[ Wed ] の記事一覧

2020.12.16

小集団科目便り〜2回生の研究入門〜

皆さま

スポーツ健康科学部、健康運動科学領域の教員であります橋本健志です。
このブログでは、Hassyとして、今季もいくつかの出来事をご紹介させていただいております。

さて、先日は小集団科目として3回生以降の専門演習についてご紹介させていただきました。
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/blog/archive/detail/?date=2020-12-15

今回は、2回生対象の「研究入門」についてご紹介させていただきます。

紹介した専門演習(ゼミ)への導入の観点から、この科目では、学生それぞれの興味・関心に沿って、
その学術的背景や研究体系を学び、学生の学びに対する主体的な態度を形成することを目的としています。

今学期は、学生たちの意見を踏まえながら、webを中心に授業を実施しております。
 (th)2020-1216th1 (th)2020-1216th3
写真は、健康運動科学領域に関心のある学生のクラスの様子です。
各自、興味ある学術論文(国際誌を含む)を読み、概要を文書にまとめ、
さらに論文内容をスライドにまとめたものを発表して、皆で質疑応答をするというライブ授業です。
やはり十人十色、選ばれる論文も様々で、皆の発表を共有することで多様な研究に触れることができます。
 (th)2020-1216th2

また、今月に入ってからは、今後遂行していきたい研究を計画するプロジェクトを進めています。
これは小集団のクラス単位で実施しており、各自の興味もスポーツ教育学であったり、スポーツマネジメントであったり、
まさに学際的な本学部の特長が反映されています。
この小集団クラスは、私たち教員に加え、リサーチサポーターとして、大学院生も加わって、学部生にアドバイスしてくれます。
 (th)2020-1216th4 (th)2020-1216th6

ライブ授業ですが、関心領域ごとにグループに分け、そこで大学院生から個別にアドバイスを貰える時間を設定しています。
大学院生も、こうしたサポートを通じて、自身の研究活動について考える機会にもなり、交流から新しいアイデアが生まれることも期待されます。

年明けに、いよいよ研究計画書の発表課題がありますので、それに向けて準備を頑張ってほしいと思います。
そうして立案した研究計画の精緻化は専門演習で実施しますが、ここでは受講生それぞれ、様々な視点でスポーツ健康科学を見ていて、そこにある疑問・課題に多様なアプローチで臨んでいくことを、お互いが認知し、多様なワクワク感が発生することを願っています。

まだまだ様々な制約があり、学生たち、そして保護者の方々も苦慮が絶えないことと存じますが
学生の学びをサポートできるよう全力を尽くしたいと思います。

2020.09.30

2020 年度 秋学期が始まりました

長らくご無沙汰しておりますが、
皆様お元気でいらっしゃいますか?

今週から、秋学期が開始となりました。

今日、学食で食事して、学内を散歩しようとしたら、
女子学生のグループから、「こんにちは」と挨拶されました。

最近、加齢に伴い、記憶も低下してきていますので、
「どのクラスの学生さんだろう、やばい忘れてる・・・」と
一瞬頭をよぎったのですが、自己紹介の声を聞いたら分かりました!!
オンラインで授業をしている学生さんたちでした。

今日は、一回生の基礎演習のため、大学に入校して、
対面授業を受けていたとのことでした。

急に昔の生活に戻ることは出来ませんが、
充実した大学生活を送ってもらえたらと感じた瞬間でした。

大学では、現在、「新入生への歓迎」と
「上級生へのおかえり」のフラッグが飾られています。

 (atsushi)20200930-02

スポ健でも、元々4月に作成していた
新入生への歓迎メッセージが拡大されて
インテグレーションコアとラルカディアに飾られています。

 (atsushi)20200930-01

また新しく作成された教員からのメッセージも
モニターで流されていますので、ぜひご覧下さい!!

それでは、また。失礼致します。
Atsushi

2020.08.26

FD研修会をオンラインで実施しました

Hassyです。

昨日、オンラインでFD (Faculty Development)研修会を実施しました。

本学部・研究科では毎年2回、ほぼ全ての教職員が集まり、学部・研究科の教育活動・研究活動などの課題を議論・検証し、これら活動を組織的に高めていくことを狙いとして実施しております。

学部・研究科創設10周年を迎えた今年度のFDはとりわけ重要な意味を持ちました。これまでを振り返り、そして10年後・20年後の未来を見据えて学部・研究科のあり方・方向性について協議する必要がありました。

そのため、午前いっぱいの時間を費やし、学部・研究科のカリキュラムを見直し、改良していくために議論を重ねました。ブレイクアウトルーム機能を適宜利用し、幾つかのグループ、あるいは全体で、有意義なディスカッションができたと思います。

 (th)2020-0826th_FD1

一方、今、一番重要なことですが、コロナ禍にあり、高等教育機関としての大学のあり方・課題を突きつけられております。これまで、大学、そして学部・研究科も、学生やその保護者の方々、また、校友の方々からも様々なご意見、想い、激励を受けております。厳しいコメントも多いですが、それらを真摯に受け止め、改善のための最大限の努力を重ねて行くほかございません。

午後は、GOTO先生を中心に、100ページ近い資料を丁寧に見ながら、春学期の授業で挙がった多くの課題について検証し、そして学生の満足度の高かった授業のあり方、コンセプトを共有し、秋学期からの授業等に活かすべく、協議致しました。私自身も、春学期は反省点が多く、この期間にしっかりと対処・準備し、秋学期に臨みたいと思います。

これまでの本学部・研究科の強みは、こうして教職員が一体となって議論し、それを実践していくことにあったと思います。今回のFD研修会も含め、今後も教職員そして学生の一体感を大切にし、こころ(マインド)の「密」をはかって、よりよい学部・研究科を共創できればと感じました。

2020.08.05

【あいコアCafé】#3-② 先生紹介part2


いらっしゃいませ! 


あいコアCafé第3回目-②は、先生紹介第2回目です!

今回も素晴らしくて面白い方ばかりで紹介していて本当に楽しかったですね~(^^)


さて、本日はD.E.Fの先生方をご紹介いたします☆

それでは、あいコアCaféご覧ください!



ご覧いただきありがとうございました!

驚くような経歴をお持ちの先生がおられましたね!

次回もまたまた先生紹介をお送りさせていただきます!


チャンネル登録、お待ちしています☺

URLはこちら→ https://www.youtube.com/channel/UCEhWamOoULeI_sOL4ik-yOQ/videos

2020.07.29

8/1 と 8/2 にオンラインによるオープンキャンパスを実施します!!

スポーツ健康科学部の HP のバナーにもあるように、
8/1 (土) と 8/2 (日) に、スポーツ健康科学部では
オンラインによるオープンキャンパスを実施します。
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/opencampus/

各日の模擬講義のスケジュールは以下の通りとなります。

 (atsushi)20200727-01

模擬講義は、応募が必要ですので
学部 HP もしくは以下のリンクからお願い致します。
https://program-service.ritsumei.ac.jp/public/seminar/view/6040

また、入試などに関する相談会 (8/1) への参加も
以下で受け付けております。
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/opencampus/guidance/

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

Atsushi

2020.03.25

入学おめでとうございますhassy

Hassyと申します。
新入生のみなさん、ご入学(進学)、おめでとうございます。

大学での学びはとにかく自分で科目を選んで、主体的に学びを深めていく場所です。
あっという間に過ぎる学生生活、自分と対峙しながら、日々を大切に過ごして欲しいなと思います。
そして人生について深く語れる良き仲間に出会って欲しいと思います。

かわい先生が卒業生対象にアンケート集約してくださった(かわい先生ありがとうございます!)結果によると、
学生時代の経験で今の人生につながっていて有意義だと感じることは、
学部では、上位回答から順に、専門演習・ゼミ活動、課外活動、卒業研究が挙げられた。
大学院では、論文執筆、学会発表、合同ゼミ(名物授業です)が挙げられた
となっております。
いかがですか?(在校生も思うところがあるのではないでしょうか。)
新入生はこれから楽しみにしていてください。

一方、強みは、色々あったのですが、まとめて言ってくれているのが
1)学部での学びは、他のスポーツ系の大学と違い、スポーツの技術だけでなく、様々な観点からスポーツを学ぶことが出来ることは大きな強みだと感じます。整った設備で学べる事もとても強みだと思います。更に、学部生同士、先輩後輩、教員との関わりが深い事は他にはない強みです。
2)社会でも通用するプレゼンテーション能力やリーダーシップ、コミュニケーションスキルを培える機会が非常に多い。ゼミ活動では主体性と客観性を磨くことができ、社会の基礎を学ぶことができる。
3)他大学と比べて圧倒的に施設が整っている。それを生かす分野に興味を持ち、積極的に学んでいる人にとっては天国。また全ての分野において素晴らしい先生方ばかりだった。
4)スポーツに関する知識を専門的に学べることはもちろん、英語やその他教養についても、深く勉強できる機会があり、非常に良い経験ができるところ。
などとなっております。

特に「教職員と距離が近い」との声が多いのが特長かと思います。
ぜひ積極的に先生方のドアをノックしてみてください。
もちろんHassy部屋も。
(実はこのHassyというニックネームも初期の学部生が付けてくれた・・というか、もう口々に「はっしー!」「ハッシー!」「hassy!」といった感じで呼ばれて付いた愛称であります。)

ところで、私も新しく、ボート部の部長として入部することになりました。
 (th)2020-0324-2
偉大なる現Joe部長から引き継ぎます。
こちらも部員と信頼関係を築き、部の発展に貢献できるよう頑張って行きたいと思います。

最後にブログをご愛顧いただきました皆さま、「見ましたよ〜」「密かに楽しみにしています」等々言われるのを励みに綴ってまいりましたが、一旦今日で閉じたいと思います。
また別の形でお会いできますよう〜 ごきげんよう

2020.03.18

おめでとう卒業アルバム

この春ご卒業の皆さん、本当におめでとうございます。
大変残念ながら卒業式と卒業記念パーティーが中止となってしまいました。
しかし、これまで先生方もこのブログで取り上げておられましたが、卒業記念として学生広報部や学生委員会の卒パ班が想いを込めて創ってくれているビデオは届くと思います。

また、いつか、例えば10周年記念式典や7期生同窓会などでぜひ集まって、卒業式を開きたいものですね。

Hassy labを写真で簡単に振り返りたいと思います。
 (th)2020-0318-pt7
ゼミ配属前はちょっと照れくさそうな感じでしたが・・
 (th)2020-0318-pt3 (th)2020-0318-pt4
BBQで打ち解けます。
 (th)2020-0318-pt5 (th)2020-0318-pt1
誕生日には本当に素敵なギフトをいただき、居室に掲げています。感謝!
 (th)2020-0318-pt2 (th)2020-0318-pt10
ゼミ生の誕生日や、国際研究交流、忘年会など・・・
 (th)2020-0318-pt9 (th)2020-0318-pt8
 (th)2020-0318-pt6
想い出の多い7期生でありました。

皆、卒論・修論を頑張ってくれました。
自信を持って巣立っていって欲しいと思います。

また、教職員さんの卒業・異動もありました。
昨日の教授会では、Ari32Takuma先生、310Takahiko先生、そしてスポ健学会・同窓会で大変お世話になりました24ta2 Hi10miさん(通称Eyeさん)が異動・退職のご挨拶をされました。
 (th)2020-0318-pt12 (th)2020-0318-pt13 (th)2020-0318-pt14
ありがとうございました。新天地でのご活躍、祈念致します。

そして、なんと先日、滋賀在住のゼミ生から、とてもとても素敵な卒業記念品をいただきました。
みんなのこれまで(実に幼少期から・・笑)の写真付きの感謝メッセージアルバムと、スーツオーダー(あれ?逆か・・?)のチケットです♪
これで次の同窓会に臨みたいと思います!
本当に指導教員をさせていただきありがとうございます。涙
「教員冥利に尽きる」とはこのことですね。

それでは、卒業生の皆さん、改めておめでとうございます。
そしてBeyond Borders! Bon Voyage! Be Happy! Hassy!?

2020.03.11

大工大の中村先生にお越しいただきました

今月に9歳を迎えた娘が生まれて程なくし、ここあいコアの建物が大きく横揺れしたのが9年前です。
Hassy他、6F居室にいた教員が驚いて廊下に出ました。。。
東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り致します。
また、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

さて、大阪工大教授の中村友浩先生とその学生さんがスポ健Hassy labにおいでになりました。
 (th)2020-0311-pt6 (th)2020-0311-pt7
こちらで実施している生化学実験を見学されました。

また、セミナーを開いていただきました。
 (th)2020-0311-pt2 (th)2020-0311-pt4
当方ゼミ生のタケくんの今年度卒業論文の基盤が、中村先生の論文であり、
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389172316302018?via%3Dihub
今後、修士課程で共同研究を進めて行きます。
セミナーでは、大きめの部屋でマスク着用でお話いただき、30分ごとに窓を開けて換気を徹底致しました。
中村先生、貴重なお話、ありがとうございました。

実験は本日も続いております。

2020.03.04

1期生の結婚式、院生の論文アクセプト

Hassyゼミ1期生のYasumasaくんの結婚式に参列し、乾杯の挨拶もさせていただきました。
 (th)2020-0304_m3 (th)2020-0304_m4
お相手はとても素敵なIzumiさん。
初代学部長と漢字も同じです。

ビールが滅法好きなYasumasaくん、衣装を替えて登場した際は自ら白ビールを注いでテーブルをまわってくれました。
ホップが爽やかでとても美味しいビールでした。
 (th)2020-0304_m7
YasumasaくんIzumiさん、本当におめでとうございます!!
時節柄、本人たちは本当に悩ましい開催だったと思いますが、とても素敵な式でした。

また、久々に会えたゼミ卒業生も何人か居て、転職もあったりしましたが、各自活躍している様子で、とても嬉しい会となりました。
 (th)2020-0304_m5

そして、先週に続き、今週は博士後期課程のMakiさんの研究成果が、国際誌にアクセプトされました。
https://www.springer.com/journal/11033/aims-and-scope?gclid=EAIaIQobChMIoavz8YT-5wIV062WCh2ykAfEEAAYASAAEgLCgfD_BwE
おめでとう!
こうした晴れやかな光を受けて、教員室(Moto先生ですが)の壁に虹色の光が差し込んでいました。
 (th)2020-0304_m2

2020.02.26

院生の論文アクセプト、3/6_Doraemonシンポジウム案内

Hassy labの394maくんの論文がBBRC誌にアクセプトされました。
https://www.journals.elsevier.com/biochemical-and-biophysical-research-communications
昨晩、朗報を受けました。
 (th)2020-0226_v2
今年度の国際学会でもポスター発表で写真撮られたりしていたので(本人の、ではなくポスターの)、早めにpublishされることを願って速報誌を選びましたが、無事、卒業までにアクセプトまでこぎつけてくれました。
394maくん、おめでとう!

さて、忠先生からも月曜にご案内いただいておりますが、3/6にOICでシンポジウムを開催致します。
(但し、懇親会は中止です)
昨日のFD研修会では、私たちを取り巻く社会の将来を見据え、どういった研究・教育を推進していくか、協議しました(かわい先生ブログ参照)。
今年、10周年を迎える当学部・研究科にとって、これまでを振り返り、改善を図ることはとても大切なことだと思います。
3/6のシンポジウムも、スポーツ健康科学研究センターのシンポジウムとして、未来構想発表を現在各分野でご活躍の先生方、そして院生・学部生からもピッチコンテストで発表していただきます。
理論・根拠はひとまず置いておいて、あったらいいな〜のdream-on(どらえもん)の世界を是非ご覧ください!
http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=449595