味)を体験できるブースもありました。

2017.10.08

スポーツクライミング

先日、人生で初めてスポーツクライミングに挑戦しました。

スポーツクライミングは東京オリンピックの競技の一つでもあります。
日本人選手の活躍も期待されているそうです。
https://tokyo2020.jp/jp/games/sport/olympic/sport-climbing/

個人的にはスポーツクライミングの中でも、5メートル程度の壁に設定されたコースを上る”ボルダリング”に興味がありました。
コペンハーゲンにあるBlocs&Wallsは北欧最大のボルダリングジムがあることを事前に知っていたのですが、なかなか行くチャンスがなく、そのままになっていました。

今日こそは、と決心し、デンマーク語のホームページから(グーグル翻訳の力を借りて)初心者用のコースを予約。
インストラクターがクライミングの基本を教えてくれる、という初回コースです。
http://www.blocs-walls.dk

自転車で現地にいくと、インストラクター(Michael)が迎えてくれて、クライミング用のシューズを借ります。
同じ講座を受講するデンマーク人女性2人も初めてのクライミングということで、少し安心です。

基本的な動作を教えてもらって、先ずはボルダリングに挑戦です。

僕に気を遣ってくれて、インストラクターは最初のウォームアップから安全確保の説明まで、全て英語でしてくれました。
一緒に参加している他のお客さんがデンマーク人だったので、特に英語での会話に切り替えるのも違和感がないようで、にこやかに英語でのレッスン進行に同意してくれました。


まずボルダリング。
同じ色のブロックを辿りながら登っていきます。最初は調子に乗ってどんどん登ってましたが、手の力に頼って登りすぎたのか、途中から手の力が入らなくなりブロックをしっかり掴むことが難しくなってきました。
クライミングのトップ選手は一般人と比較して、指と肩甲帯の筋力が特に強いそうです。
インストラクター曰く、「手の力に頼らず、手は体の位置を制御するだけで、基本的には足の力で登るのが望ましい」とのことでした。なかなか難しい。。
次にどのブロックに手足を延ばして上手く上っていくかは事前に戦略が必要で、かなりの集中力も求められます。




後半はリードに繋がっているハーネスをつけて、15メートル級の高い壁に登ります。インストラクターが落下しないようにロープを握っているので、落下する心配はないものの、もう後半はほとんど手の力が残っておらず、途中で何回も落下しかけました。。でも、インストラクターのおかげで何とか登り切れた時は嬉しかった(笑)



翌日(というか数日間)は腕と足が激しい筋肉痛に見舞われましたで。。運動中は息も切れるくらい心肺機能も刺激するので、健康増進の観点からもとても良い運動だと感じました。



また挑戦したいと思います。


satoshi

2017.10.01

ペーパーアイランド

コペンハーゲンにはペーパーアイランドと呼ばれるストリートフードを楽しめる観光スポットがあります。
ハーバーの真ん中に位置するロケーションからは、オペラハウスと劇場(Royal Playhouse)が一望できます。



デンマークと言えばスモー・ブロー(オープンサンド)やフリカデラ(豚肉と仔牛肉のハンバーグのようなミートボール)などいくつかの代表的な食べ物がありますが、ここではデンマーク料理だけでなく様々な国際的な料理を楽しむことができます。

コペンハーゲンは日本食や中華などのアジア料理はもちろん、イタリア、フランス、ドイツ料理など様々な国々の食事を楽しむことができる街です。
そんなコペンハーゲンを象徴するかのようなストリートフードがこのペーパーアイランドに集約されているといっても過言ではありません。

コペンハーゲンに来客が来たときに真っ先にお勧めする有名な観光スポットでもあります。
もともとは国が所有する土地(Procurement Association of the Danish Press)で印刷に利用する紙の倉庫だったそうです(paper islandの由来ですね)。



その再利用を国が模索する中、試験的に実施しているのが、このストリートフードだそうです。
今年で国からの土地の借用期間が終了する予定だそうですが、いつも大混雑しているので、このストリートフードに関しては大成功しているのではないでしょうか。

オープンサンドことスモー・ブローはその名の通り1枚のパンに挟むのではなくバターなどを塗ったパンの上に様々な食材をのせて食べるデンマークの代表的な料理の1つです。
研究所でも昼ご飯にスモー・ブローを食べるデンマーク人が多いです。


興味深いのはデンマーク人がスモー・ブローを食べるときにはパンの上に野菜やハム・チーズなどをのせ、それをフォークとナイフで丁寧に食べることです。
通常のサンドイッチのように両手で持ってがっつくということがないので、口に運ぶ一口のサイズが小さく、自然に食べる量も少なくなるように思います。
お皿やコップが大きいと、無意識に食事や飲料の摂取量が増加することはこれまでの研究で多く報告されていますが、もしかするとこれもデンマーク人に肥満が少ない理由の一つ?かもしれません。

satoshi



2017.09.24

PhD defence(その2)

前回から引き続き、コペンハーゲン大の博士後期課程のRasmusの口頭試問・公聴会について、ご報告したいと思います。
博士論文が無事に学外審査員(南デンマーク大学のDr. Caserottiとバーミンガム大学のDr. Greig)からOKをもらうと、口頭試問・公聴会をスケジュールします。

今回の口頭試問・公聴会はBispebjerg Hospitalの大講義室で行われましたが、大学院生や教員がほぼ全員出席してました。(その理由は後でご説明します)

流れとしては:

1)院生の口頭発表(全て英語)
2)”opponents”(学外審査員)からの質問(全て英語)
3)審査結果の発表

という順番です。

まず、本人からの口頭発表ですが、ただただ見事!という印象です。



デンマーク人は大学の専門授業は運動生理学も含め、英語の教科書を使って勉強します。
そのため、英語の専門用語にも精通しており、学内での研究発表や国際学会での発表でも流ちょうに英語で発表するだけでなく、レベルの高い質疑応答で激しい議論を繰り広げることができます。。

が、何と、南デンマーク大学のDr. Caserottiとバーミンガム大学のDr. Greigからはそれぞれ30分ずつの質疑応答がありました。(主査・副査からの質問はありません)



まさにお互いに立ち話をするかのように、議論を続けます。基本的には教員から質問の攻撃を受け、それを何とか凌ぐ、という感じでしたが。。聞いている方も疲れるくらい、延々と続きます。

そして、学外審査員からの質疑応答が終わると、審査員が会場の聴衆を残したまま、別室に移動して直ぐに審査を行います。

およそ5〜10分後に、審査員が戻ってきて。

正式に学位授与を推薦します!
と宣言し、盛大な拍手で祝福されます。

で、そのまま、研究所で祝賀会です(笑)



興味深いのは、発表を行った院生と研究所のメンバーだけでなく、院生の家族や友人、被験者の高齢者など、様々な人たちが祝賀会に訪れて、Rasmusを祝っていたことです。

日本の審査システムとあまりにも違って驚くことも多かったですが、院生自信が研究者として自立することを大学が促し、また学位が確定すれば(タイムリーに)皆で盛大にお祝いする、という習慣はとても貴重だと感じました。

satoshi


下の写真は近所のローゼンボー城の写真です。
素敵な公園の中にあるので、眺めも良い。

2017.09.17

PhD defence(その1)

先日はコペンハーゲン大の博士後期課程の院生の口頭試問(PhD defence)がありました。 
完全に一般公開で実施するのですが、とても興味深い設定でした。 

審査を受けた博士後期課程のRasmusは医師でもあります。 
コペンハーゲン大のPh.Dプログラムは3年間で構成されています。 

デンマークでは基本的に博士論文はデンマーク語ではなく、英語で執筆します。さらに、博士論文自体の執筆には院生自身が責任を持って執筆・編集することになっていて、学内の教員である主査(Dr. Kjær)と副査(Dr. Holm)はほとんど細かな内容の修正は指導しないそうです。 



(博士論文は冊子としてカバー付で書籍のようにまとめられており、口頭試問の当日には、参加者”全員”に配布されます。) 

では誰が博士論文の指導を行うのか、ということになりますが、ここで学外審査員の出番です。学外審査員は”opponents”(議論の相手?)と呼ばれており、執筆された論文を細かくチェックした上で、必要に応じて修正を指示します。 

コペンハーゲン大学のDr. Dela以外に、南デンマーク大学のDr. Caserotti(イギリス人)とバーミンガム大学のDr. Greig(イタリア人?)は共にデンマーク語を話しませんので、二人の先生方とは執筆のやりとりも全て英語になります。 

このメールでの博士論文のやりとりが一般的に言われる、博士の学位を取得するための最初の審査(事前審査)となり、全てメールベースで行われます。大半の場合、最初の執筆でOKが出ることはほとんどなく、学外審査員が一旦 reject(否認)としたうえで、大幅な修正を加えた後に博士論文を再提出(場合によっては複数回のやりとり)となるそうです。 

今回のRasmusの博士論文は2つの研究プロジェクトから構成されていますが、そこから3本の学術論文を別途執筆しており、そのうちの2つは既に国際雑誌に掲載されている質の高い研究プロジェクトです。 



晴れて全ての修正が承認されれば、口頭試問・公聴会がスケジュールされます。 
口頭試問と公聴会については次回、また詳細にご報告します。 

satoshi 


写真のSøerne (The Lakes)はコペンハーゲン市内にあり、3つの池が繋がっています。
もともとは貯水池として利用されていたようですが、今は池の周りをジョギングや散歩で利用する方が多いようです。